×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*** / PrePhase

(本文)

GM: くくく。
七波: 何ですかその怪しい笑みは(何
GM: 皆PvPでもだえ苦しむといいわ!(何
七波: ええー(何
: 久流さんったらもー(何)
GM: いやほら。みつきちが
GM: 出会う奴で逢う奴に喧嘩吹っかけてマウントポジションでボッコボコにしたら
GM: 話は解決する。
満月: しないしない(何
満月: そんな鳥越さんじゃあるまいし(><
七波: みつきちさん……(何
GM: 試験的な話だから惨事がおきてもあきちのせいではない(何
七波: あーあ(何
GM: だって自分も結末しらんしな(何
七波: 皓さんvsT氏が起こってる間にさっさと目的を達成するか(何
Jibさん: ロシアンルーレットですしのう。
GM: ロシアンルーレットという意味じゃなく
GM: 違う意味で(何



*** / PrePhase

(本文)

GM: 一応。ルールは全員そろってから提示しますんで。
GM: Opは所詮飾りなんで
GM: さっさと終わらせる(何
: えー(何)
満月: 飾りか、そうか・・・(何
GM: 目的に直結しているという意味では非常に重要だが(何
満月: そうか・・・(何
七波: 友人の安全を確保してさっさと逃げてもいいと(何
GM: だから。CXにて「あー。こいつ勝てない」と思うなら
GM: 登場だけして逃亡するのも自由だ。
GM: これマジで。
GM: 改めてこれもいうが
GM: ジャームを宣言するタイミングは隠蔽してるので
GM: 「こいつジャームだな」と思うなら殴りかかるのも自由(何
: あーぁー(何)
七波: 何その当てずっぽう(何
GM: 後の信頼関係は知らん(何
満月: ひっどいがそれが許容されるのが今日のゲームなんだよな・・・(ふるふる(何



*** / PrePhase

(本文)

GM: 今回のセッションに関しては特殊なルールを指定しています。『各自の情報保有』と『情報隠蔽』です。
GM: 情報判定と同じく。対象に対して情報判定(指定する技能)を行い、勝利するとシークレット情報を開示できます。一つ。
GM: ロックはOP終了後にどれにかけるか、かけないかを問います。一応。
GM: 情報のシークレット数は各自によって異なります。
GM: SCをたたき台にしているので
GM: プライズ取得はあります。一定数にて誰かにジャームといいます。
GM: それからしばらく(?)プライズ取得判定し。一定数以上でトリガー発生。後にクライマックス(全員登場)となります。
GM: クライマックスに関しては全員登場ですが。固有の目的を達成している場合は戦場に参加する必要はありません。
GM: 街は滅びますが(何
: 参加する必要あるじゃねーか。(何)
GM: ジャームなら関係ないだろ(何
GM: ロックはOP終了後にどれにかけるか、かけないかを問います。一応。
GM: 工作員の桜井誠司が登場しますが。接触後彼に幕間に情報を隠蔽してもらう事も出来ます。
GM: ただし与えられた情報を基に何らかの行動をします。大抵はろくでもありません。
GM: 以上(何
七波: 失墜さんは無いな(何
劉斗: まったくですね(何)
GM: んー。使い方次第だとは思うが(何
: ないないない(何)
GM: えーと。誰にジャーム役が渡るかはこっそりダイスふって決めます。
GM: あと。一応。ジャーム役はCX時の侵食率+50を基準とします。
GM: それまでにぼっこぼこにされていればHPの減少もあります(何
GM: こいつ、あやしいと思ったら殴りましょう(何
七波: 素で120%持ってる人とか怖いな(何
満月: 怖いですね(鳥越さん(ry
劉斗: 120%を持っているけど善良な一般OVですよ!(何)
GM: えーと。自分のシークレットを台詞として開示するのは自由です。
GM: ただ言葉なんで正しいとは限りません(何
満月: あーあ(何
劉斗: とても初歩的なことなんですけども、シナリオロイスはセッション中所得ですか?
: そういえば私も自己紹介作っている間に気になったんですが、どうなんでしょう。<シナリオ
GM: 実はシナリオロイス及びPC間ロイスは今回存在しません。
: その場その場で取れと
GM: ですね。
劉斗: 了解です。
GM: 津嶋の鳥越へのロイス、もしくは逆に関しては空白とさせていただきます。
: あい。
劉斗: はい。
GM: 例外としてみつきちの今回登場するNPCである星夜へのロイスは保持したままで結構です。
GM: 情報欲しければ開示します…(何
満月: とう、じょう・・・?(何
七波: ☆夜先生の情報ってモンハン関連だけじゃないの?(何
GM: 今回の事件に関しては重大でないとは一言も言わないぜ(何
GM: あと。
GM: ミドル以降は
GM: 「シーンプレイヤーが誰かPCもしくはNPCを指定し登場を促すことでシーンが成立します」。
GM: 拒否する事も自由です。
GM: 他のPCも登場自由です。
: ああ。そこですが。
GM: ほいほい。
: 一人だけではシーンは成立しないということですかの。
GM: 出来ますよ。
: 必ず誰かしらを指定して、同時登場をしなければならないと……言う事ではないのですね、了解です。
GM: 一応は。ただ完全にプライベート(一人工作したい)というなら
GM: また相談を。
: はい。



*** / PrePhase

(本文)

劉斗: 勘違いされる(何)
: 聖さんが誰かを疑っている(何)
七波: 自己紹介の時点で既に疑われてる、だと…?(何
満月: 炎と言うだけで容疑者絞られますね(きりっ
Jibさん: むしろ炎だと最初に疑われる方じゃないのか <レンジョイ
: 刀奪う理由がありません!(きりっ)(何)
Hovさん: 前科あるらしいから……(何
: むしろ怪しいのは皓と鳥越さんです><
: ゑー(何)
GM: 刀という名のナイフだったらあり得るな(何
: 僕を疑うの聖さん!(何)
劉斗: レンジョイナイフでしょ(何)
満月: 人、それを小刀と言う(何
GM: みつきちが実はトライの可能性もあるだろ(何
満月: 唐突にプラズマカノンを撃ち放て、だと・・・(何
Hovさん: 高人「トライブリードだと《プラズマカノン》撃てねえぞ」(何
Hovさん: >唐突に
: やだなあ皓君の事は信じてるよ!!!
: だから私にだけ素直に事情を話してくれていいんだよ?(何)
: (にゃーん)
劉斗: お前にだって様々な事情はあることだろう、理解する。
劉斗: だから俺には真実を話せ(何)>皓君
: 何で皆して僕にばっかり(何)
: みんなの優しい眼差し(何)
満月: だってほら、皓君には元々から怪しい刀がほら・・・(何
Hovさん: 優しい=生暖かい ですね(何
: ドSブレイドですね解ります(何) <怪しい刀
七波: 妖刀だから怪しい、で(何
満月: 早く神社でお清めして貰うんだ!(何



*** / OpeningPhase

(本文)

七波: 皓さんなら30秒で行ってくれる、ハヌマーン的に(何
: 爽やかにいい汗を流しながらかけあがってくれるよ
: (皓青年的な意味で)
満月: こー君△ー
: 皓青年って何(何)
: (好青年な意味で)
劉斗: 100段一挙跳びで(何)
: 100段とかないわー。
七波: みつきちさんもハヌマーンだから30秒で行ってくれる(何
満月: 私肉体低いしなぁ(何
劉斗: 私も肉体低いしなぁ(何)
: バイクがあるでしょ!(何)
七波: バイクで階段を上がるのか(何
: 石畳の階段をバイクで駆け上がる鳥越△
満月: コントロールソートしてなさいよ(何
劉斗: 白兵で階段を上がれ、だと………?(何)
: 白兵で階段ってどんなwwwwwwww
七波: どうやって(何
満月: 鳥越さんならいけるいける大丈夫だって!(何
劉斗: コントロールソート組むには白兵じゃないといけないんだ!(何)
劉斗: (みつきちを切り捨てて、背負ってもらって階段を上がる)
劉斗: こうですね!
: み、みつきちー!
七波: 意味が分からない(何>みつきちさん斬り捨て
満月: (鳥越さんの体重を見た (自分の体力を見た (・・・・・・ (涙目
Jibさん: 地面を殴ってその反動で(何 <白兵で上る
劉斗: わかった。
劉斗: この山を削ればいいんだっ――!
七波: すげえ(何>山削り
満月: 解決してねぇぇぇぇ(何
劉斗: だるま落とし的に解決(嘘)
七波: 山を斬り落として下まで、か…(何
劉斗: 山が降りてくればいいだけのこと。(何)
Ascさん: ■白兵で階段を昇る方法
Ascさん: 1:まず両手に刀を持ちます
Ascさん: 2:右の刀で階段の1段目をブッ刺します
Ascさん: 3:右の刀を支点に身体を引き上げて、左の刀で階段の2段目を刺します
Ascさん: 4:右の刀を引っこ抜き、左の刀を支点に身体を引き上げて、右の刀で階段の3段目を刺します
Ascさん: 5:以下、登り切るまでエンドレス
劉斗: 竹馬(何)
Ascさん: がんばれ(何
Jibさん: そうか、妖刀は破山剣だったのか(違 <山削り
満月: かっけー(何
Shinさん: 1.階段の一段目から上を切り刻みます。 2.結果、今居る場所が一番上になります。 3.登頂完了。
Shinさん: こうだろ。(何)<白兵で登る
Yunさん: だるまおとしみたいです
七波: T氏が化け物になりつつある(何



*** / OpeningPhase

(本文)

劉斗: 神主であろう人に介錯して、に見えた(何)
七波: あーあ…(何>介錯
満月: あなたを犯人です。
: えー(何)



*** / OpeningPhase

(本文)

七波: 連城さん……(何>赤い炎
: 連城「私がフレイムディザスターしたのは前のセッションだよ!」(何)
七波: PCに容疑者が多すぎるな…(何>炎
: そうですね……(何)
: (聖さんを見た)
満月: ・・・はっ、しまった。この面子の中では一番社会が低い、だと・・・(何
: サラマン以下wwwwwww
: なんと社会2です…(何)
満月: サラマン社会にボーナス今回ついてるだろ!(何
七波: 同じく社会2(何
満月: 私のエンハイは社会にボーナスが無いか、ら・・・(何
七波: ハヌマーンの1だけ、か…(何
満月: (ベージックリサーチをチラ見しつつ
: しかし今回感覚高いな。道理でみんなIV高いと思った。(何)
: <連城(3)みつきち・ななみん(4)鳥越さん(5)皓(7)
七波: エンハイだし(何
: サラマン(笑)>エンハイ>サラマン(キリッ)
: この差か…(何)



*** / OpeningPhase

(本文)

七波: 手数が足りないからと徐に《高速分身》する皓さんが浮かんだ(何
満月: 今回インフィニットコードの内容は使わないって約束したじゃないですかー!(何
七波: 6人になってみつきちさんを滅多切りする皓さんとか(何
満月: (こー君がいぢめた・・・ (隅さめ
Shinさん: 分身→「それも私だ」→「それは私のおいなりさんだ」→クロスアウッ!→変態仮面のコスプレをした皓
Shinさん: という連装が0.5秒で。
: 変態仮面のコスプレをした皓君(もやん)
七波: 何してるの皓さん……(何
Shinさん: ただし顔は隠さずに。<コスプレ
: 仮面じゃないwwwwww
満月: ただの変態じゃねぇか(何
Shinさん: じゃあ顔だけ隠して。
七波: ただの変態に!(何
Shinさん: …うん、犯罪だね。(何)
Hozさん: けっこう仮面じゃね
劉斗: けっ皓仮面、か…(何)
七波: (吹いた(何
満月: だれうま(何
Shinさん: なるほどな…。(何)<けっ皓仮面
: 表で集中してSPしているのに舞台裏でガンガンキーワードを鳴らされて
: 突っ込みたくても突っ込めないたつきさんが目に浮かぶようである!
: まったくだよ(何)
: ですよねー
劉斗: さすが強靱な精神力の持ち主であるたつきさんだ!
GM: その怒りでミドルで殴りかかられても文句はないな(何
七波: ミドル1で皓さんにたたっ斬られる連城さん、か…(何
満月: たつきさんかっけー(><
: 皓君になら……(ポッ(何))
GM: 「炎と言えば君だろッ!」(ばっさー
GM: こうですね。
七波: 言い返せなさそうだ(何
: 「お ま え も だ」(何)
: え、斬っていいの(何) >聖さん
: 責任とって貰うからいいよ!(何)
: どんな(何) <責任
七波: 自分で自分を焼くんじゃね(何>連城さん
満月: 焼き土下座、か・・・(何
: どんなだろうな……(何)
七波: サラマンなら30分はいけるな(何>焼き土下座
満月: 不燃体あれば頑張れるな、その前に足痺れそうだが(何
Yunさん: UGNの我慢大会って恐ろしいのですね・・・



*** / OpeningPhase

(本文)

: !
: このグラサンは……ッ!(何)
: 和美たん!
劉斗: 鈴木さん、鈴木さんじゃないか!
七波: おお(何
: おおお。
Shinさん: 存在意義をグラサンに依存している鈴木さんじゃないか!
満月: 謎の女性きたー。
満月: …で良かったよね?(何 <CN辺り
劉斗: パープルレインですよね。
満月: あれ違った(何
劉斗: カヴァー:謎の女
満月: 何処かで謎の女性的なルビがあった気がしたが、これは何処かr そそそそうかカヴァー!(何
N-oさん: 流し読みしてたら、『存在意義をグラサンに依存している鈴木さん』がコードネームだと思ったじゃないか(マテ)
七波: CN長い(何
Shinさん: 略してマダオ。
劉斗: マもダも無いよ。
七波: オもない(何
劉斗: を、はある(何)
七波: を(何



*** / OpeningPhase

(本文)

七波: ここに会いに来る前に一仕事したのか連城さん…(何>黒煙
: バックアップ=情報隠ぺいお願いしに行くかもしれない件(何)
七波: 寝袋を売ってるホームセンターの住所だったりして(何>寝る場所
GM: 連城が
GM: 「ロイヤルスイートお願いします」というなら
GM: それはそれで(何
: まじでー
七波: 贅沢すぎる(何
: これが組織力!
七波: 折角だから泊っちゃおうよ!(何
Shinさん: でもふかふかベッドに体が馴染まず、適度な硬さのソファで眠る連城。
七波: 既に鳥越さんに押さえられてる気しかしないけど(何
七波: >ロイヤルスイート
: なにその戦場のエージェント
Shinさん: ルームサービスが部屋を訪ねても見当たらないなーと思ったら、羽毛布団の中に潜んでいた鳥越。
劉斗: 暖めておいた。
七波: 誰の為にですか(何
満月: これだから温度調節持ってる人は(何
七波: 連城さんがサラマンダーしてる…(何>メモ焼却
GM: むしろ連城が一番怪しいけれどな。現状では(何
七波: 炎だし(何
劉斗: 犯人は冴てんてーか…(何)
満月: え、ちょ。僕炎使わない(><。(何
: なんか秘密を持っているっぽく
: ロールプレイをするのがこの秘密シナリオには求められてるのかなって(ry
七波: 怪しい笑みを浮かべればいい(何
劉斗: 誰が犯人になるかわかりませんからね(何)
劉斗: その時のために、ちゃんと準備しておかないと。
: いつみつきちを背後から抱き締めてもいいように
: ちゃんと準備をしておかないと!
劉斗: セクハラ(何)
満月: (がくびくぶる(何
Shinさん: せくはらー。(鳴き声)
劉斗: まあ、イケメン皓君なら、みつきちも許してくれるさきっと!(何)
満月: そうか、つまり皓君がボスになったら・・・(*ノノ(何
: 責任とってお嫁に貰ってくれるよ!
: 離席してたらなんだよ一体(何)
満月: (責任とって下さいねこー君(*ノノ(何
: 今から聖さんのOPと裏を見て見てから判断する(何) <責任
満月: ・・・・・・あれ、じゃあもし万が一私がボスだった場合は誰を背後から抱き締めれば良いんですか!(何
劉斗: 皓君でしょ(何)
七波: 意表をついてT氏を(何
: 鳥越さんにwwwwwwwwww
: 何で(何) <抱き締める
満月: (こー君こー君 (きゃっきゃ (ヘッドロック
満月: こうですね、分かります(><
: (きゅー)
: ああ、前ロシアンルーレットでジャムったしのむーが、みつきちを操って後ろからぎゅむっていたから
: ここのセッションでもジャムったらきっとみつきちを後ろから抱き締めるよね!
: というノリの(ry
: 聖さんでもいいんじゃないの(何) <抱き締められる人
七波: 自分より身長が低い人だとベター(何
: それはななみんだな。(何)<みつきち159 ななみん155
満月: 背が高い人多すぎでしてよ(何
七波: 僕一番低いの?(何
: ななみん155 みつきち159 れんじょう170 こう175 とりごえ185
: サラマン組が割と高いな。(何)
七波: ここはなんだ、連城さんの高さに驚くべきか(何
満月: 聖さんたけぇ(何
七波: 皓さんと5cmしか変わらんのか(何
: ちゃんと嫌いなものに身長測定って書いてあるでしょ!(何)
: そうらしいです。
: 露骨なアッピル(何)
七波: むしろ、うちらが離れすぎ…?(何
劉斗: 155cm可愛いじゃないですか!
七波: T氏と
七波: 30cmも差がある(何
: いいじゃないですか
: その身長差なら常に上目遣い!
七波: T氏に媚びろと申しますか(何>上目遣い
: これで鳥越さんもイチ☆コロですよ!(何)
Shinさん: むしろ下から睨む勢いで。
Shinさん: そして鳥越は腕を組んで見下ろす。(何)
七波: みつきちさんがやってもいいじゃない!(何>上目遣い
劉斗: つむじしか見えない(何)
Shinさん: 目線から30cm下ってーと、おおよそみぞおちのちょっと上あたりか。
Shinさん: ちいせえ。(何)
: 何で皆さんテンションたっかいの(何)
: 連城「……みつきち先輩、かわいいですよ」11cmで見下ろしながら(何)
七波: あーあ…(何>11cm
満月: (かくふる(何



*** / OpeningPhase

(本文)

: 何かこれって僕疑われフラグいっぱいな気がしたならないな……
: <現場にいたサラマン的に
: 犯人は刀を奪って行った炎使い(キリッ)第一発見者は皓君(キリッ)
: すげーあやしい。(何)
: 怪しいですね困ったことに(何)
七波: 状況だけだと怪しすぎる(何
満月: 第一発見者を疑えは鉄板だからな・・・(何
GM: そういいつつ
GM: みつきちが犯人だろ
満月: やだなぁ、わたし炎ないない(きりりっ(何
GM: だって
GM: 下手人と犯人イコールじゃないんだぜ(何
: えーエンハイで炎っぽく見せかけて、どうせ私たちに疑いをかけるとかそういうんでしょー?(何)
Jibさん: レーザーや酸の化学反応による熱だって、発火はできるよね(何



*** / OpeningPhase

(本文)

: きた
: 例の件(キリッ)
七波: 裏事情!(何
: みんなの秘密が気になるな!(何)
満月: 気になるな!(何
: 皆裏事情ほのめかし巧いなー。
七波: 皓さんはホットスタート過ぎて暇が(何
: 確かにホットスタート過ぎた(こく)
: 皓君が「まさか……”ヤツ”の仕業か!?」
: とか厨2っぽく言い始めながら駆け出したらそれっぽかった!(えー)
七波: 「僕の怒りが有頂天!」状態ですもんな(何
満月: あーあ・・・(何
: そうかその手が(何) <奴の仕業
七波: どうも皓さんの言う“ヤツ“=蒼太さんというイメージが(何
: そーたwwwwwww
: あながち間違ってはいない様な(何)
劉斗: 皓君が奴呼びするのって限られてるからな…(何)



*** / OpeningPhase

(本文)

七波: 何このフラグ(何>口の端を〜
劉斗: いや、純粋にうれしくて(何)
: 戦闘狂はこれだから(何) <嬉しい
: 戦地へ向かう支度を始めちゃったからな。よほどワクワクすることがあったんだろう。(何)
七波: PC全員たたっ斬る準備ですね(何
GM: やっと連城と決着がつけられる
GM: こうですね。
: 前につけたでしょwwwwwwww
: デスクワークから離れられるのも要素にあったんでしょ…… <嬉しい
七波: テッドさんに指示を出すもの飽きたのか(何
: テッドは今MMOにログイン中だから…(何)
: ひらひらスカート掴んでくるって回って「お待たせ!」って笑顔でいいながらログイン中。(何)
七波: 薬をしこたまぶち込んで寝てるんでしたっけ(何
満月: いや待て、あれの時期がこれと同じだったら劇中で☆夜が出てくる宣言は無い筈でしょ!(何
満月: <同じ時期ならアイツもそっちに行ってるよ!(何
七波: ☆夜先生なら2人いてもおかしくは無い(何
: そっかー(何)
: ☆朝先生……(何)
七波: 朝(何
満月: ☆朝(何
Jibさん: もう一人くらいそれだと増えそうだ。
劉斗: 星夜はポータブル端末からログインしてるんでしょ(何)
満月: 其処までしてMMOやりたいのかアレは(何



*** / OpeningPhase

(本文)

: この男の人怪しいよ!(何)
: 名もなきNPCと分かってもロイス取りたい位に!(何)
GM: 名前あるよ。
GM: OPで取得してもいいが。意味あるのかは疑問(何
七波: 親父との関係が怪しすぎる(何>この人
Shinさん: ∈(・ω・)∋「怪しくないよー」
劉斗: 親父さんとはただならぬ関係の人(待て)
: (ゴクリ)
七波: 殴るよ?(何>ただならぬ
劉斗: 冴てんてーと星夜てんてーだって、いろんな意味でただならぬ関係ですよ(きりっ)
満月: (うあーん
: 冴える月に、星降る夜空、浮かぶ満月。詩が一つできそうですね。(何)
: <えあろさんのPCは天体っぽい!
満月: 満月と☆夜は狙ったけど冴てんてーは偶然でしてよ!(何
劉斗: 冴えた月の夜、星夜てんてーが屋上から降ってきて、プールで遊んでいた満月に直撃。プールに浮かぶ2人。
劉斗: なるほど詩的だ。
Jibさん: 冴せんせーはどこに(何
: 死的の間違いでは(何)
満月: なぁ、それ☆夜死なないか(何 <屋上からとか
: しんじゃうな。(何)
劉斗: LUCK値MAXの星夜なら死なないかもしれないし死ぬかもしれない(何)
満月: そう、か・・・(何



*** / OpeningPhase

(本文)

: 隣町だったんだ……
GM: 別に離れていてもいいが
GM: みつきちが自転車でこぐ距離が増えるだけだ(何
: 自転車wwwww
七波: あーあ…(何
: いや、宿を取るくらいだから離れてるのだとばかり。
劉斗: 東京と京都くらい離れているのかと思った(何)
: うん(何) <東京から京都
劉斗: なかーま(たつきさんと握手)
: なかーま(あくしゅ!)
: じゃあ私はUGNからの依頼でぬくぬく和美さんのベンツで送って貰うかな(きりっ)
七波: 僕は普通にバスか何かで行くね(何
七波: 便乗でベンツの上に胡坐かいてもいいが(何
GM: 何言ってるんですか
GM: 社務庁の使いなら
GM: リムジンだろ。
: すげぇぇぇぇ(何)
: かっけぇー
七波: ええー(何>リムジン
満月: リムジンとかちょっと何この羨ましい人達!(何
劉斗: 重役出勤できますね(何)
七波: リムジンとベンツが並んで到着か(何
七波: そして後ろからT氏所有の超高級スポーツカーが(何
: 僕は何だろう。やっぱり自転車かと思いきやバイク持ってたじゃんと思い出した(何) <移動
Jibさん: そして最後にママチャリが到着(何
劉斗: なんなの、モーターショーなの(何)
: バイクで来たんですよね(何)
: 刀持って交通機関は厳しいしな(何)
七波: T氏の車の後ろにロープつけて自転車引っ張ってもらえばいいじゃん(何>みつきちさん
満月: 死ぬわ(何
劉斗: 多分、自転車のフレームが壊れる(何)
: まぁバイクだと思うなこっちは……
Shinさん: バイクでも厳しいわ。(何)<刀
: じゃあ車しかないな…(何)
: 困りましたね(何)
: 亜樹さんの先祖があんな長い刀を持ってるから!(言いがかり)
Shinさん: 車でもなー…。どうせ車の上に仁王立ちして移動するだろうから、刀持つのは厳しいなー…。(何)
劉斗: 誰だよ(何)
: 仁王立ちwwwwwwwww
七波: T氏のスポーツカーの上で仁王立ちか…(何
劉斗: 竹刀袋に入れておけばいいんじゃないかな。
劉斗: そして鳥越カーの上で仁王立ちする皓君。
: 仁王立ちしないといけないの(何)
劉斗: ハヌマーンだからな(何)
: ハヌ関係ない(何)
: まぁこっちはくくりつけて愛車で移動したってことにする……
Shinさん: よしわかった。抜き身の刀を持って高速道路を自力で走る皓。これだな。(何)
: KOEEEEEEEE
: 自力(何)
: それは妖怪ターボばばあでしょ!(何)
: そもそも入れないでしょ生身で高速!
劉斗: ワーディングすれば(ry
Shinさん: 前の車のETCバーが下がるより速く!
七波: そこまでして高速走りたかったのか皓さん…(何
: そこまでしてやりたくない(何)
Jibさん: もうちょっとなんかEFとかで何とかならんのか。



*** / OpeningPhase

(本文)

GM: 表以上な…(何
満月: 何しに神社行ったのアレは・・・(何
七波: そして今から一昼夜かけてチャリンコで爆走か…(何
GM: 折りたたみ自転車で
GM: 普通に電車乗ったという話もないでもない(何
七波: 何か時速120km/sで爆走するのが浮かんだ(何
Jibさん: 自転車操業での移動って何だろう(何
満月: 細かい事は気にするなよ(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: ………
劉斗: 修羅場なタイトルだな(何)
: 言うなよ(何)
七波: あーあ…(何>修羅場
: 「お前とは、もう終わったんだ……」(何)
七波: 侵蝕もすごい勢いで上がってるな(何
劉斗: やる気満々すぎ(何)
: もう僕しばらくシーン出たくない(何)
Shinさん: 皓くんは生身で交通事故を起こしたため、クライマックスまで警察で事情を聞かれています。(何)
七波: あーあ…(何>警察
: 事情聴取…(何)
: そ、そうだったのかー(何) <生身で交通事故起こして
七波: 「カツ丼でも食え」(何
: じゃあ俺差し入れ持ってきてやるよ…(何)
Shinさん: ワイルドセブンのらーめんでいいよね。(何)<差し入れ
劉斗: W7ラーメン食べたから侵蝕あがったんだな(何)
: ところで表出ていい…?(何)
: 僕は構いませんよ……? <登場
七波: そして連城さんを追いかけるのか(何
: ちょまwwww
Shinさん: ムーンウォークで連城をストーキングする皓…?
七波: 何してるの皓さん(何>ムーンウォーク
N-oさん: W7ラーメンで構わないのかと思ったよ…(違)<さしいれ
七波: 3食W7ラーメンでいいって…?(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: 犯人フラグ踏みましたー(何)
七波: 目撃者として塵にされる連城さん、か…(何
劉斗: 「ち、違うんだ。僕は犯人じゃない!」
劉斗: サスペンスドラマ風だな…(何
満月: こー君ひどいひと!(><。(何
: 疑われたなんて思いませんよ僕(何)
GM: おれまったく意図してないんだが(何
GM: なんかタイミング的に出にくい空間だよな(何
劉斗: ここは若い二人に任せて(何)
満月: 出るつもりの無い私には関係が無いな(きりっ(何
GM: さっさと自転車こいていろよ(何
満月: (うわーん (しゃかしゃかしゃか(何
GM: 「ここは私が預かろう」(スターダストレイン)
GM: こうだろ(何
満月: ひっでぇな(何
GM: いやほら。それで皓の疑いが晴れるならみつきちが暴走すれば(何
満月: 代わりに私が疑われるでしょ!(何
満月: OP見返したが、本当に私だけ刀?ンナもん知るか(ry)だな(何
劉斗: 教えてあげますよ(何)
満月: しりたくねぇぇぇぇ(何 <これ以上厄介事に巻き込まないで!巻き込まないで!(何
劉斗: みつきちを手伝ってあげるって言ってるのに!(何
満月: (ぇー (ぇー・・・ (うさんくさげな目で(ry (何



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: さっそく津嶋君の秘密ばれてるけれど(何
: フフフ(何)
劉斗: 困ったものですね(何)
: いいんじゃないかな! <早速ばれた
: 5人もいるから、サクサク暴いて暴かれるぜ!(何)
満月: あーあ・・・(何
GM: 多分連城はニヤニヤ皓の様子見て出来る人になった。
: 聖さんにも取っておくべきだったかな。しまったな。
: いや、PCの動機がないのに取らなくてもいいのよ…?(何)
: (うわーん)
: 連城は、皓君が凄く気になってたから取ったんです><(何)
: 疑われたとも思ってなかったからなー(のほん)
: <聖さんに
劉斗: イケメン的に。
: ライバル的に。
: ライバル(何)
満月: ライバル(何
: 炎しか使えないサラマンが装甲無視の範囲攻撃とかしていいと思っているの!?みたいな(何)
: えー(何)
: 氷そろそろ取り始めようかな(何)
劉斗: 装甲無視の範囲攻撃か。じゃあ犯人は皓だな(何)
: ちょま(何)
: 満月さんもそうでしょ!?
満月: やだなぁ、私ほのお無い無い(><(何



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 先もって言いますが。Eロイスも存在します。一応(何
: ぉぅぃぇぁ。
満月: よーし(何
七波: これでまたT氏が《極大消滅波》を撃てる!(何>E
劉斗: よーし!(何)
: 撃たなくていいから(何)
七波: サラマン3人集で全員1発ずつ撃ってもいい(何
劉斗: また一つ建物が燃えるな(何)
: 市ごと燃える!(何)
: 僕持ってない(何) <極大
満月: つまり街崩壊はサラマン3人衆のせい、か・・・(何
劉斗: 左京「サラマン三人による《極大消滅波》三連続。以後この技を「怒りの火」と名付ける!」(何)
GM: えーと。連城が情報取得しましたが
GM: もし津嶋君が情報変更するような事項があっても連城はわかりません。
: ほいほい
劉斗: 情報変更というのは?
満月: ロック内容変更って事っすかね。
GM: 端的に言えば
GM: 追加事項:ジャームである、との事。
満月: あーあ・・・(何
劉斗: 最大の謎か。(何)
GM: もしくはロックしてある事など。
: あーぁ(何)
GM: ロイスの複数取得は認めていませんので。まぁタイミングなんぞも考えてつかーさい(何
GM: <同一人物
: 連城的には多少スッキリした(何)
: すっきりされちゃった(何)
: 取りあえず「追加事項:かるぼーがジャームである」とかそういうのでなければいいよ!!(何)
GM: あいつはジャームに近いなにものか、だろ。知らん(何
GM: 多分。情報全開示したら「ああ。なるほど」と思う(何
GM: <終わってから
七波: なんと(何
: フフフ(何)
劉斗: 陽君の影を追っている、だと……(何)<てけとーぶっこく
: この情報を口頭で他のPCに伝える事も勿論可能だと思っていいですよね(何)
: <ロイス取らずに
GM: もちろん可能だよ。
: おっけおっけ
GM: でも口頭だから
GM: 信用性は無い(何
満月: あーあ・・・(何
: ククク
: 連城「皓先輩がジャームらしいです!」
: といって信じて貰えるかどうか(きりっ)
: ひっどい濡れ衣だ(何)
GM: その場合連城を4人がかりで殴り倒せばいつかは本当かどうかはわかるよ(何
劉斗: まさかのふるぼっこ(何)
: 皓君にロイスを取ってその情報が本当か確かめる→嘘だったら連城が怪しい という
: フィルタリングも賭けられるな。(何)
: いろいろやりようがあるでござる
: 情報って大事だなー(しらじらしく)
GM: 何もしなくても勝手に任命して誰かジャームになって誰かがえらいことになります(何
GM: ちょっくら破壊神顕現で地表変わるだけなんで気にしないでくれ
劉斗: 空木という地名が地上から消滅するだけですね。
GM: うん
満月: 落ちつけ君ら(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: しまったな。ロックする項目間違えたかもしれん…(何)
満月: おれおれも(何 <ロック項目
劉斗: みつきちにシークレットってあるのん…?(何)
Marさん: 犯人という所がシークレット
劉斗: トップシークレットだな。
満月: あああああるもん。あるもん!(><。(何
劉斗: 隠しておきたい兄の悪事か…(違)
満月: 隠してぇな・・・(何
劉斗: 失墜に頼んで、兄の存在もろとも隠してもらう(何)
満月: 死亡フラグらめぇぇぇぇ(何



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: ・・・・・・はっ、重要な事に気付いてしまった。
満月: 私自転車固定化してない・・・!(何
: 自転車(妄想)
満月: <2ndの時はあった筈なのに!
: レンタサイクルで……
七波: ☆夜先生のチャリかっぱらったんじゃね(何
劉斗: 買ってあげようか?(何)
: それだ
劉斗: まあ、調達すればいいんじゃないかな、ミドルの冒頭で(何)
満月: なんで唐突に黒服さんから自転車買っていただけるんですか(><。(何
満月: 購入5で社会1の調達1。
満月: 失敗の可能性が普通にあって胸が熱くなりそうだな(何
: 財産ポイント1つぎ込むとしても、1Dで3以上か
: がんばれ!



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: だれか明日の一番でシーンに出たい人は?
GM: 何事もなくクールに皓が「じゃあ桜井誠司と接触します」と言ってもいい。
: しないよ(何)
満月: 出てない二人が何処の場所からシーンを開始するかによるな(何
: 僕はしばらくはいいや……影を追ってるか疲れて宿で寝てる。
: SP一回りするまでは呼ばれれば出る程度で。侵蝕と相談で。
劉斗: うーん。七波んと会っておきたいところ。
劉斗: もし現場の神社に向かっているというのであれば、ですが。
七波: リムジンの後ろから怪しいスポーツカーが。(何
劉斗: リムジンなのか、やっぱりwwww
七波: さあ?(何
GM: じゃあリムジンで。
満月: あーあ・・・(何
劉斗: じゃあリムジンで。
七波: 決定した(何
GM: 恭しく送迎してやる(何
: リムジンきましたー(何)
GM: まー。鳥越さんと七波さんにしておくか。
GM: 鳥越さんがシーンプレイヤーね。
劉斗: はーい。
七波: おけーい、ガクブルしながらT氏と対峙する(何
GM: 殴りかかるときは申請してね(何
満月: あーあ(何
劉斗: しないよwwwwww
七波: (ごっふう(何
劉斗: 七波んには(きりっ)
GM: には(何
劉斗: 今のところ疑う要素が無いからな(何)
七波: 連城さんにはいきなり殴りかかるんでしょ?(何
劉斗: 連城邪、覚悟ー!(何)
: やめwwww
GM: 第三者視点では皓君が怪しいだけだしな(何
七波: 炎的に有力容疑者!(何
: うわーん(何)
: 僕疑われまくり。
劉斗: 皓君は、もうちょっと経ってから事情聴取するつもり。
: (かくふる)
満月: 肉体的事情聴取と聞いて。
GM: だって即時に影を追います、といったから…(何
七波: カツ丼挟んで事情聴取か(何
: だって追いたくなるじゃん!(何)
: 皓先輩が神社に行ったら襲撃があったらしく炎が燃えてて、神主さんを死んでいる所を見つけて警察に連行されて、その後また路地裏で死体と一緒に居る所を見ました!(何)
: そして逃げる様に去りました!とかってもうこれ犯人(ry
: すっごい疑惑フラグ(何) <聖さん
GM: 疑惑の種しかないからな(何
劉斗: でもこれ、サスペンスドラマだったら、目撃者が怪しいんですよね(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: NPC呼び出す場合は名前わかってたら駄目な時以外可能ですんで。
劉斗: ほいほい。
満月: ふみみ。
: ういさ。
GM: ロイスを結ぶ場合とかは参考までに。
: とは言え追うばっかりで呼び出しはなー……(何) <会いたいNPC
: 表に出てこい、と。(何)
劉斗: 携帯番号教えているのに(何)
満月: 寧ろ会いたいNPCが多すぎる・・・(何 <いや2人程度だけど
GM: んと。ジャーム役の場合は
GM: シークレットが変更されます。見破る場合も参考までに…(何
満月: ジャーム役の場合はジャーム情報がロック固定になるって事かな・・・?
GM: 別にロック固定じゃないよ(何
満月: そうなんだ(何
GM: 別にオープンにして「俺ジャーム」と公言してもいい(何
満月: あーあ・・・(何
: あーぁ(何)
GM: ジャームの場合も同様で「目的の履行」が最優先されるので
GM: 目的が一致するなら組めばいいんじゃね。PCと(何
: なるほど。



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 最悪は
GM: 皓君を槍神輿に乗せてUGNに搬送すればいいんじゃね(何
: ちょっと(何)
満月: (わっちょいわっちょい
: 濡れ衣だー!
GM: 状況的にそうなってるしな(何
: (しくしく)
劉斗: 犯人が見つからなかったらそうしよう(何)
: 劉斗さんが酷い──!
: 僕の味方は誰(何)
GM: ……(何)<誰
: GMに沈黙されました(何)
劉斗: だから腹を割ってすべてを話せと(ry
: ゑー(何) <話せ
GM: んと。連城にはわかるが
GM: 自分のシークレットを自分自身開示できるが。透明性は無いんだよな(何
GM: <腹を割る
: まあ散々言っておいてなんですけど皓君の事は信用してますので、お話する時間があれば目的とか話そうと思いましたよ(何)
: そうだったのか…… <時間があれば話した
: また今度な!(何)
GM: 今度っていつだよ!(何
: でも時間が経てば影が逃げちゃうからね! 今度ね!
: また今度!
劉斗: 答えは全部「いいえ」です。
: 日本は全くもう(何)
劉斗: 答える気がないと(ry
GM: ええー(何
GM: んと。正直。GMにも行く末がわかりませんので
GM: 楽しみです…(何
: おういえ(何)
劉斗: おもしろくなるようにがんばります!(何)
: が、がんばります!(何)
満月: がんばろうぜ・・・(きりっ(何
: GMの期待に応えられるように!
: 私は失墜が楽しみです(キリッ)
GM: じゃあさっさと情報くれよ。あいつ動けるのに(何<失墜



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: それで、T氏が1人ずつ殴って情報を集めるんでしたっけ…(何
GM: 殴られる役目の人が挙手するんだよな(何
七波: 連城さんガンバ(何
: まあ待て。私は昨日やった。(何)
七波: じゃあここはみつきちさんがT氏のスポーツカーに轢かれるところから(何
満月: ねーよ(何
劉斗: 轢殺無双の回、だと……?(違)
七波: 4人登場したところを一気に轢殺して情報GET…?(何
劉斗: 縦列に並べー(何)
: (よいしょ)(正座)
七波: (ずがががががー)(何
満月: もうやだこの暴走の人(何
GM: 暴走というなら皆ついてるから問題はない



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: ところで、社務庁というのは現実には無いのですけど、神社本庁だと思えばいいですかね?
GM: いいですよ。
劉斗: あるいは、この神社の系列の本庁みたいな感じで。
劉斗: 了解です。
GM: なんか神社本庁だよな、と思いつつ。
GM: 訂正するのがアレだったし放置した(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: やばい
: 鳥越さんがいい事言って各務に持っていく気だwwwwwwwww
: それは拙い……!
劉斗: いたって正論だろ(何)
: 嘘は言っていない(キリッ)
: 多分こう言って持っていくwwwwwwww
GM: いいこと言ってるが。
GM: 口火切った神城が元凶だがな…(何
満月: 神城わるいとこ(何
GM: えーと。開示されてる情報からすると
GM: 神城が口火切る→各務。出遅れた。→でも渡すの嫌だ。→じゃあおれもおれも
GM: こんな状態(何
: みんなひどいな(何)
: これだから組織は(ry
満月: もうだめだな(何
GM: UGNはその後始末に来ただけだからある種単なる被害者だよ(何
GM: <現在開示情報
: おれたち被害者!
七波: 頑張れ連城さん(何
満月: 鳥越さんの丸めこみ作戦はっじまるよー。
: もうあれだよ皓君!ちょっとななみんとみつきちを抱きしめて「僕を信じてほしい」って言って来て!
: それしかない!(キリッ)
: ゑー(何)
誰だよ、そいつw
 > 抱きしめるとか
七波: そしてバックドロップ(何>抱き込んで
満月: 何と言うイケメン皓君にしか許されない技・・・(何
: やらないから(何)
GM: みつきちが
GM: 「それは違う!」と神社の上から自転車で現れるシーンだろ。
満月: 違う違わない以前にそんな事しりません!(何
GM: 知らないから言うんでしょ!(何
満月: そ、そっかよーし!?(何
七波: 上から振動球が降ってきたら戦う準備はある(何



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: まぁ。二人で会話してるのも退屈だろうし。NPCでも出すか…(何)
七波: ここで例の襲撃者が出たら皓さんは登場するのか?(何
: 侵食関係上あんまり出たくないんだけど……
GM: 桜井先生だよ(何
七波: 失墜さん面識ないな僕(何
満月: きたこれ(何
来てるんですかw
<失墜さん
: 劉斗さんの前に出るとまた轢かれるぞ桜井さんー(何)
: 及川ミッチーさんはじめまして!(何)
満月: どうして鳥越さんは車から降りたし(何 <轢けない
七波: アレじゃないんですか、今度はさっき立ち去ったリムジンが(何>轢く
七波: みつきちさんがチャリで轢いてもいいかと(何
満月: ぇー(何
: 僕っ子ktkr
満月: 物凄く、天使の絵の具とかの予感です・・・(何
満月: <失墜さん
七波: またか(何>天使の絵の具
GM: なにをいうか
GM: 人神輿であがってきたとしてもおれは否定しない(何
満月: そうか(何
: すごい嘘きたwwwww<UGNの使い
満月: ちょっと鳥越さん一応訂正してあげて!(何
七波: そして何も判断する材料がないから信じた!(何
UGNに身分証とかないのだろうか(何)
: UGNとかすっげぇ嘘(何)
満月: 鳥越さんも訂正せずに流した・・・(何
後でUGNに「誠司さんいますかー」と言うと、
誠二の方が出てくるのか(何
七波: 誠二さんが?(何
劉斗: 八雲誠二さんを紹介されるんですね(何)
満月: あーあ(何



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 桜井さん超退場(何
七波: クールに去って行ったな(何
GM: だってもたもたしてると
GM: ロイス取られるし(何
満月: あーあ(何
七波: 目的がバレる?(何
: arcanum出た(何)
本人が言うんだから間違いないな。 <arcanumセルが動いてる
GM: ここで
GM: 七波が切りかかるんですね。わかります。
七波: ええー(何>斬りかかる
: ボッコボコにした後にロイス取って情報奪ってやるよ!ですね。(何)
: まぁ失墜さんはまだ所属してる……の、かな……? <arcanum
満月: 失墜さんはもうその日の気まぐれでアルカナに所属したり所属してなかったりしますとか言われても私信じるよ(きりっ
日替わりarcanum(何
GM: 失墜の気まぐれ所属
七波: というか鳥越さん…失墜さんのことについて何も訂正してくれなかった(何
劉斗: いつもの冗談だと思って(何)
七波: UGNの人だって信じてるよ現状(何
劉斗: 僕はUGNだよ→フッ→笑うなよ(何)
劉斗: この流れで理解したものだとばかり…(何)
GM: 「UGNの利益になるような気がする行動をしている人だよ」(何)
七波: また分かりにくい流れ…(何
劉斗: まあ、次に会った時に訂正しますよ(何)>ななみん
七波: よろしく!(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: 劉斗さんが応急手当てキットって
七波: 皓さん殴るぜ的合図?(何
劉斗: 戦っても治してあげるよ?
: 情報収集の為にぶった切った相手に使うのかと邪推してしまった……って邪推じゃなかった(何)
満月: 戦っても(自分の怪我を)治すよ、の間違いでしょ?(何
: 何で僕限定なんだよぅ。 <殴る相手
七波: 最有力容疑者扱いだし…(何
皓さんなら殴っても大丈夫だから(何
: (うわぁぁぁんっ!) <殴っても平気とか容疑者とか



*** / MiddlePhase

(本文)

: 実は僕自身は他のPCが此処に集まってることを知らないので、指定してもらうかこっちのシーンに出てもらうしかないんだよなぁと。 <表
満月: よし、じゃあ皓君ちょっと話し合おうか・・・(とりあえずヘッドロックな・・・(何
: 解った。出るよ。 >満月さん
七波: え、失敗したらリムジンに潰されるんじゃ(何>表
GM: 失敗したら
GM: ヒッチハイクな。
七波: あーあ…(何
七波: …頑張ったな(何>自転車でン時間
満月: 本当に何でこいつはバスとかを使わなかったんだろうな(何
劉斗: 鳥越「何処まで行く?」(何)
劉斗: <ヒッチハイク
満月: (かくふる(何
七波: 多分横をリムジンとかベンツとかスポーツカーが通り過ぎて言ったんだろうな(何
劉斗: 黒巣は何気に広いからな…(何)
七波: 窓からチラッと見たかもしれない(何>チャリンコみつきちさん
満月: (うあーん(何
: いっぱいいっぱいだったんだね…… <交通機関選択なし
満月: (うわーん(><。
: 侵食都合上此処で会えるなら会っておきたいところ……って☆夜せんせー(何)
劉斗: 「明日カレー食いたい」ですね分かります(何)<☆夜メール
七波: ☆夜先生…(何>カレー
劉斗: マジカレー(何)
: 満月さん、どっかの店にカレー食べにおいでよ。僕もそこに行くかいるかするから(何) <表
満月: よ、よーしじゃあそれで!
: (おなかすいたー)
七波: 疲れたところでカレーとか食べられるのかな…(何
: これメールなの(何) <表やり取り
七波: 自転車で走りながらメールか(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: ココニカレーw
: いい名前だ(笑)
: COCO弐
七波: みつきちさんのリッチと鳥越さんのリッチは違う。そんな言葉が浮かんだ(何
劉斗: ココ2。
七波: 2(何
劉斗: カレー食うよ。滅多に食べないから(何)
七波: 僕も皓先輩に会っておこうかなー、カレー食べたいし(何
七波: 僕、この街で放り出された後は徒歩か(何
劉斗: 乗っていくか……?(何)>ななみん
七波: どうしようかな(何
GM: タクシー呼べよ(何
劉斗: まあ、最初に行きたいところさえ行ってくれれば、そこまでは送る。その後は自力で何とかすればいい(何)
GM: ここ2カレーが食べたいです(きりっ
七波: 社務本庁で領収書切っていいよね(何
GM: 切っていいよ。
七波: わーい(何
劉斗: Killだけなら自由。
七波: 落ちるかは分からんと(何
GM: 日本の国民の税金がそこからねん出されるだけだから(何
七波: 日本の税金でカレー…だと(何
GM: 驚いて
GM: カレーを店員さんに噴きました。
七波: はっきり言って店員もびっくりだろうな、「領収書社務庁で」とか言ったら(何
劉斗: そりゃな…
つーかそもそもあーいう店の食事代を領収書で落とそうとする人は初めてだと思う(何
七波: 皓さんに正しい情報を貰う、失墜さんの(何
: 実は僕も失墜さん知らないんだ(何)
: >七波さん
満月: 私が多少は知ってるから大丈夫だべ・・・(何 <失墜さん
: そっか……そういえば。 <満月さんは知ってる
劉斗: 出会わせたのはたつきさんですしね(きりっ)
: でしたね(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 津島皓の暴露劇が始まった…(何
劉斗: 僕がいた時はまだ生きてたけど。
劉斗: 僕が来る前までは生きていて、僕が立ち去った後には(ry
: だってさっき失墜が死んだって言ってたしぃ(涙) <神主さん
劉斗: 桜井っていえば、みつきちのロイスに要るよね。別人が(何)
七波: 別人(何
満月: ・・・・・・・。
劉斗: 櫻井翔香だけど(何)
: シスターの人も同じ名前だな。(何)
七波: おお(何
満月: 下の名前まで言って七波さん!(何
満月: <口頭じゃ間違えちゃう!(何
七波: じゃあきっかけをくれ!(何>フルネーム
: 僕が言おうか。名前くらいなら知ってそうだし。 <失墜
七波: みつきちさんカレー吹かないように気をつけてね(何>失墜さんの名前
劉斗: さあ、カレーを口に含むんだ!(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

: ……うん。満月さんが怒っていた訳が解った(ごめんね!)
満月: 分かっていただけたようで何よりです(何
劉斗: 良かったですね(何)
: (にゃーん)
満月: と言うかまさかそっち側にその事が無かったって事実がびっくりだよ(何
七波: 意外な事実という奴ですね(何
劉斗: 一緒に拘置所に止まるフラグ?(何)
: 僕宿取ってますが(何)
: <拘置所とかない
GM: 七波が一言
GM: 「ロイヤルスイートなら空いてるよ」とか言えばいい。
: かっけえええ
GM: プラチナカード出せばいいんじゃね…(何
劉斗: 俺、皓君こそが野宿していそうな気がするんだ…足もあるし(何)
: 譲ってもいいけど(何) <バイク横テントで寝るから
: みつきち、こっちこいよ!浅草に泊まってバーミヤンで朝食食べようぜ!(何)
満月: 浅草きたこれ(何
劉斗: その後鳥越神社に参拝ですね(何)
: 分かりにくいネタでしたが、おういえ。(何)
七波: 鳥越神社で鳥越さんとタイマンか…(何
: もうおまえら一つの部屋にふたつの布団引けばいいじゃん…?(何)
: それは駄目だ(何)
劉斗: 既成事実、か…(何)
満月: (*ノノ
七波: アレじゃないんですか、ホテルで気を使って「満室です」と…(何
: それ気を使ってない(何)
七波: 「相部屋なら構いませんけど」とざーとらしくですね(何
・・・なんかセッション重ねる程外堀が重機で埋められてねーか、この二人・・・(何
: おかしいな
: そんなつもりはまるでないのに(何)
七波: あーあ…(何>外堀
: (せっせとお堀埋める)
満月: どうしてこうなっていくんだろうか・・・(何
ここでのやりとりも、後で何故かクラスメイツに流出してるに違いない(マテ



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: えーと。
GM: 連城さん。シーンどうする。
: 鳥越さんをカモンしたいな。その後情報判定も。(何)
七波: 鳥越さんと愛を語り合うシーンでしたっけ(何
: あれですよ
: 皓の事で本妻と愛人が奪い合うみたいな
: そんなシチュエーションしか思いつきません!
: 何でじゃ(何)
劉斗: 場所にも寄るけど、どこか車を停められるところで電話をしていたいな。
七波: カレー屋とか。(何
劉斗: カレー屋の前か(何)
七波: うちらと入れ替わりで(何
劉斗: 七波を送ったところで車を停めたなら、有りだが(何
: それ出てきたら僕ら会っちゃうじゃん(何)
七波: 嫌な予感がして裏口から出たんじゃ(何
劉斗: 少し離れたところじゃないかな。営業妨害になるし。
: どこでもよいよ!
七波: 連城さんがいるなら外の方がいいか、カレー屋が物理的に炎上しそうだし(何
: また火事か……
七波: 連城さん…(何
: え、誤解だよ(何)
七波: 神社の次はカレー屋が(何
GM: じゃあ
GM: 腹ごしらえにカレー屋か・・・?連城(何
: もういいじゃない
: 取ったホテルが鳥越さんと同じだったとかで!(何)
GM: じゃあホテルにするか
七波: ロイヤルスイート取ったんですね連城さん(何
: 贅沢な……!
: 普通にシングル取って貰ったよ!(何)
満月: くそぅ、何で皆ちゃんとホテル取ってるの!(何
七波: 寧ろみつきちさん何でホテル取ってないの(何
満月: (にゃーん(何
: だって旅行だよ? そりゃ取るでしょ?(何)
満月: (とりあえず皓君には (ヘッドロックを・・・(何
: (みぎゃー)
: なんでみつきさんがそんなにおこってるのかぼくわかんなーい(何)
満月: じゃあこー君はホテルについたらちょっと小一時間正座して説教会な・・・(何
: 宿を用意してあげたのにこの仕打ち(何)
満月: それはそれ、これはこれ(きりっ(何
七波: 宿の用意でトントンになりませんか(何
満月: 何かあったのじゃないかと心配させられた精神的代償です(><。(何
: (上目遣いの子犬の目で正座)
満月: (涙目一杯浮かべたチワワの目で(ry



*** / MiddlePhase

(本文)

: マジかおい(何) <表
七波: なんかすごいジャーム疑惑が(何
満月: あーあ(何
: 知らなかった。僕ジャムってたのか──!
: 可能性もある、だよ!(何)
: 実際どうだかは(ry
七波: 連城さんの独断と偏見ですね(何
七波: 何か皓さんが罠にかけられてる?(何
: なんだってー(棒) <罠
七波: いざとなればいきなりホテル倒壊ですね(何>直接
: (かくふる)
GM: みつきちさようなら…(何
七波: 必然的にみつきちさんも…(何
満月: こー君ひどいです!(><。(何



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 何か連城さんから一杯情報が出てきてるな(何
GM: シークレットと口伝が正しいとは限らないがな(何)
七波: 言ってること全部嘘ですだったらある意味連城さんを尊敬するが(何
劉斗: 特定の想いか。
劉斗: つまり、純愛。
満月: (*ノノ
七波: 同じこと思った(何>純愛
・x・)
しっと「よし師ね!
しっと「愛など受けぬ、与えぬ、受けさせぬ!」(何
: 愛情とか言い切ってるし(何)
七波: みつきちさんと純愛でロイスを結べと(何
満月: 俺もうロイス取ったから無理だよ(何
満月: (鳥越さんに期待(><(何
七波: 鳥越さんに純愛でロイスを取る、だと…?(何
満月: 関係ねぇぇぇぇ(何 <鳥越さんとか
七波: ……「見下ろす」を「見下す」と読んでしまった(何
: 鳥越さんに見下されるとか
: ご褒美じゃないですか!!
七波: ご褒美なの……?(何
劉斗: みおろす、だよ。視点の高さ的に(名
: 我々の業界では。(何)
GM: 正気になれ(何
GM: まさきになれ。
七波: 誰(何>まさき



*** / MiddlePhase

(本文)

: 劉斗さんが刀を手に入れることに手を尽くし出している。
GM: こいつらピリピリしてるな…(何
満月: もうやだこの人たちこわい(何
: 最終目的が真逆ですからな……
GM: PLとして楽しければいいが。スパイス効きすぎるとやばいからな(何)
: 現状見ている分には問題ないですが。
GM: まーね。
劉斗: このくらいの牽制は有りでしょう。直接やりやっている訳ではないので。
劉斗: 俺はもう直球で、やりたいことをストレートに出している(何)
: 実は割と迷ってるんだよなー……
GM: おまえそんなに刀欲しかったんだな…(何
劉斗: 滅びの刃を固定化したいくらいには欲しい(何)
: ちょっと(何)
満月: 皓君は本当に難儀だなぁ・・・(何
: いったい僕はどうすればいいのー(何)
満月: まぁ、とりあえずは此方の文句を懇々と聞けば良いと思う(きりっ
: そっすか(何)
満月: 多分それすらも今の段階では必要だと思う(何
劉斗: あと、俺からの質問に答えればいい(何)
劉斗: <どうすれば
: う、うなー(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: 何かそろそろプライズ決定しそうな予感なんだが・・・(何
: これでプライズは10かな。そろそろ決定したかも……?
七波: 今頃該当者にトークで…(何
満月: ミドル3シーンで10溜まるとか、どんなに早いの今回・・・(何
劉斗: 早すぎるな…(何)
: 4シーンすよ。
満月: ・・・・・・あ、あれ(何 <4シーン
七波: …鳥越さんが超犯人っぽい(何
: 昨日1シーンやってるでしょ!
: 俺なら管理できると言っているんですね、分かります。(何)
劉斗: 俺に剣を使わせろ。としか言ってない(何)
劉斗: そのためには誰が死んでも関係ない………って、あれ?(何)
: これはジャーム思考……
劉斗: まあ、貴い犠牲も時にはあるよね!
満月: もう皓君と鳥越さんは二人でバトってれば解決するんじゃね・・・?(何
: 俺達は漁夫の利狙いで……(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: ところで今言って良いかどうかあれですが。 ロイス宣言良いですか先生・・・(何
GM: いいですよ。
: もう10ですしな。
満月: ういさ、なれば空木 みなみに □友情/■不安 でロイス取得をお願いしたく。
GM: ほーい。
GM: ではみつきちはシーン内でみなみを見つける事が出来ますよ。
: ちょまwwwwwwww
GM: 次のシーンかな。
満月: 了解です(きりっ
: おお。おめでとう!(何)
七波: あっさり(何
劉斗: あっさり(何)
満月: ですな、んでその時に序でに☆夜ともちと会わせて頂けると有難く・・・(何 <懸念事項増やしやがって――!
七波: じゃあ再開シーン終わったらまた自転車で帰ると(何
: 帰っちゃうの(何)
GM: 簡単に見つかるからこそ
GM: 何かをさせていただこう
: あーぁ(何)
満月: (かくふる
七波: あーあ…(何
: 満月さんさよなら……?
劉斗: 還すんじゃないですか? ☆夜を星に(何)
: 星に帰る(何)
満月: らめぇぇぇぇ(何

GM: じゃあ希望者無ければみつきちのシーンになりますが。
GM: 後誰かいれば予定は考えておきますよ。
: 神社にまた戻るくらいしかやりたいことが無いんだよな実は……(うーん)
劉斗: 皓を捜すか……いや、自転車キコキコに気づけば、みつきちも追えるか(何)
七波: 後ろからスポーツカーで轢くと(何
: あとは影を追うのを再開するとか……此処でロイス取ればあっさり見つかる落ちですか(何) <影
GM: というか。皓に関しては影の名前は出てるよ。
: おや?
: まさか失墜さんですか?
GM: 影の名前は出てないか。
GM: 情報のロックがどこかであるな(何
劉斗: 雑談で出たとかいうオチとか(何)
: 少なくとも僕は認識してません。 <影の名前
七波: 大穴で☆夜先生(何
: ☆夜先生!
満月: そうか、☆夜が・・・(何
: そうか(何)
劉斗: 影?  ………ま、まさか陽君だと――!?(違います)
: 劉斗さんは陽君が好き過ぎる(何)
劉斗: なんだかんだと此方の情報は全部渡ったような気がするんだが。特定個人には(何)
: 私も割と隠し事なしだな。伝えきれなかった事はあるけれど。(何)
: 隠し事すら出来てません(爽)
劉斗: 一番隠したかった事項をロックするのを忘れていた。(何)
劉斗: <鳥越B項目
満月: それ、目的じゃん(何 <B項目って
: 剣をガメるなんて目的、隠さなくても解りますよねー(何) <劉斗さん
: わかりますよねー。(何)
劉斗: おまいらは俺を理解しすぎだな(何)
劉斗: なので言葉も必要なかろ(極論)
: 何を今更……(何)
満月: もうやだこの黒服さん(何
: だから物欲ハンター何て言われちゃうんですよ!(何)
: 各務の人間は、とりあえず自分の欲望に忠実ですよね。(何)
: <研究データガメる、NPCをガメる、賢者の石の欠片ガメる、宝刀(ry
七波: まるでFHのごとし(何
劉斗: 何を言っているんですか。一般人への被害拡大を防ぐために協力だってしているんですよ。根本的に!(何)
: ( ´_ゝ`)
劉斗: なまあたたかい目で見られた(何)
: あーぁ(何)
七波: あーあ……(何
: どう考えてもオマケだよね。(何)
劉斗: 宝刀さえ無くなればいいんですよね、つまり(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: 経験点要らないから宝刀くれ(何)
: おまwwwwwwww
: ここは、ななみんが刀の持ち手になってライトセイバー振りまわして終了とか
劉斗: 使い捨てじゃん……(何)
: そういうのじゃないの!(何)
劉斗: ビジュアル的にはそれでもいいんだけど
劉斗: CX後には俺が(ry
: どんだけ欲しいの…(何)
劉斗: 滅びの刃を固定化するのに、いい理由付けだと思うんです!(何)
劉斗: それだけの理由です(きりっ)
:  〃〃∩  _, ,_
:   ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!あの宝刀は俺のじゃないとヤダ!滅びの刀が欲しい!
:     `ヽ_つ ⊂ノ
:            ジタバタ
:     ∩
:   ⊂⌒(  _, ,_) < 誰の手垢もついてない宝刀じゃないとヤダ…
:     `ヽ_つ ⊂ノ    
:            ヒック...ヒック...
: こういうことですか!(長い)
劉斗: ………ほほえましい奴だな、鳥越(何)
GM: こんだけ話進めておいて。
GM: ジャーム一人いるんだよな(何
: ひどいよね。(何)
劉斗: まったくですよね(何)
満月: いるんだよな(何
: これで皓君がジャームだったら
劉斗: 遠慮無く。
劉斗: まあ、誰がジャームでも遠慮無く。
GM: これで連城だと「またかよwwww」とかいってやる
: 私は1回やったしもうないだろーと思って(ry
: 鳥越さんがジャームだったら
: ……生きて帰れるかな…(何)
劉斗: でもおれジャームったら宝刀持って帰れないじゃないか…(何今更)
劉斗: その時は、宝刀を破壊すればいいですよね!(問題解決)
: 他の誰かの物になる位なら壊すタイプ、か……(何)
GM: そうですね(何
: とりあえず明日は皓君に記憶を取り戻して貰うか……(何)
: もうクライマックス入りそうだし…(何)
劉斗: 衝撃波で何とかなりませんか?(何)
: 衝撃波wwwwww
: 頭を打って!
劉斗: 皓のためだったら、高い侵蝕率を押して必殺技を撃つのも吝かではない。
劉斗: みつきちだとしても、懇切丁寧、黒服トラウマが吹き飛ぶように頑張る。
満月: (がくがくぶるがく
劉斗: レンジョイだったら、とりあえず嬉々として頑張る。
: *ノノ
: みつきちがジャームだったら、目的のために一生懸命チャリこいで来たとか可愛すぎるジャームな。(何)
劉斗: ほんとですね…(何)
満月: (うわーん・・・(何
: そこで私達が「おかしいと思ったんですよ、自転車だけでこの市に来るなんて、あり得ない!」と(ry
劉斗: 自転車を漕いだあと、すぐにココ2カレーを食べられるとか、ジャーム以外のなにものでもない!(何)
: 以上の証拠により、あなたを犯人です……(きりっ)
満月: じゃかましいわい(何
劉斗: 誰がジャームでも驚きません(こく)
劉斗: だから、素直に白状しちゃいなよYOU。
満月: (やだー (私何もしらないー(><。
: いやまて、納豆カレーを食べているななみんも怪しい
劉斗: ハッ
: あんなカレーをジャーム以外の人間が食べれるわけ…!(何)
満月: あやしいひとがおおすぎる・・・(何
劉斗: 糸引いてたしな。
: だれうまwwwwwwwwww
劉斗: つまり、ななみんが後ろから糸を引いて…!
: なるほど……(きりっ)
劉斗: まったく。まんまと騙されたぜ(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: しっかし・・・また色々と厄介な状況だなぁ・・・(何
劉斗: そう?
劉斗: シンプルだと思いますよ(きりっ)
満月: そっかー(何
劉斗: 皓を戻すのはみつきちに任せます(何
満月: いや、もう戻せないんだ・・・(何 <ロイス取得後なんで
劉斗: とはいえ、自分も皓に会う前に、みつきちとは会えそうにないし。
劉斗: なんかいい方法ないっすか?(何)
満月: こっちにあうの・・・?(何
劉斗: え、だめ?(何)
劉斗: だってまだ会ってないし(何)
満月: 実は、一応此方も神社の方は見ておきたいんすよなぁ・・・。
満月: 皓君が神社に向かうってなら同行したい、けど・・・NPCに会った後だと多分行く余裕なさげなんだよな。
劉斗: そうだねえ。
劉斗: こっちから見つけてもいいんだったら、車に乗せるよ?
満月: 下手すれば此方の行動が何らかのトリガーになりかねない。
満月: 神社に向かう時なら見つけて貰っても良いかな(何
満月: NPCに会う時はちと一人で会いたいですけども。 <ほら、☆夜ともちょっと会いたいから・・・(何
劉斗: NPCに会った直後に向かいますか?
劉斗: だったら、タイミングを見計らってもいいし。
満月: いや、今の考えでは出来ればNPC会う前の方が良いかな・・・。
満月: 皓君に聞いてみて、良いのであれば先にそっちのシーンを作ってもらった上で同行しようかなとかは。
劉斗: 皓と同行? 鳥越と同行?(何)
満月: 皓君とだよ!(何
劉斗: ぇー(めっちゃつまらなさそうな顔で(何
満月: ぇー(何

劉斗: つかこれ、シークレット項目をオープンするために、何しなくちゃいけないんだ。バトルか?(何
満月: え、マジで(何
満月: 確か何らかのダイス判定の筈だけど詳細はどうだったっけか・・・(何
劉斗: ミドルでPCに対して殴りかかるのは自由です。
劉斗: その場合1Rだけ判定しダメージ総計にて判定します。勝者はシークレットを一つ開示できます。
劉斗: これだな(何)
満月: ちょっとマジで殴り合い(何
劉斗: 殴りかかったにも関わらず、相手がシークレット持ってなかったら
劉斗: 実に残念な事態ですね…(何)
満月: ・・・そうか、逆に考えればそれで情報を渡すという方法もあるのか・・・。
劉斗: 自分でバラしてもいいんですよ?(何)
満月: 口頭でバラす場合は信憑性ないでしょ(何
劉斗: 嘘ついてたら針千本飲みます! っていえば60%くらい信用してもいい(何)
満月: あと40%(何
満月: まぁうん、皓君にロイスを結ぶのはシーン最後の方が良いと思う!とは言う(何
劉斗: 鳥越は自分の手で入手したデータしか信用しないんだよ(何)
劉斗: その前に、みつきちふるぼっこすればいいのかな?<皓ロイス取得
満月: フルボッコから離れて(何
劉斗: まあほら、応急手当キット持ってるし。
劉斗: みつきちが抵抗しなければ、そんなにダメージも与えません(キリッ)
満月: んな事したら今後の不信感が増える一方でしょ!(何
劉斗: みつきちから?
満月: うん(何
劉斗: 今更(ry
満月: (うわーん!!
劉斗: おれ、ジャームだったとしても、言うこともやることも変わらないから安心してくれていい(何)
満月: 余計性質悪いわ(何
劉斗: 今日の星占いを見ても「今日のトラブルメーカーはあなた。」と書いてある(何)
満月: それはこびとさんのですか、鳥越さんのですか(何
劉斗: 中の人…(何)
満月: (肩ぽむ
劉斗: 今晩の私は信用ならないから気をつけろ(何)

満月: そして見つけた。情報判定vs意志判定って可能性も何かあるっぽい(何 <トークでそんな話聞いたよ!(何
劉斗: そうなのかー
劉斗: 能力値10,技能5で判定するやつ?
満月: その辺りはちょっと不明っすな、明日にもう少し詳細に聞こうかなとは思いますが。
劉斗: PCに対して情報収集を挑む場合の話かのう。
満月: っぽいっすな。
満月: それでシークレットを暴けるかどうかは置いといて(何
劉斗: ノイマンだけど、ノイマンらしいこと何一つできてないからなあ…(何)
劉斗: プライズためてもしょうがないし。
劉斗: (おーっとぶっちゃけたー)
満月: 多分そろそろプライズは必要ない気はする(何
満月: (何となく埋めつつ(何
劉斗: 規定値10だっけ? そうなるともうクリアしてるじゃないか、という話に(何
劉斗: あとはジャームをころころして、宝刀を持ってかえるだけ。
劉斗: 超シンプル!
満月: いや、今回規定値やら目標値は隠匿されてますな。
劉斗: あ、そうなんwwwwww
満月: なので本当に溜まってるのか、それとももう少し掛かるのかは分からない。
劉斗: 知らなかった。もう決まってるのかと思ってた(何)
満月: そうすよ(何
劉斗: 私の知らないうちにそんな重要な情報が…(何)
満月: こびとさんがいない時に宣言してたっぽいな・・・(何 <昨日開始前
劉斗: 俺、どうやってジャームみつきちを倒そうか考えてた…(何)
劉斗: ごく自然な成り行きにみせかけて!(何)
満月: 何で決めつけるんですか(><。(何
劉斗: いやほら
劉斗: 一番あやしくないから…?(何)
満月: 一番白っぽい人が実は犯人と言う王道ケースだと・・・(何
劉斗: 空木や皓君に接触して、糸を引くという手も!(何)
満月: (ぇー (ぇー(何
劉斗: (納豆カレーどうぞ)
満月: (ねばねばー
劉斗: あと無難なところで、皓がジャームだったら、記憶云々関係なく倒してしまえる。
劉斗: 後腐れ無く。
劉斗: 皓が持っているドSブレード自体が宝刀かもしれないし――!
満月: ある意味宝刀だな・・・(何 <年代物だし
満月: うん、やはり皓君と鳥越さんの3人で会うシーンは必要だな。明日の最初にそれやってもらえるかどうか聞こう(何
劉斗: 3人で会う? 3人と会う?
満月: 3人で会う。
劉斗: 前者は危ないよと言っておく(何)
満月: 何で(何
劉斗: 皓を尋問するって、レンジョイとのシーンで言いましたよね?
満月: そう、か・・・(何
劉斗: 正確には、問い糾す、か?
満月: ただ、鳥越さんが皓君に正しいロイスを取得する事によってどういう変化があるのか、と言うのを確認しておきたいんすよな・・・。
劉斗: 此方には、皓を斬るだけの理由がある。
劉斗: 理由がなくても目的があれば斬る(何)
満月: 鳥越さんはもー(何
劉斗: 正しいロイスってのが分からないので、そこで今際の際にシークレット情報げと!
満月: そうか、即ちそこで私がカバーする流れ・・・!(何
劉斗: なるほど、それだ!(何)
満月: ロイス取得によって自分の情報は渡せれるけど、他人の情報を渡すには口頭かこの手段しか多分無いと思う。
劉斗: じゃあ次のシーンで突然皓に斬りかかるから、みつきちカバーよろしく(何)
満月: おういえ・・・(何 <力づくこえー(何
劉斗: 省エネコンボで優しくソフトに。



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: この久流さんセッションは修学旅行生+引率教師という構成に見える、年齢的に(何
劉斗: 引率教師…………(何)
七波: 鳥越せんせー(何
劉斗: 「生徒指導の鳥越だ。今から抜き打ちで持ち物検査を行う。宝刀は見つけ次第没収だ」(何)
七波: 宝刀(何
Hovさん: 高人「なんでピンポイントなんだよ」(何
七波: 各務に宝刀持ち帰ればミッション達成だからなT氏(何
劉斗: 各務にっていうか、自分の物にしたい(何)
七波: 連城さんとはどうやっても目的がカチ合いますが(何
七波: <片や各務・片やUGN
劉斗: ここは一歩引いて、各務には宝刀を持って帰らない。
劉斗: 自分が個人的に持って帰るだけで。これで文句はなかろ(何)
七波: あーあ…(何
: それって劉斗さんしか利益ないじゃないですか(何)
七波: 全員と折り合いがつくならいいですが(何
: もう好きにしたらいい。(何)
劉斗: まー、どうあがいても持って帰れそうになくなった時点で、サクッと諦めて戦闘を楽しむことにしますよ!(何)
七波: T氏が宝剣持って帰ったら高人さんに奪還依頼する(何
Hovさん: 高人「勝てるわきゃねえだろ」(何
劉斗: ななみんの依頼は宝刀の行方関係ないじゃん(何)
GM: 高人ならやってくれる。



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 鳥越さんとタイマンで交渉とか心臓が(何
劉斗: 普通に話してるのに(何)
七波: 普通に話しててもその身に漂う覇気がですね…(何
: しかし腹黒い駆け引きをしてるのって劉斗さんくらいですよな今回、多分。
七波: 連城さんも結構なもんですが(何
劉斗: 連城だけでしょ(何)
GM: え。
GM: 鳥越って「刀渡したら後々の事は面倒見てやるから俺に渡せ」ぐらいしか言ってないぞ(何
: そっか……認識間違ってましたごめんなさい(何)
七波: 残りは仲よくカレーを食べてます(何
劉斗: そうだよ。きわめて紳士的な交渉しか行っていません(何)
: 「皓先輩は記憶喪失でこうなってるので鳥越さんロイスお願いしますね」って言っただけです><
GM: 連城も「そんな鳥越に渡すなんて信用なりません」しか言ってない(何
満月: あーあ(何
: あとは「UGNにお世話になっているので各務には渡せませんよ」と断った(何)
劉斗: でも、七波ん辺りは糸を引くカレー食べているからな(何)<黒幕だけに
七波: ただの納豆カレー+フィッシュフライでしょ!(何
劉斗: レンジョイは、先のシーンで、
劉斗: どんな危険な代物で、どれだけ周囲に被害が及ぼうとも、私はUGNに刀を渡すために努力しますよ、仕事ですから(きりっ)
劉斗: と言ってくれたからな。(何)
: いや、そういうことじゃない……(何)
七波: また燃やす気か…(何
劉斗: もうそういう認識でいます(きりっ)(何)
Hovさん: すっかり定着してんな(何>認識
Hovさん: >燃やす
劉斗: 燃やせない連城は、連城としての存在意義がイケメンしか無くなってしまう。
: というか、UGN以上に各務が信用できてない。あと、UGNだと保管しきれないっていう根拠が分からん。(何)
: <情報そこまでオープンなっていない
劉斗: 大丈夫だよ、このあと失墜が動いてくれる(何)
Shinさん: 入社試験で殺し合いをやらせる企業だからな。仕方あるめえ。(何)<各務信用できない
Hovさん: 確定(何>殺し合い
劉斗: 各務は信用しなくてもいい。鳥越を信じろ(何)
: ホントどんな企業ですかと。
満月: もうひっどいな・・・(何
: 私に優しく説明してくれよ。(何)<鳥越さんを信じてもいい理由を
七波: 2026ではそんな各務に入社してるんでしょ…?(何>皓さん
: 入りたくて入った訳じゃありません(何)
劉斗: まあほら、綺麗な鳥越は偽者っぽいから、敢えてダーティーなRPに励んでいるわけです。
七波: 超爽やかな鳥越さん…か(何
: あとは普通に、皓先輩も気になるし、その辺の真実を探る意味もあってこの仕事に望んでいる、と言うたんです、お…。(何)
劉斗: じゃあ分かった、皓の事は任せてもらっていいから刀くれ(何)
劉斗: こうですねわかります。
: そこまで刀が欲しいならどうぞ持って行ってくれ。(何)
劉斗: 分かった。ちゃんと貰って帰る(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: というか失墜さんの動きが普通に分からん、何がしたいんだあの人(何
GM: 鳥越に聞けば分かるよ…(何
: ロイスを取っておけば分かる。(何)
七波: あの息を吐く用に嘘を言う人にロイスを取れと…(何
Inuさん: 嘘はそんな吐かないよ!!!!!!!!!!!!!!!!!
劉斗: 真実を隠すだけです。
Inuさん: プレイヤーの存ぜぬところで酷い誤解を受けている気がする
満月: ごか、い・・・?
劉斗: 「まぁ、僕の事は桜井誠司というといい。UGNの使いだよ」とかおっしゃっていました(何)
七波: サラッと嘘を(何
Inuさん: 3rdになって転職したのかもしれん
劉斗: ある意味使いかもしれん。
GM: 嘘じゃないよ。
GM: UGNの(利益をぶんどるために現れた)使いだよ
GM: 間違いじゃない。
七波: UGNじゃないじゃん!(何
: そもそも失墜はジャームだろ!(何)
七波: そんな行間は読み取れません(何
満月: もうだめだ(何
GM: 失墜様とよんでもらおうか
劉斗: 失墜△
Inuさん: 3rdではエンハイソラリスの可能性を計算していなかった
Inuさん: そこそこ戦える気はするけど2ndほど強くはない気がする
Jibさん: そもそも、元の失墜さんの戦闘スタイルをよく知らんな。
劉斗: 光の衣→DPエフェクト/墜ちる絶望
劉斗: ということは覚えている(何)
Inuさん: 光の衣からスターダストレインでDPエフェクトをこれでもかと打ち込んだあと
Inuさん: やっぱり光の衣から意思攻撃で何もさせずに殺す
Inuさん: そんなキャラです
Inuさん: 3rdは交渉攻撃はダメージ増えづらそうでイマイチなイメージ
: 誰かー、ぽちぱぱつれてきてー。(何)
: 支配者の因子で攻撃力-30とかそういう悪夢を(ry
劉斗: 3rdで戦闘中に意志対決できるのはソラリス(精神)だけか…?(何)
: はやくハードボイルドを…!(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: なにか言い合いしたんだお二方…(何
劉斗: 一晩中…(何)
七波: 2人とも心なしか寝不足なんですね(何
GM: なんたる青春。よく言えば(何
: *ノωノ
Jibさん: そういう言動が外堀を埋められる原因かと・・・(何 <お二方
七波: 外堀埋めても当人らにその気がないんですよ(何
劉斗: 「もう少し刀の詳細を聞きたいんだ。なるべくなら腹を割って。できなかったら切腹な」(何)
劉斗: こうですね、みつきち先生!
満月: ぇー(何
Inuさん: どっちにしろ腹が割れる
七波: ドSブレイドで切腹しろと(何
劉斗: 腹を六つに割る。
七波: それはただ鍛えてるだけじゃ(何>6つ



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 皓さんすげー(何>各務のエージェント撃退
: ちょっと僕この一週間マジで何やってたの(何)
七波: 知らぬは当人ばかりなり、的な状態?(何
: 記憶を失っている間ずいぶんやんちゃしてたようだな。(何)
Jibさん: 実は途中のカレー屋で、大食い勝負で負かしたのが各務のエージェントでした(マテ
七波: 何してるん皓さん(何>カレー屋
Inuさん: ついに殺っちまったな……皓……
: 失墜のエンハイ偽造能力のせいだよって罪をなすりつけておくといい。(何)
: <皓っぽい人が各務エージェント撃退
Inuさん: てめー
Inuさん: 工作員で連城の銀行口座
Inuさん: 凍結するぞ
: やめてくださいwwwwwwwwww
七波: ひでえ(何
Inuさん: FHの総力を挙げて嫌がらせ
: 74円しかないんです!
七波: なら凍結されても痛くないじゃないですか(何
Inuさん: じゃあ
Inuさん: 戸籍がれんじょう いじり
Inuさん: って改竄されてるとか
: これはひどい
Inuさん: 低レベルだけど恐ろしい嫌がらせだ
: なんて恐ろしい子だろう



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 何この表の修羅場…(何
: 35ダメージなら僕生きてたのに……!
: (ごめんね満月さん……!)
満月: いや、実は此方的にはこれで良いんだ。
: そうなので……?
満月: これで確実に鳥越さんに情報を渡す!
七波: なんという情報の渡し方…(何
満月: 軽く卑怯技っすけどもね・・・。 <故意的なカバーリングによる情報渡し
: ああ、そっか。負けたから劉斗さんに満月さんの情報が渡るのか……
満月: まぁ、鳥越さん側でも推測は経ってたでしょうけどもな。 確実な手段、となるとこれが一番早い。
: これもう皓満月フラグたったんじゃないすかね。(何)
: <一緒の宿でお泊まり→一晩語り合う仲に発展→鳥越さんからの攻撃を庇ってカバーリング
劉斗: フラグが立ったな、おめでとう(何)
GM: あーあ…(何
七波: 「庇って」が「狙って」に見えた、なんて腹黒と思ってしまった(何
: あなたこのセッションに毒されすぎよ、と思ったが間違いでもなさそうだな。(何)
七波: 応急手当キットは2d10の回復だった気がするんですみつきちさん(何
満月: ・・・・・・(何
七波: 半分だけ使ったんですね分かります(何
満月: まぁ、ともあれこれで皓君に対する一番重要な正しい情報を鳥越さんに渡す事が出来た(きりっ
七波: 策士ですね(何
満月: (鳥越先生おねがいします!(><
GM: ここで期待を裏切らず
GM: 憎悪とかとるんだよな。
七波: あーあ……(何
満月: るらぎったな、よしジャームだ(何
: そこは純愛だろ。(何)
七波: 鳥越さんに、純愛……?(何
GM: このシーンがいたたまれない三角関係になりますが宜しければ(何
劉斗: なんでだよ(何)
GM: この状態なら「庇われて情けない奴め。だがそれがいい」とか意味不明な感情だろ…(何<純愛



*** / MiddlePhase

(本文)

: しかし自分じゃない自分がこの数日何をやっていたのかさっぱりだな……(うぐぐ)
Inuさん: 道行くうら若き女性に「お嬢さん僕と一緒に剣道をやりませんか(キラッ」と声をかけていた<ここ数日
: そうなのか(何) <ここ数日の行動
七波: 皓さんナンパしてたのか(何
: 全く記憶にありません(何) <ナンパ
七波: 散々な結果だから記憶から抹殺したんじゃ(何
Shinさん: 道行くたくましき青年に「お兄さん僕と一緒に剣道をやりませんか(キラッ」と声をかけていた<ここ数日
Inuさん: ウホッ
: 何で野郎に(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: (皓君の独白タイム)(正座)
劉斗: しゃべってくれたら情報収集の手間が省ける(何)
満月: (正座
GM: まー。もう犯人(ジャーム)わかったよな(何
満月: え、わかんねぇよ(何
七波: 蚊帳の外で全く分かりません(何
GM: わかれよ(何)
GM: パッションで(何
満月: ぇー・・・(何
劉斗: 情熱に足りない私には分からない。誰に憑いてるんだ、皓か!?(何)
Inuさん: あれだろ
Inuさん: リザレクトできずに死んだら
Inuさん: そいつがジャームだ
満月: はっ。
満月: つまり私は外れる!(何
七波: ひどい識別法…(何
満月: (俺ちょお安全!(何
劉斗: 最後のリザとか(何)
GM: リザレクトという名の高速再生とかだろ(何
満月: 落ちつけよ(何
: これはひどい。(何)
七波: 皓さんも何かこの告白で外れたっぽいし、残り3分の1…?(何
: ……
: つまり責任を感じて各務に入れとかそういう(ry < 「謝罪の言葉は要らん。行動で示せ」
GM: 「俺の元に来い」(力強く)
GM: こうだろ。
: 「俺の元に(刀2本そろえて)来い」
劉斗: それだ



*** / MiddlePhase

(本文)

: 蓮杖さんには会いたいな。あと火渡真司にも。まぁこの人は追う気ではいる。
: 連城さん、ね……
: ちゃんと「れんじょう」で変換して下さってありがとうございます。(何)<れん+しろで変換している私
Inuさん: お前は登録しとけやwwwwwwwwwwww
: 時々連白になって困る困る
: 全くですよ! <ぎわさんは登録しておけ
満月: 蓮杖
満月: 駄目だった(何
: 何時も出ないので
: 今登録しました(何) <れんじょう=連城
七波: 僕は「れんじょう」で一発変換ですよ(何>連城
: ありがとうございます(きりっ)
Inuさん: これだから苗字と名前が一発変換できないやつは
劉斗: 私もATOK入れ直した時点で連城。
劉斗: 二番目の変換は、恋情。
劉斗: 縁遠いものを並べた罪作りなATOKだ…(何)<連城→恋情
: 縁遠いな…(何)
Inuさん: 連声
Inuさん: 惜しい
: 連声も良く間違えてるな……
: ってぇか連城って普通に出るものだと思っていたので
: 今の今まで登録してなかったっぽい。 <普段は「聖さん」呼び
満月: 「満月」の事を「まんげつ」で変換してたらオフでもまんげつ読みが真っ先にくる私が通りますよ・・・(何
満月: <俺何度言い間違えたか・・・
: あるある…(何)<まんげつ
: 満月さんは登録した。
劉斗: 満月と、みつきち、というのは理解できるけど、正しい読み方を思い出そうとすると霞がかる(何)
満月: あと星夜に関しても「せいや」より「ほしや」呼びが真っ先に・・・(何
満月: ちゃんと正しい名前で直ぐに呼べるのが冴てんてーくらいで困る・・・(何
: 私のパソコンの辞書はダメなんですよ…(パソコン変えてから登録してない)(何)
劉斗: ぎわさんのパソコンは、皓君が好きすぎて駄目だ(何)
: 高校生すら皓皓性になるハイスペック
: ひど(何)
: どんだけ私を皓色に染めたいんですか><
七波: 通常の文章でも「こう」が「皓」と変換される程度に侵蝕されてます(何
七波: <MyPC
: 何で皆してそんな侵食されてるの(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: 鳥越さん、此方にロイス結びます?
劉斗: ああ、そっか。忘れていたな。
劉斗: ジャームになったみつきちにロイスを取得して暴くのも楽しいかなって思ったんですが(何)
七波: え、確定?(何
満月: 勝手にじゃーむにしないでください(><。(何
劉斗: 後ロイス取得してないのがみつきちだけなんで、暴ける余地が他にないという理由…(何)
満月: そう言えばそうだな・・・(何
: みつきちがジャームだったら、みつきちの背後を取って抱き締める事ができないじゃないですか。(何)
七波: 暴いた後に追加されたら分からんスけどな(何
: 聖さんのシークレットを取っておくべきだったなと今更後悔……
劉斗: えっ
劉斗: レンジョイに斬りかかって情報ゲットする攻め皓君…!
劉斗: <シークレット
: やだなにそれ惚れる
満月: (*ノノ
七波: 皓さんが乱暴に…(何
: そうかその手が(何)
: 待つんだ
: 私は火渡を知らない。(何)
七波: 同じく。(何
劉斗: 誰か教えてあげて!(何)
: そして切りかかる訳ですね
: 分かります
劉斗: シークレットよこせー(ずばー)
七波: 不意打ちでたたっ斬ると…(何
: キィィッ、装甲無視出来るからっていい気にならないで下さい先輩!っていって応戦する。(何)
Inuさん: こんにちは! 死ねぇ!
: もうそんなことはしないよ!
: もうwwwwww
Inuさん: もう
: 僕じゃない僕がいた時はやったかもしれない!(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

: 皓先輩が神社に行ったら襲撃があったらしく炎が燃えてて、神主さんを死んでいる所を見つけたらしい先輩が警察に連行されて、
: その後迎えにいったらまた路地裏で死体と一緒に居る所を見て
: 加えてUGNエージェントを殴り飛ばしている皓先輩を
: 信じてま……あれ……?(何)
: ………………(何) <信じる?
七波: それホントに信じてますか(何
Inuさん: 明らかに犯人wwwwwwwwwww
: あなたを犯人です
: どう見ても犯人ですよな、連城さんが認識してる状態って(何)
: でもロイス感情■P信頼で、信じてますよ(キリッ)(後ろ手にN:猜疑心を隠しながら)
: (うわーん)
七波: 僕はただドSブレイドのお祓いに来たんだなーと思ってる(何
: …………(押し黙る)
: <お祓い目的
満月: 解除されたからな・・・(何 (ちょっと教えなさいよ(><。
: (据わった眼)
七波: arcanum云々の熱い告白とか一切聞いてないから(何
満月: (こー君がこわいよぅ(><。
劉斗: ドSブレイドのお祓いに来たんじゃないんだな?
劉斗: じゃあちょっとそのシークレットを渡してもらおうか、皓(刀構え)
: ひっ
七波: あーあ…(何
: さっき話しましたよ!
劉斗: 言えない理由だったら、こっちで勝手にねつ造するぞ。皓の弟が(ry
: 弟って誰(何)
七波: 失墜さんの力を借りて捏造するのか(何
Inuさん: 何でも失墜のせいにしないように
: 今回に限っては失墜の所為もある(何)
満月: 陽君の事でしょ(何 <弟的?
: 失墜さんの一言如何では僕はarcanumの一員にされてたかもしれないんだよ!? いや今も危険だけどもさぁ!? <試験受けさせられてた
: プレイヤーの知らない所で暗躍する失墜
Inuさん: キャンペーン始めたのあなたでしょうにwwwwwwwwww
: キャンペ離れてからのarcanumについては僕は知らないよ! <始めたのは僕ですが!



*** / MiddlePhase

(本文)

: 梨花ちゃんっぽいよみなみん!(何)
: みなみさん結構凄い子だな……
七波: さすがみつきちさんの友達(何
: 何かすごい野性的な巫女様ですね……
: 何か軽い巫女様だな……この境遇に置いて胆が据わってるというか。
: 神主さんって結局死亡でしたっけ?
七波: 失墜さん談では死亡ですな
劉斗: 此方の情報では死亡との事で。
GM: 桜井誠司さん情報で死亡してるよ。
Inuさん: 皓が手にかけたという
: かけてない。
: 遺言を聞いただけだ。
Inuさん: 何その
Inuさん: 信用できない風味
劉斗: 言い残したいことがあれば(ry
: ……もしかしたら遺言じゃなかったかもしれないけども(何)
: ”謎の女”「生存者は神主を含めて数名。目撃者は…津嶋君らしいわね。その線からでも探してみてくれる?」
: っていうのを私は聞いたな
劉斗: おや、矛盾?
: ですよな。だからどっちなのかなと。 <生きてるの?死んでるの?
: 連城情報だと、生きてることになるな
: 僕が通報した時は生きてたはず。
: その後お亡くなりだったら解りません……
満月: うん、今回結構情報がこんがらがって、幾つかの矛盾が起きてる。
GM: だから「桜井誠司さん情報では死んでるよ」
: 桜井さん情報を信じるかこっちを信じるか。(何)
: つまり信用するなと。
GM: しろよ(何
: あーでも失墜さんは基本嘘はつかないんですよな。
Inuさん: 嘘はすぐバレる
Inuさん: それなら真実を部分的に教えて
Inuさん: 誘導した方がいい
劉斗: 神主が委譲されたとか。
劉斗: 先代は死んだけど、今代の神主は生きている。というのであれば矛盾はしない。
Inuさん: シュレディンガーの神主
: まさにそれをやりましたな今回。 <「僕はUGNの(取得物を狙う)関係者だ」とかなんとか。
GM: まー。神主に関していうとOPの時点では生存 →ミドル(意識不明の重症)です。
GM: 情報判定の余地とかどうこうより行けばわかるし、一報すれば皓は知ってるだろうと思うので割愛。
満月: 生きてはいる、か・・・。とは言え話は聞けそうにない。
GM: 「死んだ(ようなものだよ)」です。
劉斗: 神主が皓に殺されそうになった情報は知らないな…(違)
劉斗: これだから失墜は!(何)
: 確かに救急車を呼んだ手前、僕に連絡ぐらいはきそうかな……ってだから僕は手をかけてない(何)
劉斗: まあ、どうでもいいけど(何)
: よくないわ(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

: しかし少なくとも僕はUGNと各務の人はぶん殴ったんだよな……下手すればそれ以外にも……
満月: 本当にUGNの人ぶん殴ったのかな・・・(何
劉斗: 各組織ふるぼっこです。
: 私にはそういう報告が来ている。(何)
: 誰をノしたんでしょうか僕(何) <UGNエージェント
: ……(何)<誰
GM: ぽちぱぱとしりゅーさんと冴先生な。
: うん(何)
: 3人も(何) <ノした人
: 皓先輩強すぎだろ…と思いながら追い掛けて来ました(何)
劉斗: これだから範囲攻撃持ちは!(何)
: 僕このまま黒巣に戻れるのかな……(とほひめ)
: 大丈夫だって!
: 皓君のことは誰よりも信じてるよ だから私にだけは本当の事を話して欲しい。(何)
GM: そして明良の追跡を振り切って逃亡しました。
劉斗: 狩人から逃げ延びた、だと…(何)
: 皓△
: ちょ、敵に回しまくり!?
: <黒巣支部所属の方々
Inuさん: デアフライシュツ(微妙)
: デアフライシュッツ(笑)
劉斗: デアフライシュッツが無いから逃げられた。
: かっぱえびせんをバラまかれて逃げられました
Inuさん: なるほど
Inuさん: こうして2026へ繋がるわけですね
: 各務の人もノしたらしいですが(何)
七波: せーらさんとかノしたんじゃないの?(何
: それ死亡フラグ(何) <せーらさん
: そんなことされたら、もうwktkしながら抱いて!とか言いかねませんよ(何)
劉斗: せーらさんのヒールで踏みつぶされても追跡から逃れた。
Inuさん: もう
Inuさん: 皓がラスボスにしか思えない件
Inuさん: <外から聞いていると
: もう皓がボスでいいよね
: ど、どうしてかな……?(汗)
Inuさん: クライマックスは
Inuさん: 鏡に映った自分が血まみれなことに気づいた皓
Inuさん: ということでお願いします
: えええええ(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: 皓君無双によってズタボロになった冴てんてーに迎えに来させるみつきち。
七波: あーあ……(何
GM: 非道だな(何
: 関わりあるっぽいですよね、僕にノされた点で(何) <冴せんせー
: 満月△
七波: 冴せんせーが☆夜せんせーのチャリだけ置いてとっとと帰るとか妄想がよぎった(何
満月: いや、だって此処で唐突に知らないUGNの人が迎えに来ても困るやん(何 <その人と私どう言う繋がり的な
: 唐突に顔の知れてない火渡さんが善人エージェントぶって来られたらアウト(何)
満月: そうなると、此方としても信頼がおけて兄者が安心しそうなのは冴てんてーとか四季守てんてーとかしかいない。
GM: 桜井誠司「じゃあ僕が連れて帰るから」<UGNの人
七波: 失墜さんが連れて帰るとか嫌な予感しかしない(何
Inuさん: 大事に扱うよ!
Inuさん: (利用価値がある間は)
: せいぜい人質にとって
: 命乞いをさせておくとかそういう
七波: ☆夜先生にこの事件における利用価値、あるの…?(何
GM: ある意味あるかな。うん。これはまぢ。
満月: 利用価値と言うか、下手をすると拙いものを見てる可能性がある。 <☆夜
満月: その件で、正直狙われてる可能性が高い。
七波: そういえばゴーレム(仮)を見たんでしたっけ。
劉斗: ラピュタのゴーレムだな。
GM: ラピュタゴーレムらしくあつかってやろうか(何
: Eの一文字を消して倒さないと
: それ周囲が燃えるから! <ラピュタゴーレム



*** / MiddlePhase

(本文)

: 星夜「…何か俺が不審のように思われているな。まぁいいさ」
: そんな世間の往来で縛られてたっぽい半裸の女の子に縋られた時点で
: (ry
満月: (ry
劉斗: (ry
劉斗: ☆夜▽
七波: ☆夜先生の評判が落ちてるな、☆夜先生は寧ろいいことしたのに(何
劉斗: おかわいそうに…。
: 可哀相に(ほろ)
満月: まぁ正直、GMが星夜を今回登場させてその上でロイスは持ってても良い、と言う位だから何らかで関わりがあるだろうなとは目星つけてたさ・・・(何



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: ぬお?>斜め
: 部屋の壁が斜めにずれるwwwwwww
劉斗: 斬られた。
: やっぱり失墜さんの言葉は(完全に)信用しちゃ……おおぅ!?
: 石川五右衛門…!
劉斗: だからあれほど壁をこんにゃくで作っておけと。
: やっぱり拉致かなぁ(汗)
七波: 皓さんと鳥越さんでも同じようなことできそうですよね…(何>壁を斜めに斬る
劉斗: 太刀筋的には皓が適任かと。装甲無視だし(何)
: 鳥越さんはともかく僕は無理(何)
: 譲り合いの精神
七波: 嫌な譲り合いですけどな(何
劉斗: 言っておくけど火力は皓の方が断然高いんだよ?(何)
: そうでしたっけ……?
Inuさん: 鳥越は
Inuさん: マルチウェポン+炎の剣頼りだったからな!
: でも一発だけの筈。
満月: やばいな、火渡さんかもしれん・・・。
七波: 素で鳥越さんかと思った(何>眼鏡〜
劉斗: フィールドワークでは眼鏡かけてません!(何)
: 黒曜の騎士(何)
: 剣の11番。
劉斗: 斧使って攻撃するんだっけ…?
劉斗: <SS的に
満月: 成る程、こいつが…………剣じゃ無いじゃん!(何 <斧
: 比喩だったか…(何)
劉斗: お気づきでしょうか。
劉斗: 鳥越は嘘もついてないし、本当の事もたいして隠してないということを……(何
劉斗: だから、トラストミー!(何)
: 目的Bは
: ロックすべきだったな
: 乙!(何)
劉斗: ハンドアウトでモロバレだしな…(何)<情報B
Inuさん: 日ごろの行いって
Inuさん: 大事ですよね
劉斗: いつも誠実に行動しているのに。
Inuさん: (欲望に)
Inuさん: ほら失墜なんて名前に誠実の誠が入ってますよ。名は体をあらわす。
: 誠実に失墜させるんですね、分かります
劉斗: 「誠実の誠が2つも入っているのに、裏切った名前だな」と言われていた友人がいます。
: しかし皓のモテっぷりは半端ないな。(何)
: <試験したいの!
劉斗: どの札の継承なのだろうか。
劉斗: (太陽札をぶらぶらさせつつ)
: やっぱ太陽なのかなぁ?



*** / MiddlePhase

(本文)

: きたwwwwwww
: ここは俺に任せて先に行け!
: 自然に出た言葉だったんですが(何) <此処は任せて先に行け
七波: ええー(何>自然
: 狙った気は全くない。
七波: 自然にそういう台詞が出るって羨ましいな(何
劉斗: そこで真剣白刃取り。
満月: これは触ったらやばい予感(何 <かたーな
七波: 絶対何か変なものが憑いてるよね…(何
GM: さて。
GM: このシーンは
GM: みつきちがSPです。
満月: ・・・・・・私が去ればシーンは終わる・・・か。
GM: 逃げないと皓君の行く末は知りません(何
満月: おういえ(何
GM: おれは遠慮なくソラリスの(ry)使用させてもらおう…(何
: また洗脳される(何)
満月: まって、それは私がシーンを出なければ、で良いんだよね?(何 <私がシーンからでれば使用しないよね!?(何
GM: しないよ…?(何
満月: よ、よしシーンから出る!皓君たちも適当なところで逃げてね!(何
: ご、ごめんね……!
GM: 出ないで殴るなら
GM: おれはミドル戦闘というよ…(何
満月: 逃げる逃げる、3vs2とは言え此方にはみなみさんを護る必要もあるから普通に辛い(何 <戦闘
七波: みつきちさんもみなみさんをちゃんと守ってな!(何
: でもこのシーン外で何があったのかというと
: やっぱりやられてても文句言えないよねとは思う。現状況では。
: てぇか微妙にピンチだな僕。色々な意味で。
満月: ピンチだな(何
満月: そう言う意味では、何気に私もピンチの可能性があるんだがな・・・(何
劉斗: どう転んでも危険だな。
: まぁこのシーンでこの後どうなったかはGMさんにお任せする……
満月: とりあえず洗脳だけはまじやめてね!(何 <収集つけねぇよ!(何
七波: 皓さんに何かあると、必然的に七波も無事では済まないんですよな(何
: せめて七波さんは見逃してあげてGM!
七波: また皓さんが同じことになったらホントにアウトっぽいよ!?(何



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 部屋があんなことなって、みつきちさん宿どーするのん?(何
劉斗: 弁償モンだな(何)
: UGNに頼ればいいのよ!(囁く)
満月: 本気で如何しよう、助けて天城さん!(何
GM: 請求書な(何
満月: (うわーん!!(何
劉斗: UGNに頼って請求書か。乙(何)
七波: 連城さんが自腹を(何
: 自腹は無理wwwwwwwwww
七波: 壁斬れてる時点で弁償代は半端ないですよな(何
: あやなんの出張費くらいで済めばいいが。(何)
七波: それで済むなら格安ですね(何
劉斗: 各務を頼るなら、俺のポケットマネーで修繕費を出してもいい。(何)
満月: (やだー (黒い人やだー(><。(何
七波: みつきちさん個人のコネでモルフェウス呼び出すならもっと安くつくかもしれないが(何
満月: た、助けて亮君!(何
七波: 亮さんが治したら壁に妙な歪みが出そうで(何
劉斗: 苦手でしたよね…(何)
七波: でしたよね…?(何
満月: ですよね・・・(何
: ※急募 資格:モルフェウスのオーヴァード UGN支部に所属して、建物を治すだけの簡単なお仕事!
: こういう張り紙を張ったらいい…(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

: 57%、と。(めもんちょ)
七波: 44%です(何
満月: 私76%なんですが一体どうなってるの・・・(何 <何この差
: 僕65%。
GM: みつきちがヒロインになっている件について
: みつきちさすがだな
七波: T氏に1回たたっ斬られたから…(何>76%
: ヒロインでいいじゃない!
満月: あれー・・・(何 <ヒロイン
GM: 連城が男前になっている件
: それは鳥越さんと皓君でいいじゃない
劉斗: それは鳥越さんと皓君でいいじゃない(ヒロインが)   に見えた(何)
: 僕らヒロインですか(何)
: そういえば男って僕と劉斗さんだけなんですよね今回。
: 意外だった(何)
七波: みつきちさんを神輿に乗せて祭り上げようぜ(何
満月: (おろちて (おろちてー(><。



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: これは重要なこと言っておくな。
GM: 2/3は経過してるのでもう少ししたら固定イベントを起こすね。
: おおう……
: 大事wwwwww
劉斗: はーい
七波: はーい
: なんですか
満月: それは大事だな・・・(何 (了解すの
: 市が火の海になるとかそういう
: タイムリミットが近づいてるんだろうな……
GM: 重要な事でもないが
GM: 別に街中が火の海になって
GM: 空木市崩壊しても目的達成していればその人はクリアな…(何
七波: 連城さん何してん…(何>火の海
満月: 落ちつけよ(何 <崩壊してもとか
七波: 崩壊してクリアできる人…いるか(何
: 満月さんはこのまま逃げ切ればある意味クリアじゃね?
七波: 街一つ消えても友人を守り通せばミッションコンプリートか(何
劉斗: ジャーム化しなければミッションクリアですね。<みつきち
満月: ある意味クリアはうん、確かにな・・・(何
GM: つーか。みもりさんも
GM: 全員ぶち倒して王になれば「平穏無事に」になるよ・・・(何
七波: そんな馬鹿な(何>全員ぶち倒して
: 僕ら騒動の元と看做されてるしそれ(何)
七波: 確かに混乱はしないけどさ…(何
劉斗: 元から絶つ、ですね分かります(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 確認だが。誰がシーンプレイヤーで誰と誰を呼ぶか、は決めてつかーさい。
: 正直あの後どうなったか次第な気分なんですがー……(汗)
GM: ん。
GM: ああ。リザレクトするほどでもない軽症お互いに与えて逃げたよ。
満月: そ、それなら良かった!(何
: おう。痛み分けのみで済んだのですな。了解です。
七波: 理解しました
: 此処は聖さんがSPやればいいと思います。
: じゃあ私がSP貰おうかな。
七波: 前回連城さん出番なかったですしな
: とりあえず皓君と鳥越さんを呼んだらいいのかしら。
GM: ほいほい。どこに呼ぶの。某高級ホテル?(何
: 呼ばれるなら出ます。
七波: 何処か高いところに仁王立ちして2人を見下ろす連城さんが浮かんだ(何
七波: <呼び出す
劉斗: 聖’sスイートルームへ(何)
: わかったわかったナイトガウンにブランデーを持ち夜景を見下ろして猫をなでながら。(何)
七波: 誰かのツテて高級ホテルへ!(何
七波: 連城さん・鳥越さん・僕は背後的に高級ホテルにいると思う(何
: うん、ホテルおいでよ…?(何)
劉斗: (にゃーん)
GM: ……じゃあそれで…(何
七波: じゃあ面会求めてみる、多分ツテで聞いたんだろう(何
満月: ごごご御免ね皓君ホテル潰されちゃって!(><。(何
: ……そうか、僕ねぐらない(何)
: だ、誰か部屋をおねがいします!?
GM: 暖かな塒を求めて新たに夜の街に消える皓。
満月: 夜の街、だと・・・(*ノノ(何
: *ノノ
: 満月さんは何を考えた(何)
満月: (みー? (なんのことー?(何
: ホテルの割り当てられた自分の部屋に、えーと呼びだした感じでいいのかな。(何)
: もしくは向こうから連絡来る→宿ないとかwwwwとりあえずこっちドゾーみたいな
GM: ほいー。
: 尋問を受けに行きます(何)
: 多分そんな感じだろうし…… <お前しゃべろや
: というか
: 皆誰にたいしても同じ想い抱いていると思うよ!(何)
: <お前ちょっと情報よこせや
七波: すごい腹の探りあいだよね!(何
満月: まぁな・・・(何
: まぁそうかも(何)
GM: みんなおれをしんじろ。と言い合えよ(何
劉斗: OPの出来事を教えて欲しい(何)
: (キリッ)
: まあそんな感じでいこう
: 満月さんのOPですね(何) <教えて欲しい
満月: 黒歴史OPらめぇぇぇぇ(何 <自転車でちゃりことか
GM: なんつーか自分のシークレットは自分では口頭でしゃべらないといけないから
GM: 普段の信用度の問題だよな(何
七波: 皓さんの普段の信用度は高い気がする(何
: 信じてください!
GM: ・・・(何



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: ふー、相変わらず腹の探り合いだな…(何>ロシアン
: 腹の探り合いが上手くない連中による腹の探り合いとか
: 泥沼状態だよ!(何)
満月: 困りましたね・・・(何
: 全くだよ(何) <腹が探れない面々
七波: 5人中4人が高校生だよね!(何
七波: 連城さんと鳥越さんはそこそこ慣れてる気がする(何>腹の探り合い
: 待て誤解だ。(何)
Hovさん: あーあ(何
満月: イケメン聖さんなら仕方ない(きりっ
劉斗: いや、仲の悪い親と腹の探り合いしてたんじゃないかな、レンジョイ(何)
劉斗: だから慣れている。
: ガチで仲が悪そうで困る(何)<両親
Inuさん: 両親は……
Inuさん: 連城が燃やした
: 聖さん……!
: な
: 未来日記のヤンデレみたいな
: そんな展開になってしまう



*** / MiddlePhase

(本文)

: 炎上(何)
劉斗: レンジョイ、抜け駆けてホテルを燃やすだなんて…!
満月: 聖さんひどいです(><。(何
七波: というか炎上する要因……サラマン的に行けば(皓さん見る(何
: (目を逸らす)
七波: 双方痛み分けに終わった要因はそれか(何>連城さんがホテル燃やす
: わかったわかたt
: これから毎日家を焼こうぜ?(何)
満月: もちつけ(何
: (ジュラル星人風に)
Mao: チャージマンネタ分かる人いるのか
Inuさん: 今度と言う今度は許さないぞジュラル星人
Yugさん: 22:41 (mitsuki): もち焼け(何
満月: (砂糖醤油と海苔のコンボうめー
満月: ちなみに今日の夜は力うどんでした(きりっ(何
七波: モチ(何
Yugさん: もう食べてたか(何
劉斗: (ぺったんぺったん)
Hovさん: もち(何
満月: (白モチさんも一緒に (ぺったんぺったん



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: 皓さん疑われてる…?(何>皓さんならできる
: ちょま、誤解(何) <表
: すっごく和美さんに敵視されてる……!?
満月: 皓君ったらもー・・・(何
: UGN側の情報が尽く皓君の都合の悪い様に規制されてるんじゃとしか…(何)
: 全くだよ……(うつろ)
: FHとかが頑張ってるんですよ!ほら、札にきやすいように!(何)
劉斗: 皓君をFHに勧誘すれば、戦力アップですからね!(何)
七波: ここに一堂に介してる頃、みつきちさん何してんだろうな(何
満月: 安全だと確認出来るまで何処かに身を潜めてる可能性が高いんじゃないかな・・・(何
七波: 流石に「カレーうめー」とはやってないか…(何
満月: それでも良いが(何 <お腹減っては戦出来ぬ
: えー(何)
七波: そしてカレー屋入ったら帰った筈の☆夜先生がとか(何
満月: もう駄目だあの兄者(何
七波: 「料金はあっち(みつきちさん)に付けといて」とか言ってクールに出て行きそう(何
満月: 学生の妹にたかるなよ(何
Jibさん: UGNの報酬を家の口座に入れたら、☆夜に使われてたり(何
劉斗: 27円しか残らないのか…。
満月: 何処のつかちゃんだよ(何
七波: ゲーム買い漁って残りが27円か・・・(何
劉斗: ☆夜「お前のためにもう一つゲーム買っといてやったからな! 後でアイテムで返してもらう(キリッ)」
七波: あーあ…(何
満月: (限定配布の筈のビクティニイベントが既にこなされてて、しかも通信交換に出されてるだと・・・(何



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: さて、メンテナンス業者を装って窓から入るか(何
満月: 普通に入りなさいよ(何
: 呼ばれたみたいなのでそろそろ出ますか(ごそ)
: 煤けてくればいいよね(何)
劉斗: いいですね(何)
七波: メンテ業者が火渡だったら途端にこのホテルが火事になりますが(何
満月: 何で皆そんなに火事が好きなの(何
七波: PCのサラマン率60%だから?(何
Inuさん: もっと燃えるがいいや!
満月: もっと熱くなれよ!
Jibさん: ヨハンくんでも呼びますか(マテ
劉斗: 私は何時出ればいいのだろうか(何)<風呂に入ってる二人の部屋
: え、じゃ、じゃぁ風呂借りていいかな!?
: 風呂wwwwwwww
: どうぞ!(何)
GM: 借りていいんじゃね…(何
劉斗: じゃ皓君が風呂に入っている間に部屋に来ればいいのかな。
: 僕が入ってる間に聖さんと劉斗さんが話してればいいかなって。
劉斗: 「皓は?」「シャワー浴びています」「…………」
: wwwwwwwww
: ……
満月: (*ノノ
: 何かやばいなそれ(何)
GM: ……(何
劉斗: 「改めてまた来よう」がちゃ(何)
: 「え、ちょ、鳥越さんもどうですか?」
: とかいうと
: また別ルートに(ry
Inuさん: 大人の怪談のーぼるー
七波: 全員で風呂に入って語り合うのか(何
GM: いいからシャワー浴びるなら借りろよ(何
七波: 実は先にシャワーを借りてるとかよぎった(何>T氏
劉斗: ないよwwwww
: それはそれで凄い絵だ(笑)
七波: 何か妄想が変な方向に暴走してるよ!(何
: でも普通聞きますよね(何)
: <何処行った
七波: そういう誤解招いてもちょっと仕方ない状況ですよね(何
: まぁ普通はね(何)
満月: 太陽は罪な奴・・・(何
: 何でこうなった(何)
GM: 学生の合宿所みたいになっている現実(何
Jibさん: ・・・・・・今回ロシアンルーレットなのに、なんでこんなにほのぼのしてるの(何
Jibさん: むしろ何故みつきちもここに出ないのかと(何
満月: 厄介な状況になってるからな・・・(何 <出ない?



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: これからは聞く耳モードに入りますので、皓君は身の潔白を証明しなくてもいいから、ありのままに話してください(何)
GM: 信じている。だから話せ。
GM: 信じてねぇよ(何
満月: (後で私にも教えてね!(何
: ついカッとなって奪って追ってくるもの皆切り捨てた
GM: この出るタイミングを失ったみつきちに愛の手をくれてやってください(何
: みつきちはみなみんを守ってくれている任務の方がだいじだよ!(何)

: 「でも、いつの間にかじゃない。僕自身が、あの神社から奪ったんです。これを」
: 皓君が犯人!(何)
劉斗: 自白しちゃった(何)
満月: 犯人は貴方です、か・・・(何
: 実はそうなんです……
: <剣強奪犯
劉斗: そして各務や神代のエージェントをなぎ倒したのですね。
劉斗: 神社から剣を奪われまいと!
満月: 他の刀に目移りするとか、ドSブレイドに怒られますよ!(><(何
劉斗: 枕元にあったとかいうのも、嘘だったんですか皓君!(何)
: 実はそれが解らない。
劉斗: じゃあその辺kwsk!
: 奪ったのは僕なんですが。どのタイミングで各組織をぶちのめしたのかはホントに解りません。
: 皓君がした事:UGNと各務と神城のエージェントなぎ倒した 刀奪った
劉斗: んと、時間軸を分かりやすく説明していただければと。意識がある物と無いものと。
: 言ってしまえば総てがありません。 <意識があるかないか
: 「エキストラが、僕の邪魔をするなっ!」っていって宣言だけでばっさばっさ倒したんですよね分かります(何)
満月: と言うか本当にUGNのエージェントも打倒してたん・・・(何 <ちょっと天城さん!(何
七波: 冴せんせーの眼鏡を叩き割ったと(何
: (携帯も叩き割っておきますね)
満月: (泣きっ面に蜂、だと・・・(何
GM: してるっつたろ(何
劉斗: 冴てんてーの戦闘力がマイナスになってしまうからやめて!(何)<眼鏡破壊
満月: そうか・・・(何 <何かその辺りの時間軸があやふやなんだが(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: つまり
: 皓君は鳥越さんからロイスを友情で取られた為に
: 目標が変わってしまった、と。(何)
満月: だな・・・(何
七波: あーあ……(何
: うん(何)
: <そのまま記憶喪失のままクライマックス終われば目標クリアー!
: よかった!阻止してやった!(キリッ)
GM: あーあ(何
劉斗: 阻止なのか(何)
: なのか…?(何)
GM: 変な話だが。皆の目標については落としどころさえ考えれば全員達成は出来る(何
劉斗: うん。
劉斗: 二振り、という事に気づいて、そんな可能性を見いだすことができました。
GM: えーと。これは鳥越さんの持ってきたパンフレットにも書いてあるんだが。
: 二振りってことは僕知ってた様だなどうも……
劉斗: とりあえず刀を見せろよYOU(何)<パンフと比較したい
: 私の情報と鳥越さんの情報の差の理由は、それか……(何)<刀の効果私の知ってるのと違うよ!?
七波: 鳥越先生の鑑定が入ります(何
劉斗: 「いい仕事してますね〜」
: オープンザプライス!
満月: 懐かしいな・・・(何
七波: 10円!(何
劉斗: じゃあ俺、貰っていきますね(10円玉ぽい)(何)
劉斗: どっちかがどっちかなんだろう(何)<刀の効果
: 効果?
: 皆話し終わったら言うわ…(何)
: それ知らないな……劉斗さんからの情報にありましたっけ?
劉斗: 自分の固有の情報ではなく、他の人のロイス取得で判明したことですな。
満月: ややこしい事になってきたなもう(何
GM: みつきちが
GM: コナンばりの推理でなぎ倒せばいいじゃない(何
満月: 無理無茶言うなよ(何
Inuさん: ペロッ
Inuさん: これは青酸カリ
GM: ソラリスが無ければあぶないところだった
満月: 脳内中和剤ですね、分かります。
七波: 今回ソラリス誰もいないですね(何
満月: サラマンが多すぎるんだよ(何
七波: サラマン率60%(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: よし、私どさくさにまぎれて水守にロイス取るわ。(何)
七波: 僕もどさくさにまぎれて(ry(何
GM: ほんとうにどさくさだな(何
: 口頭で説明って言うのは大変でしょうから…!(何)
: 目と目があった瞬間ビビビとですね(何)
七波: とりあえず連城さんの情報次第でこっちは手札を開く準備がある(何
: こっちだって大したこと知らないよwwwwwwwww
: <私の情報次第!
七波: 僕だって!(何
: なんですか、荒神関連ですか。(何)<手札
七波: 宝刀関連です(何
: というか私もロック解除してあげるのでそっちも外せよ、な!(悪魔の囁き)
七波: ええー(何
GM: さすが連城きたない(何
: きたなくない(キリッ)
: ただこのまま腹の探り合いが続いてもしょうがないだろ…(何)
: むしろそれは今までのシーンまでに終わって(ry
GM: なにをいってるんですか
GM: 物理的に殴打すれば問題なく情報はわたる・・・(何
七波: 腹を割って話そうか、物理的に(何
: お互いにカウンタークロス
満月: おんもでやれ、な?(何
劉斗: じゃあ、この刀を手にしたまま、レンジョイに斬りかかれば情報ゲットだな(何)
: 水守さんがシーン攻撃をすると聞いて
: (なにをするきさまー)
七波: そうか、そうすれば全員の情報が(何>シーン攻撃
Jibさん: 唐突に部屋に登場した時、状況を誤解して平手打ちでもしておけば、
Jibさん: 簡単に情報交換できたのでは(マテ
七波: それでもダメージ扱いに?(何
: 「この泥棒猫!どうして皓先輩があなたの部屋に!」
: ってななみんから怒られるシーンからか
七波: 掌底を連城さんに撃ちこめと(何
七波: 肉体1だけど(何
: そして「待ってよ、水守さん!それは誤解だよ!」って言う皓君と、取り押さえようとした鳥越さんを肉体1で殴り倒して
: 3人情報ゲット!
七波: すげー(何
: なんとスマートな流れだろう

七波: この説明の間にさりげなくロイス取るか連城さんに(何
七波: 背景で情報交換でもしてたんだろうきっと(何
: で、ロックは外してくれるのかい?(きりっ)
満月: 聖さんったらもー・・・(何
七波: そっちの手札次第(何
: 手札と言われても、ロイス取った後に外されてもこっちは確かめようがないんだよwwwwwwwww
: そんでもってこっちの手札がそっち気に入らなかったらくれないんでしょお!?(何)
: もっとお互い素直になろうよ!(きりっ)
七波: 七波を信じろ!(何
: 君が外すならこちらも外す
: その上でお互いロイス取得、私の希望はこうだ(何)
GM: 秘密:実は神城のスパイである
GM: こうだろ(何
七波: 僕は外してもいい、2本の宝剣の正体が分かるだけだ(何
: よしじゃあ私も外すね。
七波: おーけー
: ということでGM、次の二人のロイス取得で解除お願いします(何)
GM: 少しお待ちを。
七波: お願いしまーす(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: 僕も刀抜いてみたいなー。
満月: これだから刀好きさん達はもう・・・(何 <抜刀したがり
劉斗: あれ? 皓はまだ刀を抜いてないんですか?
: 多分今まで抜いてみたことは無い筈。
: 預かりものだという刀をむやみに抜きませんよ。
: 正確には預かりものだと思っていた刀ですが。
劉斗: エージェントをバッサバッサは、宝刀でやったんじゃないの?(何)
: え、そ、そうなの??(汗) <エージェントは宝刀で〜
Inuさん: 無意識のうちに!
劉斗: これだからドSブレードは!(何)
Inuさん: 「刀が勝手にー」ズバー
: なんでも刀のせいにして!(めっ!)
満月: 胡散臭い・・・(何
満月: <勝手にとか(ry (何
: 僕の意志じゃないことは確かだよ!(何) <エージェント排除
: まぁ劉斗さんに頼んでみるか…… <刀返してください
七波: 《マルチウェポン》を持てと(何>使いこなせない
劉斗: 七波んは、剣が二振りあるって知ってたのかー(何)
: それがロック対象だったようですね(何)
七波: 最初っから知ってました。それがロック対象(何
GM: おれのせいでもなんでもないから検証はななみに直接いってくれ(何
: やっぱり劉斗さんが返してくれないよー(うわーん)
七波: というか影打までEXオーヴァードな刀だとは思わんかった(何
: CX前までに一度は抜いて刀身を見てみたいのだけども機会が無かったな(うにゅ)
劉斗: 火渡と対峙した人、
劉斗: 彼が持っている刀って、石動姫でしたか?
: 違いましたと明言します。 <対峙した時に持っていた刀
七波: 何か危ない刀だけどどうだったっけ?という感じ
満月: 一応対峙した、けど・・・私その辺りまで確認する余裕ない気がするな・・・(何 <かたーな
劉斗: なるほど。じゃあ、火渡説は(ry
: ちょっと劉斗さん知ってる情報渡してくださいよ!



*** / MiddlePhase

(本文)

: ごめん。
: すごく大事な情報出してなかったことに気付いた。
七波: ええー(何
劉斗: さあ出せほれ出せ(何)
満月: 皓君ったらもー(何
Inuさん: で、何人殺ったんだ
: 自首すれ(何)
七波: (手元の情報見つつ)推論でしか物はいえんが真打の場所の候補はある(何
劉斗: ココニカレーですね分かります。
七波: 店主が包丁代わりに───(何
七波: 実はカレー屋の店主が酔っていたとか言ったら笑うが(何
劉斗: 糸を引く納豆カレーを見た時から、怪しいと思っていたんだ!(何)
満月: あーあ・・・(何
七波: それは七波の好みの問題です(何>納豆カレー
七波: 今頃逃走した二人は店主お勧めの納豆オクラカレーを……(何
劉斗: ネバネバ
劉斗: 2倍か…(何)
満月: (やーん (ねばっこいのやー(><。(何
: 納豆カレーはたつきさんに貰った事があるが
: 納豆とカレーが…ハーモニーを奏でそうで奏でない、絶妙な感じでした!(何)
七波: 僕はリアルにココイチで納豆+チキンカツ+フィッシュフライ400gをやったことがある(何
: 頑張り過ぎだwwwwwwww
七波: 腹が減ってたんですよ!(何
劉斗: てんこ盛りしたかったんですね…。
七波: ええ(何
七波: あと、ゆで卵サラダもオマケで(何
七波: ……違うな、フライドチキン+ゆで卵サラダだ(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: もしかして
: 失墜が出てきたにも関わらず、嫌悪とか憎悪とかでロイス取らなかったのはこれが初めてじゃね?
: まあロイス自体誰も取ってないが(何)
劉斗: それどころじゃないという説(何)<ロイス
: みんなロイス枠がかっつかつ
満月: うん・・・(何
Inuさん: 無視するとか妬ましい
七波: 失墜さんはスルーされると悲しいんですか(何
劉斗: なんという構って欲しい子……(何)
: ごめん。
: 実はまだロイスあき2個あるんだ……(何)
: 言われたからには姫様に取っておくかなぁ。
七波: 僕はあと2個か(何
: 私は残り1個かな。(何)
満月: 私も2個だな(何
劉斗: 枠はもう無い(何)
劉斗: 後は誰をタイタスにするかだな(何)
: 鳥越さんはもう十分頑張ったよ…!(何)
七波: 僕は皓さんに取ったらあと1個しか枠がねぇ(何
: 取る理由はあったので丁度いいや。劉斗さんありがとうございます。
劉斗: (お前のためにやったんじゃないからな!?)(何)
七波: ツンデレ(何
: つんでれ(何)
劉斗: 刀を諦める理由は作ったものの、やり方によっては全員フルコンできる可能性があるんだよな…。
Inuさん: フルコンをフルボッコに空目
満月: 鳥越さんはどんだけ辻切りしたいんすか・・・(何
劉斗: 全員フルコンってのは、成功達成度の事だよ!(何)
七波: なんだ、鳥越さんの事だから全員たたっ斬るのかと(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: 刀があれば経験点は要らないけど、刀も経験点も手に入らないとか最悪だよ。もうジャームになるしかない(嘘)
: ジャームにならないで!
劉斗: なので、あとで皓を痛い目に遭わせる(何)
劉斗: <ジャームになってなくても
: ちょっと(何) <痛い目
Inuさん: 鬼畜眼鏡ED
満月: これだから黒巣の“鬼畜眼鏡”(アンダーザダークネス)は・・・(何
: EDで付き合いますから勘弁して!(何)
: <八つ当たり
: オッスオッス
劉斗: じゃあその時に刀貰いますね(何)
: ゑー(何)
劉斗: 目的変わったんでしょ(何)
七波: 各務の屋上からノーロープバンジーか皓さん……(何
: それ自殺って言わないか(何) <ノーロープ
七波: そうとも言う…かもしれない(何
劉斗: イケメンの皓だから大丈夫。
: 死ぬから! いくらなんでも死ぬから!



*** / MiddlePhase

(本文)

七波: これもうプライズ達成しちゃってるんじゃ…?(何>一気に3P
: そろそろくるかなー……
: トリガーもそろそろ入ってもおかしくないですよね。
七波: 15Pなら通常のSCなら入っててもおかしくないですね。
満月: 普通のSCならもうCXだよね・・・(何 <15とか
劉斗: 2/3は進んだっていう話でしたからの。
劉斗: <開始前の段階で
: ですね。
: このパターンから行くと、もうみつきちがジャームとしか…(何)
: <皓君が血相変えて出ていく
満月: (ぇー (ぇー・・・(何
七波: あーあ…(何
: だから追いました!(嘘)
満月: 皓君ひどいです(><。(何
劉斗: みつきち「遅かったね」足下に血まみれの皓(違)
: KISAMAAAAAAA
Inuさん: TUEEEEEEEEEEEEE
満月: 皓君返り討ち、だと・・・(ごくり(何
: (なにをするきさまー)
七波: 僕ら倒せるのそれ…?(何
七波: そういや今のところ、パーティーアタックが鳥越さんの1回しか発生してないな(何
: 他がパーティアタックするような面子じゃないからな…(何)
七波: デスヨネー(何
: 明良や青良ならたぶん一人くらいは攻撃してた。(何)
劉斗: 刀を返せと迫る皓を殴り倒しておかなかったのが悔やまれる(何)
: 流石に斬る思考は無かった(何)
: 殴ってくれても良かったのに(何)
: それでも引きませんが!
劉斗: また後でね(何)
: 後でって(何)
: これは単純に見て
: 石動姫を奪い合う△関係ですよね。(何)
: <その女は俺のものだ vs あなたには渡せない!



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: なんか
GM: 数人がわかったような状態になっている現実。
: しかしうん。
: 劉斗さんには何だかんだと毎度わがまま聞いてもらってる気がする。
劉斗: ほんとだよ(何)<わがまま聞いてやる
劉斗: 紳士的になりすぎて、刀をゲットできない気がしてきたぞ(何)
満月: しん、し・・・?(何
劉斗: 友情ロイス取得しているから、しょうがないっちゃーしょうがないんだけど。
: ここは純愛か慈愛で取るべきだったんですね、分かります。(何)
: そっち(何)
: 記憶が戻るのはその三つのうちのどれかがキーらしいので(何)<友情・純愛・慈愛
劉斗: まあ、ロイス斬ればいいんだろう(何)
: 斬られちゃうの……(子犬の眼で見上げる)
劉斗: お前を斬る時は、ロイスを切った時だ(DX的に)
Inuさん: ロイス切られた上に
Inuさん: 物理的にも斬られるのか
: 何と言う踏んだり蹴ったり(何)
劉斗: まあ、諦める事も考えている。
Inuさん: どっちを
劉斗: 目的の達成を、だよ(何)
: すすすすみません(汗)
劉斗: それだったら、なまくらを神社に奉納すればいい(何)
Inuさん: 皓の命とか
Inuさん: 帰還とか
Inuさん: いろいろ諦めるものが他にもあるじゃないですか!
満月: あーあ・・・(何

: 僕さぁ
: この事件の後、黒巣支部はともかくとして
: UGNにも神城にも各務にも目をつけられないかなって……心配で……
七波: 各企業に土下座参りか…(何
Inuさん: え
Inuさん: 今までつけられてなかったの?
: なにをいってるんですか
劉斗: 各務は最初から目を付けているから安心するといい。
: 各務には元々目をつけられて…(何)
満月: もう駄目だ(何
GM: い ま さ ら (何
: え(何) <認識がずれている
劉斗: だから20年後まで各務に居たんでしょ(何)
: \(^o^)/
Inuさん: /(^o^)\
: 敵として目をつけられるか有為かでは意味が全く違うでしょぉ!?
七波: いっそみつきちさんに目をつけてもらえば(何
劉斗: みつきちに永久就職か…(何)
満月: (ふつつかものですが・・・(*ノノ(何
七波: それが一番平和な気がする(何
: だから何でそういう認識に(何) <永久就職とか
: UGNはあれだよ、ぽちぱぱと冴てんてーとしりゅーさんなら、ごめんなさいすれば(襲撃受けた本人は)許してくれますよ…(何)
: いやうん
: 黒巣支部の人はいいんです。
GM: いいのか…(何
: いいってのは、話せばわかる的な意味で。
: でもほら、鈴木さんとかすっごい疑ってるような……
劉斗: そりゃそうでしょ(何)
: それはUGNに適切な情報が入ってないからだな(何)
満月: あーあ(何
: それを連城が報告したいんだけど
: 余裕がまるでない。(何)
満月: (これ、一週間休んでいた分の宿題ですので・・・ (ごめんなさいよりもこっちをやって来て下さいね(何
: 宿題(何)
劉斗: 皓が代わりに芹沢室で始末書書いてくれますよ(何)
劉斗: 代わりじゃない。当事者だ(何
: うわぁぁぁんっ!
: 事が終わったら方々にホントに謝罪回りだなこれ……
: (神城が一番怖いです)
満月: 皓君は本当に災難だな・・・(何
劉斗: 身から出た錆だから仕方がない…(何)
: 違うんです。
: 僕の意識は全く無視なんです。
: 信じてください! <洗脳時の出来事
劉斗: みんなそう言うんですよ…(優しい声で)
Inuさん: すまない……皓……お前がそこまで追い詰められていたなんて……(優しい眼差し)
: うわぁぁぁぁんっ! <追い詰められたとかそう言うとか
満月: (ほろり (よしよし・・・(何
七波: みつきちさん同行してあげるといいよイチゴ持って(何
満月: もう苺ネタはいいってんだろ(何
七波: 神代や各務の玄関先でイチゴを食う2人(何
劉斗: 出直してこい(何)
: いい事思いついた
: 皓君は、今回の自分の仕業を、失墜に頼んで全部「工作員」して貰えばいいんじゃね?
: これでカンペキ!
: だが断る!(何)
劉斗: いいけど、そのネタを使って良からぬ事をするってGMが言ってた(何)
満月: GMひどいひと!(何
Inuさん: 1回依頼を引き受けるなら
Inuさん: やってやってもいいよ!
: 依頼って何(何)
: 皓君に裸執事をやれとかそういう
Inuさん: いやわかんないけど
Inuさん: 多分嫌な仕事
GM: でもさー。
GM: メタ的に言うと
GM: 失墜の部下の手駒として無双してたんだから。大概とおもう(何
GM: <洗脳時
満月: まじ、で・・・(何 <失墜さんの部下としてとか
: ………………(何) <失墜の部下の手駒
七波: もう酷い扱いに……(何
劉斗: 火渡の手駒でしょ(何)
: 失墜に部下がいたとか
: マジなんだこれはうん。
: 火渡さんって失墜の下の人らしいよ……?
満月: (心から (肩ぽむ・・・ (ほろり
: (轟沈)
GM: 多少省いたが(何
劉斗: 居たんですね………良かったですね…………(何)
満月: ・・・そうか、だから今回失墜さん出てるんだな・・・(何 <上司と部下
劉斗: 継承試験があるから、参観してるんだろう。
Inuさん: 部下がいても多分
Inuさん: 部下も不幸にしないと気がすまないから
Inuさん: すぐに部下が逃げるんじゃないかな
七波: ひっでえ(何
: ひとりぼっち
GM: 反逆精神を嗜みます
満月: もう駄目だな・・・(何
: もう僕立ち直れない(うわーん)
GM: 今回のセッションを隠蔽します。
劉斗: 戦闘になったら皓を斬って、使いこなせない剣を代わりに使ってあげるから、立ち直るといい(何)
七波: 根本から(何
GM: 皓君に優しくするように(何)
: ちょっと待て始め(何)
劉斗: なんでドSブレードしか使えないのに、もう一本使おうとするんだよ…(何)
満月: え、皓君がオプショナルに目覚める前振りなんでしょ?
満月: (じゅんすいなめー
劉斗: お前馬鹿じゃないかと、実は心底思っている(何)<ネガ侮蔑
: 皓君はホラ
: ハーレムエロゲの主人公だからだよ!
: ドSも姫も俺の物!
満月: (*ノノ(何
: 使う理由があれば僕だって剣も抜くさ……(何)
劉斗: 強奪してもいいけど、固定化P払いなさいよ(何)
: 今回はドSブレイドを使わなくてもいいとも思ってる。
七波: 皓さんの拳が唸る(何>ドSブレイド使わない
劉斗: 白熱使うんだったら、どっちの剣も要らないじゃないか(何)
: 荒神封印の為石動姫が必要ならそっちを使うよ!
: 素手で殴れと申すか(何)
GM: あーあ(何

GM: 一言だけ言わせてくれ
GM: 鳥越はSロイスを結んでいるようにどうしても剣欲しいんだよ(何
劉斗: うん……(何)<Sロイス
満月: Sロイス結んだくらいだもんな・・・(何
: うん……
: だからわがまま聞いてもらってるなって思ってる……(すみません)
GM: あっさり手放したな、とは思ってる(何
七波: PC全員を滅多切りにして持ち去れば…(何
劉斗: しょうがないので、それで。
GM: ジャームではないが滅多切り
七波: ええー(何>しょうがないでで滅多切り
劉斗: 皓がジャームなら、心おきなく滅多切りして刀を持って帰ります。安心してください(何)
: ひどぉい(涙) <滅多切り
: まぁ展開次第ではお渡しします。
: でも神社の刀だからね! それは解ってね!
劉斗: えー(疑念の目)(何)<展開次第で渡すとか
: それを交渉しに行きたいと言う事なんだろう、鳥越さんの次神主に会いたい要請は。(何)
劉斗: そうですね(何)<交渉しに神主に会う
満月: 鳥越さんなら、俺らの鳥越さんなら各務で超そっくりに作った偽物の剣を奉納してもおかしくはない――!(何
劉斗: 内心、めたくそ皓に対して呆れを通して怒りすら覚えているからな。
GM: ぇぇー(何
: (う、うなぁ)
劉斗: 表には出ないけど(何)
劉斗: Sロイスの品を(ry
: 何でそんな怒ってるんですか……ってそこ(何) <Sまで取ったのに!
劉斗: とっとと皓を斬り捨てて刀を奪えない自分を怒っているだけかもしれないが(何)
七波: 「既に1本持ってるのに使えもしないもう1本持つとはどういう了見だ」的な?(何
GM: 皓次第で
GM: バロールかウロボロスかクロスが決定するんだな…(何
満月: 重大な決定だな・・・(何
: Dロイスが変わるかもしれん。(何)
劉斗: そうですね(何)
: (みぃ)
劉斗: 「既に1本持ってるのに使えもしないもう1本持つとはどういう了見だ」は正解(何)
七波: わーい(何>正解
劉斗: 刀に謝れ!(何)
劉斗: あと俺にも!(何)

: うんまぁ
: EDでおもっくそ折檻してくれていいですよ。というかして欲しい。
劉斗: UGNに対しては、刀が二本存在するという観点から、折り合い着けられるきがしてきた。
劉斗: なので、あとは頑固な皓次第。
Inuさん: 折檻して欲しいとか
Inuさん: なにその
: ドM発言
七波: 屋上から蹴り落としでノーロープバンジーを(何
: おまえらおにあいだな。(何)
劉斗: 折檻してほしい、か……(何)
: 自分許せないよ的なさぁ、ほら…… <知らないこととはいえ僕は何をしたんだ──!
Inuさん: はたから聞いてると
Inuさん: バカップルの痴話喧嘩じゃないか
: 落ちつけ(何)
: 「怒って欲しかったの!」
劉斗: 「お前の入社を受理した。明日から各務社員で、俺の下につく」<折檻
劉斗: こうですねわかります。
七波: 折檻なのそれ……?(何
: ちょま(何)
: いやな折檻wwwwwwwwww
劉斗: それぐらいじゃないと折檻にならないでしょ(何)
GM: 誰得だよ(何)
: 僕まだ高校生! 在校生!
: あと願書も出してないから! <入社受理とか
七波: テッドさんと同じ扱いになるのか(何
劉斗: しょうがない。卒業までは待ってやろう。
七波: 卒業式終わったらその足で各務へ(何
劉斗: あと1年も無いな。楽しみだ(何)<3年に進級済み
Inuさん: そして就職するのが嫌で
Inuさん: 留年する皓
: ようこそ!20歳の学ラン炎使いへの道へ!
Inuさん: 言うと思った
劉斗: あーあ(何)
満月: KOF・・・(何
: ひっでぇ(何)
GM: 京と皓って響き似てるよね
Inuさん: 掠りもしてねえwwwwwwwwwwwwwwwwww
: 久流さんまで(何)
満月: KOF=こーふ=こーう=こう
満月: すなわち(ry
劉斗: 皓が出さなくても構わない。ただ、手元には署名と捺印と親の許可も取れた書類があるだけだ(何)<願書
GM: (慈愛の笑顔)
: 親の許可wwwwww
満月: 親の許可(何
: ちょっと(何)
七波: 両親なにしてるん(何
: いやまぁ各務って一流会社ではあるからな、表向きはあくまで……
: 「息子さんを、頂きたい」と正々堂々話し合いが行われてたんですよ
: 「私が責任を持って面倒を見ます」と!
GM: ・・・・・・
満月: すごく、おみあいです。
七波: 両親大喜びでしょう、(表面上)一流企業に就職とか(何
Inuさん: わかったわかった
Inuさん: 世間体が気になるなら
Inuさん: 表向きはコスメ部門に配属で
: コスメ部門wwwww
劉斗: 八雲さんにメイクされちゃう(何)
: 何でコスメ(何)
: もうメンナクのモデルやればいいよ
: 太陽が俺に輝けと囁いている みたいな
: 恥ずかしすぎる(何)
劉斗: wwwwww
満月: ぴったりすぎて困る・・・(何
劉斗: このくらいやって、ようやく折檻かなと思う。
: 太陽の札を持ってメンナクファッションでキメッ
七波: あとせーらさんと毎日稽古という名のタイマンを(何
: 折檻つらすぎるwwwwwwwwww
Inuさん: 死んだほうがマシwwwwwwww
: ひっどい(めそり)
: せーら「今日の津嶋様の仕事は、私を倒すか、私を押し倒すかどちらかです」(何)
劉斗: 言葉責めとか躰に教え込ませるとか、皓なら我慢できるでしょ!(何)<折檻にならない
: きっつい(何)
GM: せーら自重しろ(何
: 精神的折檻か……
劉斗: 楽しそうな青良さん。
: 白兵のイケメンで僕っ子とかすごいストライクゾーン
: やべぇ。せーらさんに目をつけられる……!
GM: 僕っこ関係ない
Inuさん: それで20年後には
Inuさん: 俺っ子に
: ヒッ
: なんてことだ!!
: <20年後には俺っ子
: 各務中では俺か私しか使いません!
劉斗: 20年後はともかくとして、刀の代わりに皓を手に入れられるなら、許せるかもしれないな。これが落としどころか…(何)
: ちょっと劉斗さん(何)
: 落としどころみつかったな……(何)
GM: じゃあEDで折檻として各務に体験入社の確約でいいですね(もうまとめた
満月: 体験入社か・・・(何
劉斗: 嫌なら刀を渡せばいいだけのことでしょ。目的は荒神を何とかすることなんだから(何)
: 体験入学くらいならまぁ……
: 体験というのは建前でしょ…?(何)
GM: 建前だが(何
劉斗: 体験入社終了時に入社の手続きに入ります。
: ちょま(何)
Inuさん: あれでしょ
Inuさん: 受ける会社受ける会社
Inuさん: なぜか書類で落とされるんですよ
Inuさん: もちろんTORIGOEの魔の手が及んでいる
劉斗: 俺、ちょっと社会もう少し上げてきます(何)
満月: 皓君が狙い撃ちにされすぎてるな・・・(何
: 何と言う根回し(何)
Inuさん: 最終的には各務に戻ってこざるを得なくなる流れ
Inuさん: さもなくば無職
: お父さんとお母さんも、鳥越さんの元なら安心と
: プレッシャーをですね
七波: かわいそうだからみつきちさんも一緒に各務に入社するといい(何
満月: (や、やだー (黒い服の人やだー(><。(何
劉斗: みつきちも、連城も、受け入れてあげますよ(各務にようこそ!)(何)
: ひっどい包囲網だなもう(何)
: お茶くみしか出来ませんが(何)
Inuさん: 連城入社→各務炎上→悪は去った



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: ううう。私はお人好しすぎるな。馬鹿じゃなかろうか……(滅)
Inuさん: 本気で後悔してる人がいる
劉斗: ちょっと失墜を見習いたいです(何)
満月: こびとさんったらもー・・・(何
Inuさん: 失墜はあんがい協力プレイの人ですよ
Inuさん: いかに自分の目的のために相手の目的を誘導するかみたいな
Inuさん: そんな感じの立ち回り
七波: ここで失墜さんと手を結んで皓さんが刀を手放さざるを得ない偽情報を…(何
Inuさん: ヒキョウな手段では
Inuさん: 手に入れられないのか
劉斗: いや、刀へのロイスが感服である以上、自ら裏工作をすることが出来なくなった。
劉斗: 正々堂々と手に入れないと、刀が振り向いてくれない気がですね…(何
Inuさん: wwwww
Inuさん: オワタwwww
満月: あーあ・・・(何
劉斗: なので絶賛終了中(ウワァァァァァアン)
Inuさん: もう後は一騎打ちでもするしかない
七波: 正々堂々と皓さんとPvPを(何
劉斗: そのためには、戦闘で倒れたら終わりだな(何)
: まだ可能性はある
: 皓がジャームならばおk
劉斗: (キラッ)
: 正々堂々と手に取れる。(何)
: <ライバルがいない
七波: そうすれば大義名分として全員で袋叩きに(何
満月: あーあ・・・(何
劉斗: 逆に自分がジャームだったら、清々しく散れるな(何)
: 多分鳥越さんがジャーム(エネミー)だったら
: 「あの執着心はエネミーだったからかー」って
: みんな納得すると思う
劉斗: 安心の納得感。
満月: 鳥越さんなら仕方ない。
七波: ジャームがそれ以外だったらどうなるんですか(何
: それ以外だったら………がんばってEDで一騎打ちして下さい。(何)
劉斗: 今から《災厄の炎》を取得して、皓を巻き添えにするしかないな(何)
: ウオオオオ! [完]
七波: あーあ…(何>巻き添え
劉斗: 皓が先に倒れてくれたら、代わりに自分が剣を使えるから楽なんだが(何)
七波: これで向かった先でみつきちさんがジャームになってたりしたら…(何
満月: (きりっ(何
: シチュエーション的にはみつきちだよな……(何)
満月: まじでー・・・(何 <シチュ的にはとか
七波: 鳥越さんか皓さんかみつきちさんって勢いですよね…(何>ジャーム
Inuさん: まさかの連城
: 連城はもう余所でやったから
Inuさん: みんな燃えてしまえー
: それもやったから
: 多分今回はない(何)
Inuさん: じゃあ
Inuさん: 何故か急に氷エフェクトに目ざめて
Inuさん: 結合粉砕しはじめる
: それ連城やない連白さんや
満月: と言うか、ミドルの終わりは本気で何処なんだろうな・・・(何 <何処でジャーム化とかトリガーとかが分からないから困る・・・(何
: 次シーン終了→トリガーかなとは思うんだが
: よくわからんな!
七波: 久流さんだけが知っている(何



*** / MiddlePhase

(本文)

: なんだっけ、ジャームになったみつきちを皓が身体を張って止めに来たシーンからだっけ。(何)
満月: 何で確定なん(何
: そうでしたっけ(何)
劉斗: 罠にかかった皓君編ですね(何)
七波: 若しくは既に皓さんが滅多切りにされてるシーンか(何
GM: 全員に採決取って吊るすだけだから
GM: 間違ってても知らん(何
: (投票)
満月: (ぶらりんしゃん
GM: 間違ったら単純に街が火の海になるだけだ。大したことはない
七波: アッー
劉斗: そうですね。
: だけじゃないから!
満月: どう見ても大参事だから、な(何
劉斗: 刀渡してくれたら手伝いますよ(きりっ)
GM: 燃えたら連城のせいだから大したことはない
: ちょま(何)
七波: 火の海になった市内で鳥越さんと皓さんが戦うんですか(何
劉斗: 刀が皓の手にある限り、俺戦わないから(何)
: 何て駄々っ子なの(何)
満月: 誰か、モルフェウス連れてきてー(何
劉斗: 思うところあって刀を所持しているのは皓君の方でしょ!(何)
七波: ストライキ、だと…(何
劉斗: 随分寛容です、今回。
劉斗: まあ、俺に構わず市内を火の海にしてくれればいいです(何)
劉斗: <皓か連城
: しないよ。
GM: 思う所というか
GM: 客観的視線でいうと神社を思う存分に破壊して刀強奪して逃亡した上にいなおってる皓なんだよな(何
劉斗: うん(何)
: すっげぇ悪人に見えるなそれ……
劉斗: この期に及んで刀を手放したくないと言うので、仕方がない。
劉斗: それだけの働きはしてくれるものだと思っている。
GM: ジャームだったらしらんが。
: 俺もう皓の立場だったら
: 胃が痛くてしょうがないと思うわ(こーなで)(何)

: 待って欲しい。ちょっと考えて欲しい。
: 一番気になってるのは、なんで本来の持ち主ではない人にそこまで言われなければならないのかということでしてね。
劉斗: これから本来の持ち主になるからだよ(何)
: すごい自信wwwwwwwwwww
劉斗: だから今は貸しているだけ。
: 強奪したなら、きちんと持ち主に返すまでは失くす訳にはいかないでしょ!?
満月: 鳥越さんは本当にもう・・・(何
: 今は劉斗さんのものじゃない限りそれは聞けないよ……
劉斗: しょうがない。電話して譲ってもらうわ(何)
七波: 神主に直接交渉っすか(何
劉斗: 空木を火の海から救いたければ(ry
満月: その為の電話なん・・・(何
GM: おまえ。各務のエージェントとかわらん(何
: そういう筋が通らない限り渡したくありません!
劉斗: いや、実のところ此方の枠は、
劉斗: 無理矢理奪う枠でしょ?(何)
劉斗: 随分妥協したと思うんです!
劉斗: なので、平和的に交渉をするのです。
GM: 組織に持ち帰る、であって個人的に奪うんじゃないんだが(一応)
: ですよねー。
劉斗: 組織に持ち帰ったら、俺が使えないじゃないですか!(何)
: まあ待て。(何)
: この我儘さん何とかしてください(何)
劉斗: まあ、一度は神主の手元に戻して、UGNの顔を立てて、
劉斗: その後貰って帰ればいいかなと思っている。
劉斗: これなら皓も納得する。
: それだったら私は言うことは何もない(何)
満月: 良いの・・・?(何

七波: 何かもう僕正座して後ろて見てるくらいに傍観者的立場っぽい(何
GM: 傍観者立場というか
GM: 放置してると普通におれ国として実家の神社ごと締め出すよ(何
七波: なん、だと…(何
七波: それはまずい、後を継ぐのは嫌だがそんなことで親に迷惑かけたくねえ(何
GM: なんとなく流れ的に放置しました。火の海になりました。手が付けられません。なんとかしてください。
GM: なんとかするのがおまいのやくめだろ(何
満月: 普通にアチャーじゃねぇか(何
劉斗: 幸い、社務庁の代理人がいるから、七波んに許可貰って宝刀を貰えばいいんだな。よーし(何)
七波: あの酔っ払いか(何
劉斗: 社務庁の代理人って、七波んでしょ(何)
: そうか
: ななみんのバックは
: 国だったな。いちばんデカい組織じゃん。(何)
: そうでしたな(こく)
満月: そうか・・・(何
七波: 戦力じゃ各務に敵わない気がするのは何故だろう(何
劉斗: 気のせいだ(何)
: 戦力以外で勝負をすればいいんだよ!(何)
満月: 数で勝負ですね、分かります(何
GM: じゃあ国家所属の教師である冴先生突貫してください
満月: 落ちつけ。
七波: 鳥越さん1人に一個師団ぶつければいいか(何
劉斗: HPをまとめて1固まりにしてくれればありがたい(何)
GM: NPCになって侵食率気にしなくていいかるぼーでも普通にぶつけるよ(何)
: やめwwwwww
劉斗: ジャームじゃないのに(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

: 一週間も毎日参拝wwwwwwww
: そんなにドSブレードの厄払いを(ry
満月: 三顧の礼ってレベルじゃねぇぇぇぇ(何
: そんなことしてたのか僕(何)
劉斗: 一週間かけて警備の隙を探していたのか…。
: そりゃ目にもつくわなぁ……
七波: ドSブレイドの怨念は恐ろしいな…(何
: スケープゴートにする気満々だったらしいな。(何)<目につく
Inuさん: いやあれ一応神剣じゃなかったっけ!
劉斗: ここで宝刀を見せるフラグ。
Inuさん: 多分皓のせいで血塗られた妖刀になってしまったんですねわかります
劉斗: 月読剣という名前もあるけど、戸衛衆武霊刀という、怨念っぽい名前の方が有名。
: あれ神剣だったの(何)
劉斗: ドS神剣。
: データ的に妖刀だったから勘違いをしていたな……(何)
Jibさん: 月読剣の方でも妖刀っぽい名前だとは思いますが。
Inuさん: ドS神拳は無敵だ
Inuさん: (神谷明ボイスで
: テーレッテー
: 神剣ではありますよな。神を断つ刀ですし。
劉斗: 魔剣じゃないの(何)
満月: 断神剣か・・・(何



*** / MiddlePhase

(本文)

満月: (話の展開に (ついていけない・・・(隅さめ(何
七波: 出てるのに蚊帳の外(何
: みつきちは早くコーラにソフトクリーム入れてフロートを作る作業に戻れ
劉斗: 皓のジュースにありったけのドリンクを混ぜ合わせるんだ。
: 後で説明はしてあげるから! >満月さん
満月: おういえ・・・(何

満月: ご、御免。 俺、みなみさん追いかけても良いか・・・(何 <流石に単独行動危ないだろ・・・!
Inuさん: こんなジャームがいるかもしれないところにいられるか!
劉斗: いいんじゃないかな。
劉斗: 誰かが会計しなくちゃいけないんだし(何)
七波: どさくさまぎれで会計しないで逃走(何
劉斗: きたないさすがジャームきたない
七波: フロートかよ(何
満月: フロート作りに行っただけ、だと・・・(何
: ジュース取りに行っただけというオチ……? >みなみさん
: みつきちのかわりに、みなみんが、か…(何)
七波: みなみんがななみんに見えた(何
劉斗: みっひーさん。
七波: みっふぃーさん(何
満月: (・x・)
Jibさん: みっちーさん。
Yunさん: みっきーさん?
: (いっそのこーとーフィアンセになりたいー)<みっちーさん
劉斗: おいかわみっちーさん(何)

: さて。
: 満月さんには一応話しておくべきかなとは思いますが。
満月: (せいざー
劉斗: ロイスを取り合うとか。
GM: 殴りあうとか。
: これはプライベを此方で繋いでいいものなのですかね!? >GM
七波: 殴り合うことで情報を受け渡す、か…(何
: おんもでやれ。(何)
GM: んー、と。それはなしで。
GM: ロイスの意味がないからな(何)
: うーい。了解ですの。 <なし
劉斗: みつきちも、そろそろ皓をグーパンチで殴ってもいい頃だと思う(何)
満月: まじ、で・・・(何
GM: マウントポジションでボッコボコにするみつきち。
満月: それが出来たら私、あの時に鳥越さんに斬られる必要無かったじゃない!(何 <プライベで繋がりあう
GM: 美味しいから切られました
七波: 鳥越さんに斬られたかっただけとか!(何
: みつきちマジドM
劉斗: みつきちが斬って欲しいと言ってくれたので(何)
満月: まぁ、それもあるが(何 <美味しいから
劉斗: ここで連城を介してUGNに任せて、実は(ry)のフラグを立てることもできるな…(何)
劉斗: <みなみの身柄保護
: フフフ(何)
: (誰が怪しいかわかんないからな!)
七波: 今のところ一番信頼できるUGNの窓口ですもんな(何
GM: つーか。
GM: 一番安全である国の使いがカレー食ってるだけになってる現実だからそれはしらん(何
七波: (にゃー

: もう皓君はあれだよ
: これが僕の誠意だって言ってみなみんを抱き締めれば
: 楽勝だよ!
GM: ああ。そうだな。それは楽勝だったな
劉斗: みつきちの自転車を借りて、後ろにみなみを乗せて黒巣に戻るのか…。
: 現状UGN日本支部より、黒巣支部が信用は出来るとは思う。僕は頼めませんが(何)
: 連城、ちゃんと黒巣支部から来たから安心しろな。(何)
劉斗: なに寝ぼけた事言ってるんですか。
劉斗: UGN日本支部も黒巣支部も、NPCである以上絶対の信頼はありませんよ(何)
満月: うん。 だから、此方としてはもういっその事黒巣支部まで俺ついていく!的な感覚なんだ・・・(何
劉斗: そして空木と黒巣の両方が炎上した。
満月: まじ、で・・・(何 <黒巣も炎上
劉斗: 向かう先が黒巣なら、それだって十分あり得ることだよ。
劉斗: 場所なんて正直どこだっていいし。目的さえ果たせれば(何)

GM: PC1を
GM: 針のむしろにしてみた。
GM: 予想以上にひどかった。
: かわいそうな皓(かわいそうな象のニュアンスで)
七波: ものすごい針の筵ですよね…(何
: 針の筵とはこのことかー。 <ひっどいこと
: そして改めて剣を貸与してきたので。
: あとは使える方が使ってください……(ぐったり)
劉斗: は? 何言ってるんですか、皓。
: ななななんですかよ
劉斗: 使える方が使ってくださいって、何をぬかしやがっているんですか。
Inuさん: ギスギス
劉斗: あれだけ啖呵を切って、あとはよろしくとか、そんな虫の良い話があるのかと。
劉斗: 二人の思いを踏みにじった皓はEDでつるし上げの刑な(何)
: ……んじゃ僕が使っていいの? <剣
劉斗: 皓が一発撃って、倒れてから俺が使うから。安心してマシラ伝承者リリース撃つといい(何)
: ……ぉぅぃぇ(何)
七波: まず皓さんが使って倒れて、その後鳥越さんが使うと(何
満月: (しょ、しょーがないなー (さぁこー君どうぞ!(何
GM: 鳥越が倒れたら
GM: 白兵に覚醒した連城が使うんだろ
: (うにゃー)
: まかせろ
七波: 連城さんすごーい(何
劉斗: その時は、レンジョイが炎神で回す。
: そうなりますね…(何)
GM: あと。いうなれば。本来の持ち主がもう責任とかいいから刀おいてお帰りなさい?という事はオブラートに包まず言った(何)<表
満月: あーあ・・・(何
: 言われてしまったと思ったよ(何)
: ちょっとみつきち
: 皓君を優しく抱き締めてあげて(何)
Inuさん: 鳥越が甘やかしすぎたのが全部悪い
劉斗: 甘やかされているんですって、皓君!(何)
: 甘やかされて……る……?
: 今回どう見ても吊し上げじゃね僕……?
劉斗: 甘やかされてますよ。普通ならとっくに斬り捨てられてるから(何)
: 斬らないでくださいよ(何)



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: で。誰かシーンプレイヤーしたいひと。あと出てほしい人。
劉斗: ななみんメインでSPとかどうだろうか?
劉斗: そういえばMD以来、無かった気がするし(何)
GM: おまいに渡す一言だ
GM: 「仕事しろ」
満月: あーあ・・・(何
七波: ゴメンナサイ…(DOGEZA
劉斗: 全身全霊をかけて、情報を回すといい(何)
劉斗: 困ったら私出ますんで!(やるだけやるといいですよ)
七波: 仕事しろって混乱を収めるにはホントに全員殴って追いだすくらいしか手段が・・・!(何
劉斗: 表で「全員殴って追いだす」と発言するななみん△。
満月: 本当になぐるの(何 <片づけるとか
GM: 「お前が犯人だろ!情報寄越せよ!」
GM: ななみん暴れるの巻
七波: ええー



*** / MiddlePhase

(本文)

: やっぱこいつが芦屋か……
: …………はぃ?
: 転生とかじゃなくてマジ本人!?
劉斗: ん?
劉斗: あれ、知らなかったっけ?
満月: え、あれ。子孫じゃないの・・・?(何
: 聞いてません。だから教えてって言ったのに!
満月: 何と言う古代種、と言うかもうこいつ元凶と言う事で良いんじゃね・・・(何
劉斗: 芦屋って芦屋道満しかいないし(何)
満月: いないし、と言うか普通は子孫とかそっち系統で考えると思うよ!(何
劉斗: いろいろ言おうと思っていたけど、皓があれだから話す気になれなかった。と言っておく(何)
劉斗: まあ、だからこそ裏で情報流してもらって噴いていたわけですが(何)
満月: そう言う事ね・・・(何 <噴いた理由
: みつきち、ななみん。俺達は仲良くやろうぜ!(何)
満月: (きゃっきゃ(何
: 劉斗さんに僕は殆ど包み隠さず話したのになぁ。 <話す気になれず
劉斗: あのシーンは
劉斗: 皓君から話を聞くためだけに用意されたシーンでしょ?(何)<レンジョイスイートルーム
: いいえ
: 皓君のシャワーシーンの為に(ry
満月: (*ノノ
劉斗: 目的達成したから問題ないですね(何)
: 映ってないよ(何)
: <シャワーシーン
: ちょっと写しといてカメラさーん。(何)
劉斗: 湯煙とシルエットでも!
: 野郎のシャワーシーンなんて嬉しくないでしょ!
劉斗: DXは女性プレイヤーが比較的多いゲームだから、需要はあるよ!(何)
: 何の重要だ(何)
劉斗: 一部の男性プレイヤーにも需要あるかもしれないけど(何)
: ないわー(何)
: あとはほら、ななみんの浴衣姿とかもあったよ!(何)
劉斗: ………
劉斗: 何故にレンジョイは普段着だったんですか(何)<
劉斗: <サービスショット需要をガン無視
: そうですよ(何) <何故
満月: そうだよ、聖さんのシーンだったのに!(何
: それはまあ
: 私のためのサービスシーンだったからだろ。(何)
劉斗: SPはシーンプレイヤーの略ではなく
劉斗: サービスを受けるプレイヤー、の略だったか…(何)
: だれうま



*** / MiddlePhase

(本文)

: カレーが食べたくなって困る。
七波: 芦屋さん何してん……(何>ハヤシライス食ってその後カレーとか
劉斗: あれ?
劉斗: ココニカレーで食べてたんじゃないのかwwww
七波: 喫茶店だよ!(何
: ココニカレーは黒ビールなんてオサレ風味なものをおいているのだろうか(何)
満月: 少なくとも、ココイチでビールが販売されてた記憶はある(何
: どーまんは外見おいくつ位なのかしら?(何)
GM: 50〜60かな。
: 思ったよりダンディ…!
: 30〜40代かと思ったがそれにしても一人称「わし」だしなとちょっと気になったんだ(何)
: まあ1000年生きてりゃどうでもいいか…(何)
: 敬語……(おお)
満月: 皓君の素知らぬところでまた乙な会話が繰り広げられてるな・・・(何
七波: たたっ斬る気か…(何
: 何か酷い言われようだな……
満月: <痛い目見ろとか
: 提示されている目的より刀を取ったな…(何)
七波: 外の壁ごしに《ウサギの耳》で話を聞きたいな…鳥越さん入ったのは流石に分かるでしょうし(何
劉斗: いいですが、対抗はしますよ。
七波: RC以外では勝てる気がせんな・・・
七波: じゃあ壁の外に出てもいいのかな…見つかって最悪斬られる覚悟はある(何
: 出ない方がいいと思うよ(何)
七波: 僕もKYだと思った(何
七波: <ここで出るとか
満月: あーあ・・・(何
GM: 出ないのか。
GM: さっさとデータつくろうと思ったが…(何
七波: 立ち去ったと見せかけてここでピーピンぐとかKY過ぎやしませんか…(何
: 一応これ、スポンサーの窓口との打ち合わせだからな。(何)
: 喧嘩売るには相手が悪すぎる。(何)
: <鳥越さんと芦屋
七波: 1割も勝ち目がねえ(何
七波: 「連城さんにやれって言われたんです!」
七波: と言い逃れてもいいが(何
: 仲間割れするなしwwwwww
GM: 連城さんパネェ。



*** / MiddlePhase

(本文)

: どうしても欲しかったのか劉斗さんは……
満月: とりあえずおめでとう・・・?(何
七波: 本人の預かり知らぬところで…(何
GM: えー。かなり甘い姿勢だとは思うが(何
GM: だって皓から強奪しないんだぜ…?(何
劉斗: 甘いですよね…(何)
: (みー)
満月: まぁ、それもそうだな・・・(何
七波: かなり穏便な手段ですよね…(何
劉斗: まあ、現状他のPLにもデメリット無いからいいかなと思って(何)
: でもさ
: 絶対こっちが苦労するの楽しむ気でいるでしょさっきの会話……?
満月: どえーす。
GM: 「これは神社の方から会社として契約し買い上げている。お前の身勝手さに付き合う義務はない」と鳥越なら切って捨てると思った(何
: 個人個人(何)
: 個人だよね(何)
: 刀や荒神に関して国やUGNがこの件に乗り出してくるのは分かるけれど、
: 何故一企業である各務やその社員、一介の高校生まで刀の所有権を奪い合うんだろうという想いはあるな…(何)
: でも街が火だるまになるのは困るから助けて貰えるのなら協力してほしい(キリッ)
: いや僕は返したいだけっすよ?
: その上で今は許可を貰ってことを納める為に借り受けた。
GM: 火を消す才能が皆無な連城さんに頼む

七波: すごく、大人の世界です……(何>表
: だーてぃだなぁもう。
劉斗: えーと。これ、隠蔽する内容を表で言った方が良いですかね?>GM
劉斗: 此処まで来たからには、言ってもいいような気がしますが。トリガー数次第かな。
GM: いや。プライベで伝えてください。
: 何を隠しおった──!?
劉斗: ではプライベつないでくださいー。
: 実はジャームだとか…(何)
七波: それは表で堂々と言われると怖い(何
満月: それは隠さないとだな・・・(何
: それは隠しておくべきだな(何) <ジャームでしたー
七波: 他の高校生組が失墜さんと接触するとなんとなくジャーム関係隠蔽っぽい気がするけど、鳥越さんだと分からんな(何
Inuさん: なに
Inuさん: 失墜は隠蔽アイテム扱いなの
劉斗: うん(何)
満月: 工作員的な隠蔽役です・・・(何
: 工作員要員乙
: 今回に限っては割と……うん。
劉斗: その代わり、その隠蔽情報を元に、愉快に立ち回るらしい(何)

七波: 商談成立した…(何
: 邪魔しないの……? <試験
劉斗: それ俺、あんま関係ないし(何)
満月: そう、なの・・・?(何
GM: 表は良ければ、以上だが。
GM: 七波が今までの話を聞いていたいです鳥越さんに踏まれたいです!というなら
GM: 今から出てくるといい
満月: 踏まれる為だけにか・・・(何
GM: 結果もなにも保証しない。
七波: 怖すぎる…(何
劉斗: 踏まれるためだけに……どこのてっどんですか(何
Hirさん: 呼んだか(何)
七波: バイクに轢かれて無事な程僕はタフじゃありません(何



*** / MiddlePhase

(本文)

GM: 一つ言うと。票はばらけた。
: おや。
満月: バラけたのか・・・。
: めためた集めてるだろうなーと思ってたのに。
: ALL皓とか寂しい事にならなくてよかったですね!(何)
満月: あーあ(何
: (しくしくしく)
GM: それは判断ミスか。どこから変わっていたのかがわからないということだったのかもしれない。
劉斗: 皓に投票したら、
劉斗: 石動姫と約束していたことがCXで守れないという不甲斐なく愉快な出来事になってしまう、と思いまして(何
: あーぁ(何)
: 現在刀持っているのも皓君のままだし…(何)
満月: あーあ・・・(何
: 皓君無双がはじまるよーみたいな展開が
: あれ、意外と僕疑われてない?(何)
GM: クライマックス前に票も開票するよ(何
: えwwwwwwwww
: 開票されるのwwwwww
満月: まじ、で・・・(何 <開票
劉斗: (笑)
: なんだってー(何)
七波: ええー(何
七波: こういう反応の中で本人はしれっと混じってるんですな…(何
: 匿名制ですよね!?(何)
: <誰誰に何票、みたいな
GM: それともクライマックス後の方がいいか(何)
: シナリオ終わったらそれぞれのシークレットもお願いしますね! <開示
満月: しますね!(何 <シークレット
GM: へーい(何
七波: 大穴は誰だろう(何
劉斗: バラけているって話だから、本命皓以外は全員対抗馬かつ大穴じゃないかな…(何)
七波: あー……(何
満月: ああ・・・(何
七波: これでみつきちさんだったらものすごくみなみさんが危ない(何
: ななみん乙
満月: (きりっ(何



*** / MiddlePhase

(本文)

劉斗: 駆け込みで失墜に隠蔽工作願いを出せて、NPCの無駄遣いをしなくて済んだことにちょっと満足(何)
満月: 良かったっすね・・・(何
七波: 失墜さん出番なしで退場を免れたか(何
Inuさん: 失墜マメだなあ
劉斗: やるんなら自分だろうなーと思ってたんで。枠的に。
七波: とりあえずアレだ、酷い目に会いたい(何
劉斗: それ、皓君みたいな台詞(何)<酷い目にあいたい
: いや僕は別に言ってない(何) <遭いたい
: 折檻して下さいって
: いったじゃないですか><
: 言わなくても遭ってるだけで(何) <酷い目
七波: EDで各務入社という名の折檻ですか(何>皓さん
: まじでー……
七波: 自キャラの酷い状況って不謹慎だけどちょっとワクワクする(何
七波: ちょっとばかりM入ってるのは否定できないけど(何
: まぁ時キャラのピンチは美味しいですからね……
七波: えあろさんの時、被害者になったり《ナーブジャック》で味方攻撃した時とかもう…(何
満月: てへへ御免ね(><(何 <ボス側に攻撃力が無いからPCを頼る作戦
劉斗: 七波んを後ろから抱きしめて、耳元で囁いてお願いするみつきち(きゅん)
七波: なん、だと…(何
七波: 身長差そんなにないから大丈夫だね(何
満月: まじでー(何
七波: 脈絡なく冴先生登場とか(何
満月: 本当関係ねぇぇぇぇ(何
劉斗: 七波んを後ろから抱きしめて、耳元で囁いてお願いする冴てんてー、だと……(何)
Herさん: ろりこんだー
満月: 混ぜないで(何
満月: そんなことするのは忍てんてーだけで良いんです(><。
GM: 脈絡というか
GM: もうこーくん(混乱中)にボッコボコされた後だからそっとしておいてあげてください(何
GM: <冴先生
七波: ドSブレイドで滅多打ちに…(何
満月: (いたいよぅ (いたいよぅ(何
劉斗: (ほら安静にしててください(よしよし(何
GM: 折角覚えた氷壁ごと切られたんだよな(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: ”誰か”(=ジャーム)に言うけれど。土下座はしておく(何
: 一体何が……
劉斗: 東洋の神秘★土下座アタック、か…(何)
満月: (土下座用茣蓙どうぞ・・・(何
劉斗: (切腹もできる優れもの)
: (お白州用意)
七波: 何事……(何
: (介錯は私めに)
GM: じゃあ。用意出来たら
GM: 切腹の準備してくれ(何
満月: (ずばしゃー
七波: 介錯致す(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

:  ヘ○ヘ
:    |∧    荒ぶる神のポーズ!
:   /
: こういうことですね、分かります<荒神
: 何かと思った(笑)
満月: 噴いたわ(何
劉斗: 荒神にあやまれ!(何)
七波: 何してん荒神(何
劉斗: 自分がそうなるのかもしれないのに!(何)
: キュマイラジャームごときこれで十分!(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

七波: ぬお!?>崩壊とか
: 何か表ひっどい事になってるよぉぉぉ(汗)
Tekさん: 何が起こってるんですかw
Tekさん: <表
七波: その目で見るといいです(何
: ぐぁー。
劉斗: 光とか炎だから、きっとみつきちレーザーで焼き払っているに違いない(何)
: ちょっとみつきち><
GM: なんとかしてくださいよ。みつきち。
満月: (ぇー (ぇー・・・(何
GM: まぁ。
GM: このままEDを迎えて
GM: 焼け死なすのも一興とは思うが。出ないならそれはそれで(何
: いや出るタイミングがですね。
七波: 何処で横槍を挟んでいいかさっぱり
: 何処で出ていいかいいなさいよ!(何)
Hirさん: 燃えてる(何
満月: ずっとNPCのターンで・・・(何
: ゆっくりとじゃないよぉぉぉ!
: というか
: ジャームが誰かとかそういう話しが済んだのかどうか
: さっぱり分かってないからマジ言って欲しい。(何)
: <PCの行動のタイミング
GM: じゃあ出てていいよ(何
Inuさん: 破壊神とか真顔で言っちゃう男の人って
七波: 全力で来るよ!(何
劉斗: 真っ先に駆けつけるとは思えないので、後から行こう(何)
: もう通達は済んでるんかないかな。
七波: 実は今からとか(何
GM: 通達は言ってるよ。
GM: とっくに。
: ですよねー……
: まぁうん。今回は出る合図は欲しいんじゃないかなって。
: でないとジャームの人も困ってると思うな!
GM: ジャームの人は
GM: 困りはしない
GM: 困るのはPCだよ。
: もうなんでもいいから出ようか
GM: 出て出て。
劉斗: えーと。確か山の上に神社があるんだったよな。階段……(何)
: 埒が明かないので出た。



*** / ClimaxPhase

(本文)

: くそはっきり言ってくれて──っ!
: <手遅れ
七波: 急いで消火に走りたい気分だ…!
: ばらばらな遺体……?
: つまり、みつきちが犯人(きりっ)
: ……ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぅ……!(頭抱え)
: 何だろう、何処かでフラグ外したとかそんななのだろうかこれ……っ!?

Inuさん: kskする刻
: 何だと。
: 満月さんだったか……これは完全予想を外した……!
Hirさん: まさかのみつきち
Inuさん: みつきち酷いやつだな
劉斗: 今日になって分かった。
劉斗: 口数減ってたもんな…(何)<メタ
: いやうん。
: だから聖さんか満月さんだろうなとは今日は思った。
: <口数少ない
: フフフ(何)
七波: この状況下でみつきちさんが何も口出さんっておかしいと思った
満月: ははは。
満月: すいませんっしたぁっ!!!
劉斗: みつきちレーザーに反応が無かったから、まあ、みつきちだろうなって(何)
GM: 流石だなみつきち。きたない(何
劉斗: まあ、妥当だと思いますよ。本物のみつきちは、自転車に変えられていますきっと!(何)
GM: 23とか微妙すぎる(何
Inuさん: リミットリリースくらいのせておけよ
満月: リミットリリースは戦闘まで取っておく・・・(きりっ
七波: 侵蝕上げるために避けるか(何
満月: 回数制限Ef今消した・・・(何
満月: <まだラウンド処理残ってるだろ!(何
七波: まだ街に辿りついてないとか(何
Inuさん: 本物はホテルの浴槽の中に沈んでいます
満月: ころさないでください(何
Inuさん: じゃあ目隠ししてスワンボートに乗せられてるとか……<本物
Jibさん: みつきち(偽)「ヒャハハハハ、まさかここまで自転車で来れると、本気で思ってたのかい?」(マテ
劉斗: みつきちがもしジャームじゃなかったら、カバーリングしようかと考えていたけど、必要無くなったな(何)
満月: 本当すいませんっした・・・(何
劉斗: いや、困るのはみつきちだけだし謝らなくていいよ?(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

: みなみさんは流石に助からないよなぁこれ……(ぅぅ)
GM: 事前に確認して。
GM: 結末を聞いてみた。
: 結末とな?
GM: 「PCの目的にはなんら関係ない」とも言った(何
: あの日……
: 意味深ですね*ノωノ
劉斗: ちゃんと本物のみつきちが生きているならいいんだが。
Inuさん: 死んでしまえ
Shinさん: 介錯は任せろ。(糸鋸装備)
: いや生きてないと困るよ!
満月: (みにゃーん
: (しょうがないから上様に訴状描いて切腹)
GM: リア充爆発しろ
Inuさん: つまり
Inuさん: あの日にみつきちと皓の間に
Inuさん: 何かあったと
劉斗: どうやら、みつきちは、皓にもの申すことがたくさんあって、其れが爆発したらしい(表意訳)
: *ノノ
Shinさん: (訴状の文面を「*ノωノ」に差し替え、上様激怒)
GM: えとな
GM: 客観的事実な話として宿がないみつきちを普通に自分の宿に誘うこー君とかは確かにいたな(何)
Shinさん: なんというたらし。(何)
Hobさん: 高人「お前らに何があった、津嶋に晃野」(何
満月: なんだろーねー(ぼーよみ
劉斗: 皓をめぐっての四角関係、か(何)
劉斗: いや、五角関係か?(何)
Hobさん: どれだけ(何
Shinさん: 鳥越が加わるからなー。(何)<皓を巡るN角関係
Ascさん: 鳥越がメインヒロインか(何
劉斗: さっきまではみつきちだったはずなのに(何)
Hobさん: ヒロインて(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

Inuさん: さりげなく失墜のせいにしないように
満月: 真面目に失墜さんのせいだよ(何
GM: うん。至極真面目に失墜のせいになった(何)
Inuさん: ええー
: 何かまた責められた。
劉斗: ほら、みつきちも言ってるでしょ皓君!(何)
劉斗: <一人で背負い込みすぎ
: それは俺も思うよ(何)<一人で背負いすぎ
Tekさん: えぐりにきてますね……
Tekさん: <みつきちさん
満月: だってPC1は追いこむものだってGMがいってたから(><。
GM: だって
GM: 心折らす為に設定した気がするからな…(何<今回のセッション
: 左様で(何)
Hobさん: 高人「……何か分からんが否定できねえなそれ。俺も」(何>一人で〜
: ならそのまま突き進め!
満月: まぁうん、これを機会にもう少し分担するようにしても良いとは思うよ皓君・・・(何
: あんまり背負いこんでる気はないのですが(はぅー)
: 満月さんはこれ本物なん?(何) <ジャーム
GM: んとな。みつきちが本物かどうかは
GM: 調べてないから知らんだろ(何)
: そうでしたね(何) <調べてない
GM: ちなみに鳥越は知ってる。聞きなさい
: 教えて劉斗さん!
劉斗: 行動で示しますよ!
: 行動って
: 満月さんが本物でも斬りそうじゃん劉斗さん(何)
劉斗: 本物でも偽物でも、やること一緒ですがね(何)
GM: でもおれ
GM: 鳥越が全力で焼き払っても
Inuさん: 皓と一騎打ちして
Inuさん: 刀を奪い取るんですよね?<行動
GM: やるよ。鳥越(何
GM: ああ。そうだな。
Shinさん: 皓と一騎打ちをして、唇を奪(殴打音)<行動
Inuさん: 連城の空気感パねぇ
Inuさん: もっと燃やそうぜ
: (隅っこで正座)
Ascさん: だれかー、レンジョイに天麩羅油ー
Ascさん:  < 燃やそうぜ
Shinさん: 「ヒャッハァ!燃えろ燃えろォ!」
: え、しんごろどんが…?(軽蔑の目で(何))<唇を奪う
Inuさん: 汚物(ジャーム)は消毒だぁ〜
Shinさん: 生もの本は危険だからやめておけとあれほど…!(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

: えええええ
: 空木家全滅……っ!?
Inuさん: あー煽りがいのありそうな状況だな!<表
: 失墜が出て煽って戦闘途中に帰るとか
: 最悪でごさるな!
GM: 褒め言葉だな
七波: 蹴った(何
劉斗: 皓君の後ろから(アッ――!)
劉斗: とりあえず3対2か。
満月: まぁ、うん。今更だが、叫んでも良いですか。
満月: PC的には私、真面目にみなみさん殺したくなかったぁぁぁぁっ!!(だむだむだむ
満月: <何で今回に限って選ばれるの俺!(何
Inuさん: 皓ボロクソですね
Tekさん: フルボッコですね(何)
GM: 多分な。皆思ってたけれど。
GM: 今だから言ってるんだろ(何)
GM: <皓への非難
満月: あーあ・・・(何 <今だから
: (うわぁぁぁんっ!)
満月: 困った事に敵に同調する皆、か・・・(何 <非難?
: (えぐえぐ)
劉斗: 鳥越はミドルで非難しまくったから、今更抉る事はしないよ。安心して!(もう手遅れだし)(何)
満月: (ほろり
: ひっでー(棒)
: また僕NPCにもPCにもフルぼっこか(何)
満月: (ごごごごめんね (ごめんね皓君(><。
劉斗: ただ、皓が戦っている以上、手出ししないので。
劉斗: 3対2でしばらく戦ってください(何)
GM: しないのか…(何)
: まだ劉斗さんすねてるの(何)
Inuさん: 誰のせいだと
劉斗: 皓が全部決着つけるって言うし、
劉斗: 札の継承試験には関わらないって、約束してるし(何)
劉斗: まあ、連城や七波のカバーくらいはするよ!
Shinさん: 非難訓練をしておけばよかったな。
Inuさん: 【審議中】
: ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
劉斗: 非難訓練(何

劉斗: 荒神とも戦えばいいのかな?(何)
: うん。
七波: 3vs3か…(何
: 何かマジで悪手だったらごめんなさい今回……(あぅ)
: あ、いや、皓君はそれでいいと思うのよ!
: 少なくとも劉斗さんのへそを曲げさせたのは完璧僕の所為だとは思ってる。今回。
: それをいったら私もしょっぱなから鳥越さんからの侮蔑感情スタートでしたが。(何)
劉斗: そうですね。否定はしません。(何)
Inuさん: まあ鳥越だし……
Shinさん: 鳥越だしね…
: でも持ち主がきちんと解っている以上此方から渡したくはなかったんだ──!(主張)
: 安心と信頼の鳥越
Shinさん: 100人乗ってもだいじょーぶ!
Inuさん: 100人斬ってもだいじょーぶ!
Tekさん: 蹴散らされそうである(何)<100人
劉斗: おまえは緊急時でも甘いこと抜かしているのが気に食わん(何
: あれが素だから仕方ない! <甘い事
Inuさん: 失墜だったら
Inuさん: 理想を語って結局何も救えないとかバカじゃないのバーカバーカ
Inuさん: って凄い笑ってる
GM: ああ。
: 笑ってるだろうなー……
: 本当に皓君が可哀想だよ俺。(何)
: <パートナーだったみつきちがまさかのヤス
満月: うん、もうその辺り本当に御免としか言いようが無い・・・(何 <パートナーがこんなんですいませんっした!
Inuさん: まあDXは
Inuさん: 酷い目にあってこそのPC
Inuさん: という話もありますので
Hobさん: それはあるかもしれない。>酷い目にあってこそ
Ascさん: ああ、うん、そーだねーw



*** / ClimaxPhase

(本文)

: あ
: ごめん
GM: オチまでつけるなよ!(何
: まだどっちの刀がどっちだったか確定してなかったなwwwwwww
七波: 預言者か連城さん!(何
GM: 確定しろよ(何
: PCに持たせるならこっちだろうと踏んでの事だが
: いや、多分こっちが正解かと。
: よしじゃあこのまま確定させて貰う!(何)
: もう片方の刀は抜かれたっぽいし。
GM: つーか全部知ってるのは鳥越なんだから
GM: 語れよ(何
満月: 鳥越さんは本当に全部吐いてあげて・・・(何
劉斗: 皓が持ってる方が影打ちだとか、連城が言ってなかったっけ?(何)
: 影打ちが、二つの効果のどっちかっていうのはわかんないよ。(何)
Inuさん: 鳥越はもう
Inuさん: 面倒だから全部斬ろうって思ってるんじゃないかな
Inuさん: イライラしてるし
満月: それジャームじゃねぇか(何 <全部kill
: 影打ちは多分データ的に滅びの刃だと思うので
: こっちが撃ち滅ぼす方で合ってると思う。
劉斗: いや、実は知らないよ。二本ある、とかいうのはただの推測だったし。七波が情報かくしてたからな(何)
劉斗: 同じ性能だと思ってたから、どっちが本物かは知らない。
: 僕は実は解ってる。 <2本目
: おまえwwwwww
: でも……うん。今どうなってるか不安ではあるんだすっごく!
劉斗: じゃあ、自分の心に素直になれ!(何)
: でもまあこれで火渡さんが超再生能力もっている方持ってたら奪うまでつむし
: 言えなかったんだよ! ジャーム確定してない状況では!
GM: だから一人で駆け出して行きました
満月: それは分かる・・・(何 <ジャーム確定してない状況で言えない
: 戦闘中に言えたら言うよ!



*** / ClimaxPhase

(本文)

満月: 戦闘目的も違うのね・・・(何 <皆
: 僕は2個目的があるんだけど
: どっちもこの戦闘で達成できる……の、かな……?
GM: 倒したら達成するよ。
: おういえ。ならば頑張る! <どちらも達成
七波: 僕は目の前の荒神をどうにかせにゃならぬ…(何
七波: というか大勢決したら僕街の火を消しに行きたい…(何
Jibさん: 《雨粒の矢》の演出で、街に雨降らせればいいじゃない。
七波: やるよ(何>雨降らせ
Shinさん: 《雨粒の矢》の演出で、街降らせればいいじゃない。
Shinさん: に見えた。(何)
七波: 街!?(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

七波: 何かみつきちさんが早くなってやがる…!(何
: お前ら高いな。(何)
: <イニシアティブ
: これだからハヌマーンとかは!
Tekさん: IVあげるエフェクトっていいですね
満月: てへへ(何
七波: ぐお、荒神早い…!
劉斗: 荒神のIVは越せないな…。
満月: うん、私もIV聞いてびっくりした(何 <皆はやいなおい
七波: 10でビリッケツか僕…(何
満月: すごく、新鮮です・・・(何 <2桁でビリ
: 大丈夫エターナルブレイズで7まで下がるから。(何)
Tekさん: ひどい世界だ(何)<IV10でびり
: 災厄の炎超使いたい
: インフィニティコード制限が憎い!(何)
Shinさん: 待てよそこの放火魔(何)
: だって敵が4体くらい一つのエンゲージで固まってるんだもん!(何)
Shinさん: 君には《極大消滅波》があるでしょ!めっ!(何)
: ………
: それだ
満月: 帰ってこいよ・・・?(何 <使ってもいいけど
: (きりっ)



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: えっと。とりあえず自分は、目的達成のために、
劉斗: 火渡とみつきちに対しては攻撃を仕掛けたくないんで、よろしくお願いします…(何)<他はいいけど
満月: 本当に邪魔しないんだ・・・(何 <鳥越さん
: 荒神を攻撃してくれればいいですよ。
: じゃあ火渡やみつきちは私が抑えておこう。
劉斗: 皓はどっちを攻撃するのか。
: 満月さんは僕も手を出したくないんだよなぁ……本物じゃないと解ればいいのですが(劉斗さん見つつ)
満月: (どっちだろうねー (ねー(何
: あーうん、本物でも偽物でも私がボコボコにしておくから安心しておけ!
劉斗: 名前呼んだでしょ。
: 火鷹と荒神は少なくとも攻撃します(きぱ)
劉斗: 火鷹ちなうwwwwww
: ……
七波: 火鷹(何
劉斗: でも攻撃するんだよね(何)
: ごめんなさい。
: 本音が出たようです(何) <火鷹攻撃
満月: 白餅さん・・・(何
: それはボコってもいいよ。(何)<火鷹も火渡も
満月: まぁ、間違える気持ちは分かる(何 <漢字似てる



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: なんか気づいてないみたいなのでもう一度言うけど、正解はもう言ってるよ。
劉斗: >皓
: うん。
: 確認しました。
満月: (きりっ
劉斗: 鳥越が戦闘中に、懇切丁寧に分かりやすく説明するとか超ありえない(何)
: 23:05 (Ryuto) 「“BlankEasel”」
: これのことだろ。(何)<正解
: ですね。
劉斗: うむす(こく)
満月: (みにゃーん(何
: 化けてると解れば容赦はしない。
: 寧ろ散れ(据わった眼)
劉斗: バッステ暴走を解除した時に、理解するといいんじゃないかな。
七波: 本物は途中で自転車奪われて徒歩で向かってるのだろうか…(何
満月: まぁ待て。
満月: そうなると本物はどうなってる?と言う問いに行きつかんか(何
: 山で遭難してるんですよね(何) <本物
劉斗: 本物は空木に向かう途中で自転車が壊れてヒッチハイクしてるんでしょ(車止まってくれず)
七波: 「カレーうめー」とかしてるんじゃないの?(何
: ココニカレーでカレーを食ってる
満月: (うあーん皆どこー(><。(何
: つぅか本物だったら僕攻撃したくないよ……
: あと、札試験は潰さねば我が身がヤヴァい。
劉斗: 自分のために、みつきちを倒せばいいんですよ。
: もう皓君はあれだよFHに行って“アルカナセルとFHを潰す”という欲望を持ったFHエージェントになればいいよ!
: え? 行っていいの?(何) <FHに
劉斗: WDにして復讐者取って「みつきちの仇ー!」とやればいい。
Tekさん: やめて(何)<皓さんFHいき
Ascさん: いっそ
Ascさん: リエゾンエージェントでも目指すがいいさw
Hobさん: 高人「行ったら《コキュートス/インフェルノ》のフルコンボくれてやるよ」(何>津嶋君FH
: FHに言って一人称を俺に帰る皓君が目に浮かぶ
劉斗: 断固阻止だな(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

: あ、GM。
GM: はいな。
: 今回の影打データを一応教えてください。
: ってかマジで滅びの剣すかこれ。
劉斗: データ的には滅びの刃だと聞いた事があるけども。
GM: 命中:0/−2(100%) 攻撃力:+10/+20(100%) ガード値:6  
GM: 100超えた場合はガード値9
GM: 攻撃を行うたびにメインプロセス終了時に侵食率2上昇。
劉斗: (メモメモ)
: 滅びの剣ですねありがとうございます(何) <データ
GM: 特攻として「命中時:Eロイス究極存在を封じる」
GM: 以上。
満月: 究極存在ktkr
: 何か大事なことが出たぞ(何)
劉斗: おお、命中で発揮か。
七波: 100%越えたらドSブレイドと合体とかよぎった(何>滅びの剣
: 最終的にはそれも考えたこともある。 <ドSブレイドと合体
: でも劉斗さんが持って帰るっぽいので却下することにした。 <合体処理
劉斗: 皓君モルフェウスじゃないから無理でしょ(何)<合体
: 駆穂君呼んでRBぱぅわーで練成してもらうつもりだったもん!(何) <ドSブレイドと合体して1本に
劉斗: かるぼーの無駄遣いいけません!(めっ)
: ゑー(何) <無駄遣い
劉斗: というか、それを使うって言うんだから、それ一本で何とかするのがけじめでしょ(何)
: 今回は影打でがんばる所存です!
GM: つーか真面目に分解して打ち直すよ…(何)<技能を使って
: 打ち直してくれるなら歓迎する……



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: おお。白兵みつきち!
七波: みつきちさんが白兵に目覚めた、だと…?(何
Inuさん: 光の衣とか汚いな
劉斗: ……………なんかみつきちに台詞取られた気がする(何)
: とは言っても。
: 僕、満月さんを無視して前に突っ込めるんだなこれが。
劉斗: そしてRCだった。(何)
GM: さっきも23だな…(何
満月: いうなようあーん(何
七波: なんだっけ、馬鹿高いアイテム?(何
七波: <真理の花
劉斗: どんな効果だっけ?
劉斗: えーと、どれに載ってるんだっけ…
Inuさん: いきなり脱がしにかかった
GM: 鳥越に持たせて
GM: 刀おらせる予定だったが(何
満月: パブリックエネミーっすな。
GM: FH。42pですね。
満月: FHアイテムなんで・・・(何
Hobさん: ガードされた時に武器のガード値-10。さらにそれで0を下回ったらガードに使った武器破壊かな。
劉斗: 確認完了。



*** / ClimaxPhase

(本文)

七波: 81点で12点しか通らんの……?(何>鳥越さん
Tekさん: 堅すぎるw
劉斗: でも妖刀を失った。
Tekさん: そんな装備で大丈夫か?(何)<失った
劉斗: あとは、刀と盾だけ。
劉斗: 皓から返して貰う分があるからいいんです(何)
Hirさん: 問題なかったようだ(何
七波: テッドさんへのお小遣いを減らして刀の修復費へ、とかよぎった(何
Hirさん: Σ
劉斗: なるほど、その手が(ry
Hirさん: (やだやだ)(おやつおやつ)
: とりあえず当てに行くって事でいいかな僕。自分のターンで。
劉斗: いいと思います。
: って、あー……一閃だと満月さんが邪魔して前に行けないなこれ。
: 封鎖来たか。
七波: コノヤロウ(何>威圧とか
七波: 僕は影響は無いも同然だが、白兵組は辛いな
: これはマイナー使うしかないな。腹を決めよう。
満月: いや、マイナーでも無理っすよ。
: おや? 影走りの効果でも駄目っすか?
満月: エフェクトによる効果も全部封じての封鎖なんで、これ。
: ふむ。なら仕方ない。
: 満月さんを遠慮なく殴れと理解した!(何)
劉斗: 封鎖って、確か判定すれば切り抜けれるんだよな…。
: おう。
劉斗: 肉体同士で対決。
満月: 肉体は勝てねぇな・・・(何
Inuさん: それで突っ込んだのねwwww<絶対拒絶
満月: うん(何 <突っ込んだ
劉斗: そういうことは、つっこんだ時に言いなさいよ(何)
満月: あと、エフェクトによる突破防ぎ
満月: 忘れてたんです御免なさい!(何
劉斗: 封鎖されている時に対象移動のエフェクトを使用したらどうなるんだろうか(何)
満月: その辺り、分からないんだよな・・・(何 <あと、封鎖した自分が動いた場合どうするんだろう
劉斗: 自分は動けると思うんだけど
劉斗: まあ、再エンゲージされて侵蝕率上がるよりは、みつきちを背中から抱きしめ続けた方がいいか(何)
Hobさん: なんですか。今度はT氏でセクハラですか(何
Hobさん: >抱き締めとか
満月: (Σ (や、やだ (黒い人やだー(><。
Inuさん: エフェクトの効果で封鎖してんなら、自分で任意に封鎖は解除できるから解除して移動すればええんでない
Inuさん: 隘路で向かい合ってるとかいう状況だったら無理だと思うけど
満月: んー、サラマンの火の檻には「自身の任意で解除可能、再び封鎖する事も出来る」と書いてあるんすけども、
満月: エネミーEfの威圧だとラウンドに解除、としか書いて無いんすよな・・・。
劉斗: おお。このラウンドで解除されるのか。
満月: うん、ラウンドで解除っすな。
Shinさん: 鳥越がみつきちを背後から抱きしめてエンゲージを封鎖…?(何)
劉斗: いっそ、皓がみつきちを背後から抱きしめればいい!(何)
満月: (*ノノ
Shinさん: そしてそのままジャーマンスープレックス。
満月: (いたーい
Hobさん: まあそんなもんだよな(超失礼)(何>ジャーマン



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: おいみつきち。おまえ刀持ってるんだったら早く出せよ(何)
満月: もう出して使ってるよ(何 <刀
満月: 刀と言うか、概念的なものすけどもの。
劉斗: 刀でRCwwwww
: ん?概念?
: なるほど……カマかけてみるかな。
劉斗: 本体が、みなみだからね。
劉斗: 刀は寄り代みたいなものだから。
劉斗: それと同じことが、刀以外で起きていると考えればいいかも。
劉斗: つまり、みつきちで荒神を殴ればダメージが行くと。
劉斗: そういうことですね、久流先生!(何)
劉斗: (ヴァリアブルみつきちウェポン)
GM: より正確にいうと
GM: みつきちをフルボッコして花奪って解析したらダメージいくよ(何
七波: みつきちさんの頭を掴んで投げると(何
満月: (やーん(><。
劉斗: 《ヴァリアブルみつきちウェポン》をしてみたかっただけなので、お気になさらず!(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

満月: (全員の技能値を見た (・・・・・・ (何で技能二桁ある人が3人もいるんー?(何
七波: ってーか回避技能たっけえな…(何>15とか
満月: 君らの攻撃技能が軒並み2桁ある事も原因だと思うが(何
GM: 結構やさしく殺す気で考えてみたが(何)
七波: なんのことだか(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: ワールドデストラクションきたーw
七波: サラマンダー/ソラリスで白兵、だと…(何
満月: ちゃんと私は言った筈だ(何 <サラソラで白兵
劉斗: いや、嬉しくて…(何)<サラソラ白兵
劉斗: あれだけ刀使う描写で白兵じゃないとかだったら驚く(何)
満月: まぁね(何


そして火渡さんの行動が終わった――と思った矢先に宣言が。



: うわぁ参ったな。
七波: 更に押して来たか…!>時間凍結
七波: サラマンダー/バロール/ソラリスで業師、かな?
満月: バロールあるなんて初耳です火渡さん(><。(何
七波: ああ、時間凍結は80%…だったっけ(何
満月: 80%すな(何
七波: ぬおっ・・・!>堕ちる絶望
七波: ってかこっちピンポイント…!
: うぁ……!
劉斗: そうか、意志か…。
満月: こう言う時、ブラムスさん強いよな・・・(何 <意志回避出来る
劉斗: あれって、意志でドッジできるけど意志抵抗できないのか、どうなのかよくわからないので未だ取れていない(何)
七波: たっけえ・・・!
: 何かきっついのが来てる……!?
劉斗: 衝動はクリアできたか(安堵)
満月: やべぇ。 火渡さんマジ殺しにかかってる。 <邪毒6とか言ったぞ
: 邪毒6てダメージ18!?
劉斗: 18点か(何)
満月: 流石ハードモードの戦闘だな・・・(何
GM: 封じさせてもらう、とはいった(何
劉斗: 七波先生にマイクを渡したら戻ってきた感、だな…(何)
七波: うん、もうまともに動けん(何
GM: はなっからこの状況で侵食率一番高い奴、は考えていた(何
七波: 142%で残りロイス4個とか危険領域すぐる(何
七波: しかもクリンナップで倒れるの確定で、ロイスが3個になるです。
GM: 何言ってるんですか
GM: 皓君にまかせて気絶すればいいじゃないか
満月: 私が言う事でも無いと思うけど、寝てても良いと思うよ・・・(何 <少なくとも私は追いうちしない
: 次は本気をかます気で入る。
七波: 追撃も美味しい、とか思ったあたり一寸キてるな僕も(何
劉斗: ダメージ次第だろうけど、低HPではない限り、一撃では落とせない気もするが、
劉斗: そもそもヴァイタルアップ使ったっけ、と?(何)
GM: 使ってないな(何
: 満月さんだけな気がします。
満月: 此方は使いましたの。
劉斗: みつきちはジャームだからしょうがないか(何)
: でも体力増強があるっしょ。
GM: おれたちエネミーだから普通につけてるよ(何<体力増強
劉斗: 同じレベルだったら、体力増強だけよりは体力増強+ヴァイタルアップのほうがHPが高いだろうと思ってね。



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: 何が重要かというと
GM: みつきちが犯人でした。
GM: 文句あるならみつきちをシバきましょう
満月: (しばかれるじゅんび・・・ (うあーん(><。
劉斗: たまには強気なみつきちもいいんじゃないかな。犯人役おめでとうございます(何)
GM: ホテルに4人集まってるのに出てこれない雰囲気とかわかれ、とか無理難題云いました(何
満月: (うあーん(何
劉斗: 俺、みつきちには優しいから安心していいよ(何)
満月: やさ、しい・・・?(何
劉斗: こっちに攻撃してきたら磨り潰す。
劉斗: そうではない限り優しい。
満月: でででですって火渡さん!(何 <すりつぶされちゃう!
劉斗: 俺、みつきちには、封印してた石動姫の残滓が影響してると思ってるんで、優しい。
劉斗: 本体はアレでも。(何)
満月: アレとか言うなよー(何

GM: 質問疑問ごぜーましたら答えられる範囲では答えますが(何
満月: 俺おれも・・・(何 <答えられる範囲
: いつ決まったのかは知りたいです。
GM: 実は【火渡が登場して襲撃を切り抜け、みなみを連れ立だした直後】でした。
劉斗: ああ、もうそんな早いタイミングでしたか
: あそこか……
満月: 本気でPC側に取って最悪のタイミングでした・・・。
: ですな……
GM: 早いというかプライズ12溜まった時点で宣告する予定でした。
満月: あのシーンのせいで、みなみさんは完全に此方の事を信用してしまったんで・・・。
満月: <友達補正もあったし
: 全くですな……
劉斗: 誰も信用はしてないけど、そもそも会ってない(何
劉斗: <カレー屋以降
: お亡くなりは正直きっつい。
劉斗: みなみにロイスを取っているのは、みつきちだけだっけ?
GM: 実はね。
満月: 実はそうなんすわ。 <みなみさんにロイス
劉斗: じゃあ問題ない。
劉斗: 大事ならロイスを取ればいいだけの話。
劉斗: ロイスを取らなかったなら、それだけの存在。
満月: んで、信用云々と言ったら。 皓君はとある行動によって、みなみさんから完全に信用を失いましてな・・・。
: 刀を見せたことかな。
満月: うん。
GM: そーです。
: あー……裏目でしたか……
満月: それがかなり拙かった。
GM: 共生型ではなく支配型RBだったので。本人は事実自体は知りませんし。あの状況なら下手人とも思われましたので。
: そっすか……
劉斗: いつもと違ってPC間の連携が取りづらいこともあって、どう動けばいいのか掴みづらかったのもありますからの…。
満月: 今回、真面目に私も含め、PC側に取って裏目な行動ばっかが偶然に積み重なったんすわ・・・。
満月: 私で言えば、PC側ならばジャームの目的を防ぐ事が出来たかもしれない情報を持ったまま自分が選ばれてしまった、とか・・・(目伏
劉斗: (みつきちきさまー)(何)<ジャームの目的
満月: もしもジャームに選ばれたのが私じゃ無ければ、恐らく此方の目線からはジャームが誰であるかの絞り込みがある程度出来た可能性があったんだ・・・(何
GM: んとな。直前にみなみにロイス組んで
GM: 「伝えないと」と思ってたらジャームに宣告された(何
劉斗: (ほろり)
満月: うん、ある程度信頼できる人に情報渡そうと思ったらこの有様でした・・・(何
: 展開としては最悪なのでしょうな、今回(うむぅ)
満月: あと、ずっとみなみさんにもくっついてたから、今回のようにならなかった可能性が高かった・・・・・・で良かったんだっけ(何
劉斗: くっつくのが良いことなのか、それとも逆なのか?
満月: PC側のままならくっついてた方が良かった。
GM: みつきちがジャームじゃなかったら
GM: 普通にUGNに保護されてたよ(何
満月: うん・・・(何
劉斗: ジャームだったから、くっついてないほうがよかったってことかな。
: ぬぁぁぁぁ(汗)
GM: 切り離さないと行けなかったわけで。
満月: ジャームの場合は、寧ろ私とみなみさんを離さないと行けなかったんですけども、ジャーム決定の際のシーンがあの様な形となってしまい。
劉斗: あのタイミングでは、どうしようもない。
満月: 逆にみなみさんから信頼される形になっちゃったんすわ・・・(何
: そすか……
七波: 状況が悪すぎましたな・・・。
劉斗: あと、皓への電話は何だったので?
GM: 皓への電話、ってなんだっけな。
満月: 皓君が私にかけようとして、繋がらないって言った話じゃないかな?
満月: 多分、シーンに時間掛かってるから、と言う風に思ってるけど・・・(何
満月: <あそこで私が出たらあとどれだけ続くのと(ry
: ですね。
: あと出たら登場しないといけなかったでしょうから
: 侵食を無駄に上げさせたくないなとも思ってました。
満月: ご、ごめんね・・・!
劉斗: 時間かかってたシーンなので、呼びつけるってのは無いな。PL思惑的に。
七波: 状況全てが裏目に出ましたな・・・。
満月: そう言う訳で、総評して言えば「最悪のタイミングで、最悪な奴が、最悪の情報を抱えたまま選ばれた」なんですよ。 真面目に・・・(うにゃーん
GM: 要するに誰がジャームかわからないので。違和感や目的の剥離を見抜く必要がありました。
GM: まぁ。ゲームの目的自体は達成してますから「問題ありませんよ」。



*** / ClimaxPhase

(本文)

満月: んでもって、実は七波さんのシーンではポイント増えてません。
七波: んぇ?
: おろ。
劉斗: 七波のシーンでは増えず、その直後の鳥越のシーンでは増えた、と?
GM: 最低目標値は9だったので。8だった七波はプライズを加算してません。
劉斗: ああ、純粋に足りてなかったんだな。
満月: ですの。
GM: ただ。これを上昇しないとするとリミットが読めてしまうので。隠蔽しました。
七波: そう言えば9でしたな、追加って言われたからてっきり何か変わってるのかと思いました
劉斗: ありがとうななみん。おかげで助かったよ、俺だけが!(何)
七波: ええー(何
劉斗: いや、ジャームが誰か決まった以上は、うだうだシーン増やしてもしょうがないでしょ。
満月: いや。
満月: ジャームが決まっても、その間に私とみなみさんが離されでもしたらそれで阻止出来たんすよ。
満月: なので、此方としても長引けば長引く程やばかった・・・。
: 流石に満月さんから離すという発想はなかったな……
劉斗: その後にみつきちと会ったのは……
: ごめん、僕。
: <満月さんと会った
劉斗: まあ、無理ですね。心情的に。
劉斗: みつきちは、みなみを守るという目的にも合致してるから、一緒に居るというのは自然だった。
満月: うん・・・(何
満月: 皓君はそもそもの行動が拙かったからな・・・(何
: いやその
: 姫様と話すには此方が剣を持っていると示すのが早いだろうなと思って
: そっちの目的は思惑通りだったのですが……(ぅぅ)
劉斗: (よしよし)(なで皓)(何)
: (うぅ)
劉斗: セッション外で言うのも何だけど、
満月: (ご、ごめんよ (ごめんよ・・・ (なでころ
劉斗: 過ぎてしまったことを気にするな。行動で示すって言ったなら、後悔は後回しにしておくといい。
: あとは姫様に謝罪するしかない……どうしようこの後(うーぬ)
劉斗: 白兵系PCの誠意の示し方なんて、一つしかないでしょ(何)
: いやうん。
GM: 切腹か。
劉斗: 切腹ネタはもういいから(何)
満月: (ずばしゃー
: 荒神倒して姫様を100年の呪縛から解放することにってちょま(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

七波: というか何で僕、ミドル中は低くて困ってたのにCXでこんな逆にカツカツになってるんだろう・・・。
劉斗: ななみんは、絶望が効いたな…
GM: 封じさせてもらった(何
七波: てっきり《堕ちる絶望》以外の攻撃EFが混じってるからドッジ出来ると思ってた・・・。
劉斗: ……はっ
劉斗: そうか。意志と回避両方あるなら、選べるんだよ(何)
満月: ・・・・・・あ。
GM: そうか。
七波: ええー!?
: あーぁ……
満月: す、すまん其処までは私も忘れてた・・・!
劉斗: ごめん、コンボよく見てなかった(汗)
劉斗: きっと、この埋め合わせはみつきちが何とかしてくれる。巻き戻しはできないけど…!
満月: え、ちょ、ま、何その無茶振り!?(何
七波: 《妖精の手》使ってでも避けますよ、回避すればロイス2個分が浮きますし。
GM: 振りなおすなら考えてもいいが。
GM: こちらのリソースを削っておこう。
GM: っ〔時の棺〕
七波: ……(何
: 棺きましたー(何)
満月: さぁ、どっち選ぶ・・・(何
満月: と言うか何で時棺・・・・・・混沌の宿命か。
GM: 混沌の宿命ぐらいもってるわ〔何
満月: そうか・・・(何
劉斗: (何)
七波: そこまで徹底するの……?(何
GM: そこまで徹底するというか
GM: 異能の基点が七波なのはみなみの事例から火渡は知ってる(何
GM: <これもみつきちのジャームということがですね・・・(何
七波: え?>起点
GM: RBなら同様の危険な能力持っててもおかしくないからな。警戒してた(何)
七波: まぁ僕がホントのがけっぷちになる(回避EF分侵蝕上昇)だが、《時の棺》を削れば後々有利か…。
七波: まぁいいや、149%にしてそちらの《時の棺》を削っておきます。
GM: あいよ。
: ……あ。
: そっか、火渡さん……
GM: ちなみにバロールを持ってるというのは皓が知ってる(何
: うん(何)
満月: 言いなさいよ(何
満月: <いや私が言う事でも無いが(何
劉斗: 皓はホントに、情報渡してなさすぎだな。人のことを言う前に(ry
: 言う機会が無かったんだよ(何)
: いや、言ってない重要なことってあとひとつくらいだよ(何)
満月: 落ちつけ(何 <くらいじゃねぇぇぇぇ(何
劉斗: もう今すぐ言えよ(何)
: これはもう今は聖さんだけに言いたい。
劉斗: YOU言っちまいなよ!(何)
: (口チャック)
劉斗: 案外、自分だけの情報だと思ってたら、他の人が知ってて、余計な勘ぐりを入れてしまうことが多いと
劉斗: 今回のセッションで身にしみている(何)
: 情報は大事だと思い知りました(こく)
満月: 本当に御免な・・・(何
: いやうん。言ってもいいのですがセッション中にね……
劉斗: ああ。じゃあ俺知ってるかも(何)
劉斗: 俺が知っていることを皓が勿体ぶっている場合は、倒れた皓を踏もうと心に決めた。
: あと気になってるのは姫様どこにいらっしゃいますかGM!?
GM: 殺意に目覚めたみつきちによって粉砕されました。
: いや、言うべきことはほぼ隠さず話してますよホントにってマジ!?
劉斗: 「ほぼ」。
劉斗: 姫は居ないよ。
満月: (目逸
劉斗: みなみが居なくなったから。
: 話した後に得た情報であとあと会えなかったら伝えられないよ……
GM: 具体的にはネカフェで半分寝ているみなみを起こして路地に連れ出して衝撃でズタボロにしました。
GM: みつきち外道。
: そう、か……
満月: 落ちつけ。
満月: だってそれで良いかって言ったのGMだろ!(何
GM: いやほら。
GM: 評点入ったのなら今やの際にきました、とかでもいいな、と思ったので。
: 謝罪する対象が総ていなくなっちゃったな、僕。
劉斗: 俺に謝罪するといいよ(何)
劉斗: 俺のヘイトたまりまくり。
: だとしたら聖さんに話すことももうないな……(轟沈)
: ホント何もかも間に合ってない。火渡さんの言うとおりだよぅ……
劉斗: ただ、皓は肝心なことを忘れている、とは今の発言で思った。
: うな?
劉斗: バックアップは手にしてるじゃないか。
: ……あー。
GM: 一応ね。
GM: まー。結末的にミラクルが欲しければ
GM: 失墜に頼るというミラクルとかもあるが…(何
GM: <土下座しろよ!
満月: 本当にミラクルだよな・・・(何 <そして間違いなくしっぺ返しが此方にくる罠・・・(何
: でも
: 目的が無いならこのまま剣にまた縛ることはないと思ってます。
: 守るべき社も、封印すべき神もいないなら、そのまま解放してやりたい。
: 剣はもう持ち主もいないのでどうなってもいいけど、これ以上はもう姫様はもう解放してやりたい。
: その為の努力ならするよ。それしかないもう。 <姫様開放の為荒神を倒す
劉斗: だから俺に刀を渡せと(ry
: 劉斗さんに姫様渡したら使役するだろうからやだ(何)
劉斗: 馬鹿を言え。俺のロイス感情を見ろ。(何)
GM: 友情(何
劉斗: 皓は友情だから使役する。
満月: なぁ、友情の意味分かってる?(何
劉斗: 見返り無く使役させる。
満月: そう、か・・・(何 <見返りなぞ要らぬ
GM: ちなみに純愛なら?
: 聞くなよ(何) <純愛なら
GM: 愛情を持って使役するとか どんなSだよ(何
劉斗: 言われてしまった…(何)
満月: えすえーむ・・・(何
劉斗: あと、皓にはあまり俺を見くびらないで貰いたい。
: 見くびってるつもりはないのですが(きょどる)
劉斗: 皓があんまりうだうだ言い続けるんだったら、皓のロイスと引き替えに姫をどうにかしてもいい。
: だから倒す気はありますよ。それは間違いない。
: 目的は違えてません。それだけは必ず成し遂げる。
劉斗: だから一人で背負うなと(ry
劉斗: あと、倒さないと、七波と連城の目的も達成できないから(何)
: だからそれ以上はもう姫様は解放してやりたい。それだけですわホント。

GM: なぁ。みつきち。
満月: なんだい。
GM: 第三者的視点で言うと【器】であるみなみの存在とかもう風化してるよな(何
満月: 言うなよ・・・(何
GM: なにをいうんですか
GM: EDでみつきちが精神的ナイフで刺されるか精神的ドリルで抉られ上パイルバンカーで打たれるかの違いが出てくるのに(何
満月: (うわぁぁぁぁぁぁぁん!!(何 <ED
: 満月さんも確かに痛いですよね……うん……
GM: 普通のロシアンに
GM: 情報隠蔽要素足してみただけだが。
劉斗: みつきちは、wktkと皓や聖や七波の背後から抱きしめてあげればいいですよ!(何)
劉斗: <いつもと逆dに
満月: まぁ、うんさっき鳥越さんも偽物と言ってたから良いか。
満月: 自分の姿に似せられた上でみなみさんを殺されたとか、正直自分がやったでは無いとは言え、
満月: みなみさん視点からすれば私がやったと思ってるから結果的に私がやったのと同意義だよな、とか・・(うわーん!!
: 満月さんには真実を知らせないでおいた方がいいな……とは思ってる。
満月: 今回って、ある程度の裏事情を知ってる目から見れば下手をすれば満月のロイスもごっそり削られた可能性もあるからな・・・(何
満月: <知り合い空木市に集まりすぎだろ・・・(何
: まぁ、姫様が消えてしまったならもうそれで仕方ないと割り切ります。
: 彼女の代わりに必ず荒神を倒す。それだけだ!(無理やり意識奮起の方向に頑張る!)
劉斗: みつきちに、■感服/侮蔑でロイスを取っているんだが、
劉斗: みつきち分と、姫分の残滓だと思っているから、感服のままで暫く持つことにする。
: 姫様が満月さんとこにいるのかなと思ってたのですが。
: それは外れたなーと。
劉斗: 残滓ですよ。
: うん。ですので手を出したくなかった。 <残ってるっぽい
: だから終わった後、ごめんなさいしてそのまま解放されて欲しいなと願ってます。 >姫様
GM: まー。鳥越さんならわかるかもしれんが
GM: 石動姫はもうはるか昔にちょろっと出てたりする…(何
劉斗: …………
満月: おおおおういえ!?(何
劉斗: ど。どれだ………?(何)<はるか昔にちょろっと
劉斗: 平安セッションですか?(何)
GM: さざめく海にちょろっと(何
劉斗: !
劉斗: (いそいそ)
満月: 本当に遥か昔だな(何
劉斗: すげえ懐かしい(何)
劉斗: さざめく海は、作句でいっぱいいっぱいだった(何)

劉斗: まあ、私が手を出していいんだったら、みつきちを斬りますね(何)
GM: キレテナーイ
: もう出す必要無いでしょ前に行ったんだから(何)
劉斗: 札としては、みつきちよりも火渡の方が適任。
満月: (ぇー (私だめなのー?(何
劉斗: 性格的にな(何)
満月: 性格的か、そうか・・・(何
: ちなみに火渡が札になったら、僕も下位組織に引きずり込まれるとか何とか言う話も無きにしも非ずなので
GM: いやないよ。
: おお。
: 良かった。あの情報結構不安だったのですよ!
GM: 下位組織にひきずりこむような算段を立てるだけで。
劉斗: スペードですね分かります(何)
GM: 未確定です!(何
: ……
: やっぱりあるんじゃないですか(何) <下位組織
満月: あーあ・・・(何
GM: 話はないよ。
GM: 話をしようと思っています!(何
: しなくていい(何)
GM: ぇー(何
: まぁだから火渡さんは札を継がせる訳には行きませんのですよ。
劉斗: そうなる前に、各務に所属するんだ!(契約書ぴらぴら)
: ……(何)
: 後門の狼、前門の虎ってこういうこと?(何)
満月: 成る程。
満月: つまりその為に私が札になって皓君を護るんですね(きりりっ
GM: じゃあ代わりにみつきちをランクアップさせる。
: 落ちつけ満月さん(何)
満月: (にゃーん(><
: せめて先ずは大学時代にバイトくらいで勘弁してください……
劉斗: 俺は、皓に対して妥協だけではなく、随分と手厚く便宜を図っているんだが。
劉斗: 何故こうまで拒絶する。火鷹に似ているのが悪いのか(何)
: いやだって
: 何か入った瞬間レネ研所属確定っぽくないですか?
満月: 確定だな・・・(何
劉斗: しょうがないなー(バイトで所属先は3課な)(何)
: 「あの」面子がいるとこですよ? 本能(PL)が危機感感じてるのではってちょ(何)
: 3課ってまさにレネ研でしょ!
GM: 要するに。荒神を打倒した後。病を受けて。姫様は自分の力を凡そ二つに分けました。
GM: 一つが子供。
GM: 一つが部下。
GM: 以上(何
劉斗: 部下が蔵人。
: 子供が子孫で部下が剣なのですよね。
満月: そうなんだ(何
GM: 違うけれどな(何
満月: おま(何
: 子供は今回で滅びたから……後は剣だけすかねって違った(何)
GM: 剣は別に意識体とかこもってないよ!(何
: その代り滅びの剣に化けたんでしょ(何)
劉斗: 帯びているだけですな。
劉斗: 帯びているだけ…だけど、誠を尽くす対象としては二振りの剣だけかな。
劉斗: 刀っていうか、形は何とでもなるんだけど。
GM: まー。だからRBだから普通にカタチは作れますよ(何)
: でも消滅したのですよね?
劉斗: みつきちが持っている花を奪い取って握りつぶすとか(何)
劉斗: ビジュアル的に割と外道でいいと思うな!(何)
満月: (やーん (こー君ひどいです(><。(何
GM: 消滅というか
GM: 石動姫としての意識というのは存在しないよ。
: 無個性なRBに戻ったってことかな……?
GM: そだね。
劉斗: 遺言をのこしてくれたし。
: 解りました。
: もう何も言わない。眼の前の対処に全力を尽くす……!
GM: 今回PC全員の選択の結末なのでそれはそれで…(何)
: 事が落ち着いて、EDなり裏なりでひとり激しく反省することにする!
: それまではもう後悔の言葉も吐かない! 此処から変えていけばいいだけだ!
劉斗: 反省するんだったら、何でも一人で背負い込まないという点だけにしてくれ(何)
: (みぃ)
満月: (なでころ
GM: 「刀返して楽におなりなさい」とはいったがな(何
: あんまりそのことについて自覚してないので
: 言い聞かせてやってください、マジで。 <一人だけでしょいこむな
: 甘え下手なんです僕……
劉斗: 俺に甘えるといい(ずずい)
: 劉斗さんにどうやって甘えればいんですか!?
劉斗: …………なでてやろう(何)
: (上目涙目) <劉斗さんに甘え
GM: じゃあ。
GM: 「僕みたいになるんだが、君はそれでいいのかい」と
GM: 今回でないだろう人で言うしかないよ(何
: 駆穂君か……
劉斗: (よしよし)
: (うにゅぅ)

七波: 皓さんに励ましの言葉をかけてあげたいなぁ、それ以前に自分の帰還が一番の問題ではありますが。
: 七波さんは先ず自分が帰ることを考えて!
満月: 個人的に言うなら、此方もEDで皓君と喋りたかったりする訳だが・・・(何 <まぁその前に私も帰る事を(ry
: 満月さんの帰るは
: 『道に迷って帰る』ですよね(何)
満月: バックトラックだよ(何
GM: んーと。
GM: みつきちにもバックトラックは存在します。
: おお。そうでしたか。 <満月さんもバックトラックあり
GM: バックトラックに失敗すると
GM: …まぁ。誰か知ってるだろ。
: ジャームすよね、普通は。 <バックトラック失敗
GM: もう普通かは言い切れん(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: 剣の行方は何処に行くんだろう…(何
: (劉斗さんを見た) <剣の行方
満月: (じっと(ry
劉斗: 悪いようにはしないよ。
劉斗: 尊敬ポジで取っているし。
劉斗: 多分、生まれて初めて尊敬でポジ取ったんじゃないかな(何)
: 剣はもう劉斗さんにでいいですが
: 姫様はいないで欲しい。切実に。
劉斗: じゃあ姫様解放の代償にバロール分を失うとかすればいいのかな(何)
: もう劉斗さんはクロスに戻るのだと思ってましたが(何)
満月: 本当に戻るんだ・・・(何
劉斗: まだ迷ってる、ん、だ…(何)
劉斗: トライのままなら奇妙な隣人取らないし、クロスになるなら奇妙な隣人もありかなと思わないでもないし…
: ホントに取るんだ…… <隣人
GM: 起源種+隣人かな。
満月: D分のロイス枠どうするんすか・・・(何 <隣人
劉斗: だからまだ迷ってるんですって。皓を捨てて隣人取るかどうかとか!(何)
: 此方から言わせてもらえばロイスを切られるのはやっぱり寂しいですが
: それ以上に取りたいというのであれば此方の強制力はないですしな。
劉斗: 今回、皓へのヘイトがたまりまくってしまったんで…(何)
GM: ドンだけ溜まってるんだ…(何
: でも常識的に考えて
: 今回の状態で渡せませんと思いません……?
: 泥棒して他の人に譲渡なんて出来ませんよ僕……
劉斗: 出来ない理由を理路整然と言っていない。
GM: 姫様「じゃあ刀返して責任を取ってください」
劉斗: ただのわがままを言っているだけに聞こえる。此方もそうだが(何)
劉斗: 鳥越に心情的な訴えかけは効かないよ(何)
: 自分が強奪してしまったので、謝罪も兼ねてきちんと自ら返還したい。
: その上でこの力が必要なら、改めて譲渡してくる。
: とは言ったとは思いますが……言ってませんですっけか。
: そこは譲れない筋だったようです、今回について。
GM: 言ってるよ。
GM: でも姫様(=みなみ)の心情的には単純に呆れてるだけだしな…(何)
: ただそれが裏目になってしまったのは誤算過ぎた……
満月: 少なくとも頭抱えたな・・・(何 <やっちまったな的な(ry
GM: 刀なくて普通に話してたら
GM: みつきちの情報と皓の情報を共有できた(何
: いいんです、こちらの誠意がきちんと伝わらないなんて良くあることですから。
: 悪手は打ったと解ってしまえば反省するしかないですが
: あの時の僕の立場と思考では、あれしか思いつかなかったんです……
劉斗: 皓はホントに甘え下手だな。
劉斗: 「劉斗さん、僕に、この件のケリを付けさせてください」これでいいのに(何)
: ……言ってませんっけそれ(何)
劉斗: いや。
劉斗: 言っている対象が、鳥越に対してではないから。
劉斗: お前の誠意はどっち向いてるんだよと。
: 今は多分姫さま。 <誠意
劉斗: 皓から取り上げておけばよかったんだな…(何)
: そっか……(轟沈)
劉斗: 面と向かって対している相手にそっぽむいて別の人へと返事をしたら、気を悪くするのは当然。
: わかった。次のターンで言いますので手を貸してください劉斗さん。
劉斗: ちゃんと言ってくださいね。俺の心証、もう0に近いんで(何)
GM: おまえらな仲良くしろ(何
満月: (けんかはやめてー(何
劉斗: 皓に対してはおとなげない俺!(何)
: (みぃ)
劉斗: なるほど。これが友情。
GM: おちつけ(何)
劉斗: (俺はお前に目的を直球で話したんだから、お前も俺の顔を見て答えてくれないと許さないんだからね!(何
GM: 「だから俺に頼れって言っているだろう」(足蹴)
劉斗: うん。まあそういうことです。<俺に頼れ
: こっちとしては普段と変わらないつもりでいるんですがなー(いたぁい)
: あんまり頼ったことないですよねそう言えば。
: あんまりどころか皆無か……?
劉斗: 何のための「友情」ロイスなのかと。
劉斗: 皓はそんなに俺を信用できないのかと思えば、此方としても対応を変えざるを得ない。
劉斗: そういや、皓って鳥越にロイス取りましたっけ?(何)
GM: ・・・・・(何
: 取ってますよ!
劉斗: 俺なんか不信感で取られてる気分(何)
劉斗: もしくは取られてない気分(何)
劉斗: <ほんとこいつ俺に好意抱いてるのか?
: ■信頼/隔意じゃなかったかな。
: 不信感は無いです。
劉斗: 信頼……………?(何)
GM: ……(何)
満月: あーあ・・・(何
劉斗: されてない気がする(きっぱり)(何)
: 僕基本感情をネガで取ること無いですよ?
GM: ■有為 □隔意っぽい気はしないでもない(何
劉斗: 隔意がポジだと思っていた。少なくとも言動からして(何)
: 普段からこんなですけど! 今回モノ絡みで劉斗さんの色眼鏡絶対かかってますよ!
劉斗: それは
劉斗: 皓のほうでしょ(何)
劉斗: 目的は確かに刀だけど、刀以外については何時もと同じ。
劉斗: 何時もと同じ、ちょっぴり優しいドSです(何)
: あと自分のやったことが内心凄くショックなので
: 多分その心情を誰にも読まれたくないんだと思う。
劉斗: YOU、ポジネガ反転しときなさいよ。(何)
: 僕も特に変わったことはしてないと思いますが……?
: 違って見えるのかな。
劉斗: どう見ても隔意表だよ(何)<心情誰にも読まれたくない
: 反転したらまた頼みごとし辛くなるのでしない
: 一度怒鳴りつけてやっていいと思うコイツ(何) <戦闘中
劉斗: 今の皓が、信頼/■隔意。
劉斗: それを、■信頼/隔意にしてくれと言っているだけですよ(何)
: ネガポジ反転宣言したつもりはないのに(何)
劉斗: 取得時から隔意表です。
: あれ?
: (見に行く)
劉斗: 皓マニアの鳥越が言うんだから、間違いない(何)
GM: 限りに無く信頼してる
劉斗: PLの宣言と、PCのロールが一致してないんですよ(何)
: あ。違う。
: ■信頼/憤懣だったっぽい。
GM: キレてます。
劉斗: じゃあ憤懣にしといてください(何)
: 今はね(何)
劉斗: 信頼されてる感が伝わってきてないから!(何)
満月: 今回に関しては逆じゃね・・・(何
: 次で反転して頼むことにします/
劉斗: 信頼/■憤懣、ですね。現状(何)<鳥越の目から見て
: んじゃ今はネガ表って事でお願いしますGM……気づかぬうちに変わってたんですきっと(何)
劉斗: 俺、嫌われている相手に優しくできるほど人間できてないから(何)
: 一度怒鳴ってくれていいですよマジで。 <戦闘中
GM: 「劉斗さん。ケリをつけたいので力を貸してください!」(子犬のような目で)<■信頼/憤懣
満月: (犬耳バンド置いときますね
劉斗: 「分かった」わりと即答(何)
: はやっ!(何) <即答
劉斗: おまえは俺にまた「!」を使わせる気か(何)
GM: また俺のセッションか・・・(何
GM: 鬼姫でも「!」とか使ってたのに・・・(何
劉斗: あれも、くりゅどんのセッションで、皓に対してじゃなかったかな……(何
: 頼られるのを喜ぶタイプですか劉斗さん。
: 使っていいじゃないですか!
劉斗: 考えてもみてくれ。
劉斗: わんこがしっぽをぱたぱた振って、すり寄ってくるんだぞ。
劉斗: そりゃ可愛いと思うに決まっているじゃないか(何)
: 完璧犬扱い(何)
満月: (U^ω^
劉斗: なでなでするよ。無表情だけど!(何)
GM: わんわんおー
劉斗: 何気にネガ感情には敏感だから、信用されてないと感じたら鉄になるよ(何) だから、その逆。
劉斗: <頼られるなら
: んじゃ早く動きたいのは確かなのでお願いします/
: その後倒れたらもう剣も託す。
: てか本気でやる気でいるので次撃ったら僕すっからかんになるとは言っておきます。
GM: ななみんの決死の覚悟で
GM: 時棺はないから安心してくれ
: おういえ(感謝!)
劉斗: (七波んありがとう!)

劉斗: そしてみつきちや火渡の事は完璧スルーでごめんね…(何)
劉斗: 俺の頭は、皓へのむかつきでいっぱいです(何)
満月: (みーみー (すみっこちょんぼり(何
GM: (みつきち蹴りだし)
劉斗: 次のラウンドで、なんとかしたい…!(何)
劉斗: でも、構われたくはないんでしょ?(黒服的に)(何)>みつきち
満月: (黒服さんには近付いちゃなんねぇ (私の中で何かが囁いてる――!(何
劉斗: 白衣の某医者「(よしよし)」みつきちなでゆ(何)
満月: (Σ (・・・・・・ (まだ白い人の方が良いです(><。(なでられつつ (何
劉斗: 白衣の某医者「Σ(みつきちさんにちょっと許してもらえた…!)」感涙(何)
満月: まぁうん、EDでは私御堂先生の病院に入院してれば良いか・・・(何
劉斗: 市民病院に入院しといて(何)
満月: (市民病院に (お世話になります(><(何
劉斗: 白衣の某医者「お世話させていただきます」椅子の上で正座&三つ指たてて頭下げ(何)>みつきち
満月: 椅子の上(何
: 火渡は倒したいんです。
: あ奴の所為で今の僕がこんな事に……っ!
GM: というか
GM: じぶんで先走った後の始末だしな…(何)
GM: <UGNとかこんなの日常茶飯事だと思う。
満月: あーあ・・・(何
: (うわーん)
劉斗: くりゅどんの巧みな罠に、まんまとひっかかっただけです。がっかりしないで!(何)
: ああ、それを確認したいのですが
GM: あい
: 満月さんと別れて、火渡を追って、そこで洗脳→UGNクリスエージェント駆けつける→ぶっ倒して逃亡
GM: そこまでは問題ないですね
: 空木市到着して一週間剣の警備を探る→強奪(火事)=OP
: こんな感じすか?
GM: ですね。
GM: 警備の中には他エージェントの排除も含みます。
: 神社で記憶操作食らったぽい記述があったので
: 何処で先ずはもらったのかちょっと疑問でしてな。
GM: 神社ではなく神社で「記憶操作解除」されました。
: ああ、解除の方……
: そこでOPになるってことですね。
GM: 姫様の影響ですが。まぁ。死人は黙して語らず。
: 姫様が解除してくれたのか(なんと)
劉斗: ってことは、OPで神主が「宝、刀、を…」って言っていたのは、「返せ」って続けたかったんですかね?(何)
劉斗: <取り戻してくれ、ではなく
: 多分そうでしょうな/
GM: ですな(何)
: (うわーん)
満月: 皓君が神主さんずばしゃーやっちゃった以上、そらそうだろうな・・・(何
GM: でもまー。皓君エナジーで
GM: 不殺生だったからいいじゃないか。まだ(何
: でも後で殺されちゃったじゃん……(えぐ)
GM: それは
GM: 対応次第だしな…(何
GM: <みつきちの無双
: (しゅーん)
満月: (うにゃーん
GM: ちなみに
GM: みなみが死んでなければ
GM: 行動しませんでしたよ(何
満月: そうか・・・(何
満月: UGNだとかが護衛をつけていれば、また違った展開になったでしょうけどもの。
: 今回僕は踏んだり蹴ったりだな心情的に……まぁ自分が悪いんですけども!
GM: 入院してるままに会いに行ったのなら
GM: 口伝があるので普通に渡したりも考えていた(何
劉斗: 口伝?
劉斗: そのもの黒き衣をまといて(ry
GM: 要するに荒神という管理が目的でここに刀と血脈を置いているんだが。限界もあるだろうから
GM: 事態の(ry)を依頼して譲り渡す事も口伝の一部としてあった(何
劉斗: ですって皓君!(何
満月: あーあ・・・(何
劉斗: 俺のノイマン脳は、いろいろなものを飛び越えてしまっていたらしい(何)
: それを事前に解ってたらごねませんでしたよ?
: でも僕の認識はあくまで神社のものでしたから
: 返すべきところに返すのが筋だとですね。
劉斗: 此方の思惑としては、封印を守る神社なのだから、いざという時に宝刀を使わずして手をこまねくわけにはいくまい、という考えだった。
劉斗: この辺、ロウとカオスな相違かと思った(何)<考え方
GM: あーあ(何
満月: まったくすな(何
劉斗: だから、筋としてはどっちも間違いではない。
: でも
: そういうことは言ってくれませんでしたよね劉斗さんも……?
劉斗: 分かってると思っていたら、分かってなかったんだな(何)
: だから言葉が足らないと(何)
GM: まー。正直な所
GM: これが普通のDXなら皆一丸となって行動しててなんともなく解決してる(何
満月: だな(何
: ですねぇ。
劉斗: 今更そんなことを求めるなよ。照れるじゃないか(何)<足りる言葉
: もっときちん話してくれれば良かったのに!
劉斗: あと、七波からきいたんじゃなかったっけ?
劉斗: 聖も居るし。誰かから聞いて知ってると思ってたんだよ。
: 聞いてません……
劉斗: それを説明するのは俺の仕事じゃないので、悪しからず、だ(何)
: 僕、記憶が戻るまでは本気で荒神も
: 姫様も、各務やUGNが動いてることも全く知らなかったんですよ。
劉斗: 記憶を戻さない方がよかったかな(何)
GM: 最後の最後まで七波のロックはついたままだったから
GM: 二振りあるのも封じられていた(何
満月: 聖さんとの交渉の時もロックついたままだったので?
満月: <七波さん
GM: 交渉の前までですな。
満月: なる。
劉斗: 七波のロックが後々響いたな。
満月: 本当に色々と裏目になったセッションだったなぁ・・・。
劉斗: インスピで無理矢理推測したけども。
GM: 単純に。鳥越の欲しい刀を達成させるには
GM: 血脈あるからなんとかまかりませんか?でいけるからな。
: あと多分剣はもう二振りないと思う。
劉斗: 剣はもう形を変えたと思っている(みつきち見つつ)
満月: (みー?
劉斗: 血脈は、もう無いのでは?
GM: みつきちノセばいい
満月: (うあーん(><。
劉斗: みつきちをお持ち帰りすればいいのか、なるほど。
満月: (Σ (や、やだー (黒い人やだー(><。
劉斗: 楽しい人体実験の時間です。

: 何か僕の場合は、記憶が戻ってから情報が本気で飽和状態になったので
: 何処まで伝えるべきかそうでないべきか、PLレベルでパンクした感はあります。
劉斗: 今回のセッションで得た教訓は、情報の共有はとても大事!ということですね(何)
GM: うん。大事。あと仲間信用するの大事(何
GM: セッション自体は失敗ではないので気にせず
満月: ある意味失敗では無いな・・・(何
: セッションは失敗ではないでしょうが
: ロールは最悪だったと言わざるを……(あぅ)
劉斗: セッションはそんなに滞りなく、普通に進んでますね。DX的に(何)
: まぁ教訓とします!
: そしてもうちょっと頼ることを覚えます……
劉斗: そうして!
劉斗: でないと、一方通行で寂しいから!(何)
: とりあえず
: 劉斗さんにお願いするから!
: 手を貸してください!
劉斗: 次のラウンドの頭で言ってくれるんだったら、赤方偏移世界を使います。
: いいますよ。
劉斗: まあ、言ってくれなくても戦術的に最適解として選びますが……(何)
: 言った方がいいですよね(何) <戦術的に考えるより
劉斗: そうですね。
: その前に叱ってくれてもいいですが。
劉斗: 叱る気も無い。
劉斗: こいつ、いつになったら理解するんだろうかと、冷めた目で見てますから(何)<頼れよ!
: (うにゃぁ)
劉斗: エア信頼から、真の信頼へのチェンジお願いします!(何)
: ただ認めて欲しいから頼りたくない人。
: そういう意識は無きにしも非ずでしてな……

劉斗: あとですね、
: み?
劉斗: トリガーのラストで芦屋と失墜に契約を持ちかけたのは、ものすごい親切心ですよ。冗談抜きで。
: そうなんすか。
: 何を隠したのか解らないので何ともなのですが……(みぅ)
劉斗: 下手すると敵がもう一体増えてるかもしれない。(何)
劉斗: この戦力でもう一人来られたら、マジで死ねる。
: 芦屋は敵に回るとは思ってました。
: 来なかったなーと。
劉斗: それが取引ですよ。
: ふみ。
: それはありがとうございます……!
劉斗: 自分の利益だけで行動した訳じゃないんです鳥越も。分かって!(何)
劉斗: ぼろぼろになった状態で、芦屋に攻撃されたらたまらん。(何)
劉斗: まあ、でも真相はPC達にはもう分からないだろうと思う。
: こちらとしては
: 掴んだ情報から芦屋が敵性だと判断していたので
: あっさり手を引いたことに意外としか思わなくてですね。
劉斗: それが交換条件でした。
: 芦屋さんの情報自体は此方は知りませんからのう。
劉斗: EDか、アフタープレイで分かると思う(何)
: 楽しみにしています(何)
劉斗: 鳥越にできる子守は、その契約と、荒神と戦うくらいだから。
: ついでに
: 僕達が札に引き込まれないよう助けてください!
: 割と洒落にならない。
劉斗: ああ。
劉斗: それは、今回のセッションでは無いな(何)
: ならいいですって今回(何)
劉斗: はっきり言うけども(何)
劉斗: 今後はわからんけど(何)
劉斗: だてに情報系じゃないです(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

: 侵蝕率は現在120っと(めも)
劉斗: 此方も120%
劉斗: …………連続消滅波チャンスですね(何)
: ……
: それだ……(何)
満月: やる、の・・・?(何
七波: 撃つ気ですか……?(何
: マジで……?
七波: 皓さんは普通でいてくださいね……?(何
: 僕120%持ってないから大丈夫(何)
: 持つ気もない。
: (皓君も打つー?)(何)
: 撃ちません(即答)
劉斗: 此方は今回、極大チャンスを連城に譲ることにします(何)
: ダブルで打とうよ!(何)
劉斗: 火渡も使ってくれたんだから、ここで一致団結すれば、1戦闘で4大消滅波、か…(何)
満月: 私が言う事でも無いけど、皆落ちつけ(何
: ……フル撃ちで36%上昇か……やっぱ燃費わっるいな……(嗚呼)
満月: ハヌマーンの宿命だから仕方ないよ・・・(肩ぽむ
劉斗: こっちはフルじゃなくても43%上がるから、大丈夫だよ(何)
: どんな攻撃すかそれわ(何)
満月: 鳥越さんは落ちつけ(何
七波: 鳥越さんはもう……(何
: みんな頑張るな……(何)

: あ、ごめん、今エンゲージってどういう感じだっけ。 [PC・みつきち][鳥越]5m[荒神・火渡]でよかった、のかな…?
劉斗: いえ。
劉斗: [PC・みつきち・火渡][鳥越]5m[荒神] こうかな?
劉斗: みつきちのエンゲージに火渡が入ってきてたし。
満月: いや、火渡さん動いてないっすよ。
: 火渡りは荒神と一緒ですよ。
GM: 移動してないよ(何
劉斗: あれ? 何でこっちに来たの?って話してた気が。
満月: それは最初の私の行動かな(何
七波: Eロイス起動の為にエンゲージに突撃してくたんでしたっけ(何
満月: (きりっ(何 <Eの為
七波: 火渡さんはRC攻撃でしたもんな。
満月: 白兵の癖にRC使うとか無いわー(何
GM: 白兵もわざわざワールドデストラクション使ったわ(何
: 白兵でワールドデストラクションしてきて
: 視界で攻撃してきたとかサラマンにあるまじき行動を!!
七波: おや(何>ワールドデストラクション
GM: サラマン炎はおだまりなさい(何
: ワーン!(何)
GM: [PC・みつきち][鳥越]5m[荒神・火渡] が正しいかと。
劉斗: 了解。
: おっけ
: その後にRC攻撃もしてきたよねたしか(何)
GM: 時間凍結でな。
七波: 僕が甚大な被害をこうむりました……(何
GM: HP削れるっちゅーに。
劉斗: みつきちひどいやつだ。
満月: え、ちょ。私かんけいない(><。
GM: みつきちはひどいが(何
満月: 何でだよ(何
GM: 減らしておかないとダウンすら奪えないまま撤退もあり得るからな(何
劉斗: 撤退した場合、札を継承するのはどっちになるんでしょうかね?
GM: みつきちです。
七波: あとで自宅に郵送されてくるんですね(何
劉斗: 着払いで。
劉斗: 何札?
GM: 塔。
劉斗: 塔(笑)
満月: 笑うなよ(何
劉斗: いやほら、歴代の塔って扱い不遇だし…(何)
GM: 不遇だから選びました(きりっ
七波: あーあ(何
: あーぁ(何)
満月: (うにゃーん(何
GM: PCここまで軽く追い込めばいいんじゃね(何<塔
: 満月さんも叩く必要があるのか(ふむぅ)
満月: (Σ (こー君ひどいよぅ(><。
劉斗: エンゲージにうっかり入ってくるようだったら、範囲で叩けばいいかと。
劉斗: こー「(僕の)満月と同じ顔で、唆すな――!」
劉斗: とか言えばいい(何)
満月: (*ノノ
GM: イケメンフェイス。
: 冒頭待てよ(何)
七波: イケメーン(何
GM: しょうがないな
GM: 聖「(わたしの)満月と(ry)」
GM: そらよ
満月: (///
七波: 連城さん(何
: そうかそんなかんけいがー(棒)
劉斗: 素晴らしき羞恥プレイ(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

Hobさん: しかし、くりゅーさんセッションでそこまできっつい戦闘って珍しくないすか。
: え。
: 久流さんセッションって
: 此処ではハイレベル戦闘のGMだって僕思ってますよ。
GM: テクニカルではないがな。
劉斗: いつもと同じくらいですね。難易度的には。
劉斗: だから燃える。
Usaさん: 戦闘厳しかった気がする
Usaさん: <久流さんの
Usaさん: たつきさんのは半端無いけど(何
: それは誤解です(何)
Hobさん: 参加したのがあれなんだろうか。中〜中の上くらいだと思ってた。
劉斗: たつきさんのは計算できないのが怖い(何)
Usaさん: ですね(何)<計算できない
GM: たつきさんのは
GM: 達成値70とか安心できない。
劉斗: でももっと怖いのは、オレンヂさんのハードモードだな。
劉斗: 怖い、じゃない。厳しい。
満月: あーあ(何
: 当たるから! マジ無理だから! <達成値70なら
GM: いや。所詮鳥越さんとかかるぼーとかは
GM: 「はい復活一枚剥いだよ」の仕事で終わるから
劉斗: たつきさんはランダム要素が怖い。
GM: 回避されると泣く(何
劉斗: 泣ける(何)
劉斗: くりゅどんの戦闘は、敵が強いから戦闘が厳しいと納得して全力を出せるハードさ。
劉斗: オレンヂさんのは、戦闘で勝てない可能性を十分に考慮しないといけないハードさ。
劉斗: とりあえずそんな感じで考えてます。
GM: んと。敵の設定に合わせて設定してしまうので
GM: あっさり散るときは散る(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

Yugさん: さっき各務って文字見て思い出したから
Yugさん急いで張ってみたけど、何かぶれてて上手く撮れてなかった…大きくしたけど読みにくい………
劉斗: 各務は鍼もやってるのか(何)
: これは(笑) <優雅さん
七波: 何かものすごい力技の鍼灸やってそうですが(何
Yugさん: 生きて帰ってこれなそうでしょ?(笑)
: どんな病院ですか(笑)
: <生きて帰ってこれない
Hovさん: ちなみに電車通勤の通り道には「加瀬倉庫」とかあった(何
劉斗: 惜しいwwwwwww<かせそうこ
: 一文字違いか…… <かせそうこ
Shinさん: そういや今日「交換移植」って打とうとしたら「皓患移植」って出た。おのれ皓君め。(何)
Yugさん: 流石皓さん
Tekさん: 侵蝕されているw
: 順調に皆侵蝕されているようだな
Hovさん: 案外PC名で検索してみると面白いものが出るのかもしれない(何
: 何で皆そんな侵蝕されてるんですか!?
: 鳥越神社とか……(何)
劉斗: 地名であるから!(何)
Hovさん: 津嶋神社とかもあったな(何
: 津嶋神社は1年で2日間しか本殿には入れないそうです。
Shinさん: 「こう」で変換する時のもともとの優先度が低い割に頻繁に打つから、PCが学習したんだろう。(何)
: あれはびっくりした。
Hovさん: 行ったことあるんすか。
: 交換は一発で出て欲しい(何)
: サイト見たんです。そしたらそう書かれてまして。 <2日間しか橋がかからない神社
: 津嶋神社で皓君と握手!(※香川オフ)
七波: 前提としてたつきさんが香川まで行かなきゃならないのか(何
Hovさん: それはまた驚きですな。>2日だけ
劉斗: 年に一度の逢瀬か…いいな。
: 僕神奈川県人(何)
七波吹いた(何
: ……(何)
: 次のこびとんへの贈り物はもう決まってしまったな
Yugさん: 刀で切ったのかなぁ
劉斗: これ、以前たつきさんに贈ったことがあるんです。うちの県内に鳥越という地名がありまして。
劉斗: バードハミング鳥越、ってとこで売ってますよ(何)
: 既にwwwwww
Yugさん: 既に送っているらしい
: ですな。いただいたことあります。美味しかったですよー(ありがとうございました!) >こびとさんから
Shinさん: 休日に自宅で手打ちしてるんだろうな…。<鳥越そば
劉斗: さすが好事家だな…(何)<自宅でそば打ち
Shinさん: すっげえ本格的なそば打ち道具と専用の畳部屋とかあるぜきっと。(何)
: 劉斗さんは料理が出来ないそうです。
: せめて碧さんの作った食事にしてください…… <御呼ばれ時
劉斗: ばらされた(何)
: え?
Shinさん: 多分「そばを使った料理」が出来ないだけで、「そばを打つ」のは得意なんだろう。(何)
: 皆さん知ってると思ってたのに(何) <料理が出来ない
Shinさん: だってほら、こねくり回したり切り刻んだりって鳥越の得意分野じゃん?(何)
劉斗: 蕎麦のようなものを打つことならできると思う。味が分からないだけで(何)
劉斗: こねくり回したり切り刻んだり(何)
七波: 限りなく蕎麦に近い何かですか(何
Shinさん: そば粉かなにかだ。
: うどんは簡単に作れるけれど、蕎麦って案外打つの難しいよね…(何)
: 初めて打った時、蕎麦のような何かしか生まれなかった
劉斗: 蕎麦の味がする何か、よりはマシですよ!
: 大学教授が自宅で打ったそばを披露してくれた時は結構美味しかったですな。素人の手遊びと仰ってましたが。
Shinさん: 麺を作るのはプロに任せて、俺らはただただ消費に没頭すればよいのです。(何)
劉斗: 私の勝手な印象として、大人の男の遊びは蕎麦打ちに行き着くというイメージがある(何)
: それだ。(何)
: 大人の男すげーな(何)
Shinさん: 歪んだイメージだ。(何)
: ではしんごろさんもいずれは(こく)
: <蕎麦打ちへ
Shinさん: 最終的には遊ぶ気力も無くし、タバコをふかして一日中ボーっとするようになる。これが大人の男の遊びの終着点だ。(何)
劉斗: 終着点というか、末路と言いたくなる(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

: そういえば、かるぼーがリビルド後、喫茶店でのバイトを止めると聞いて。(何)
Shinさん: 店長に昇進。(何)
GM: やめるというか
GM: 行方不明扱いだから存在しないだろ(何)
: UGNやめたんじゃなくて
: 失踪wwwwwwwww
劉斗: かるぼーがリビルド後、喫茶店での専属ウェイトレスをするんでしょ(何)
劉斗: <バイトを辞めて
: そうか
: ウェイターからウェイトレスにリビルド
: そういうことか(きりっ)
満月: 良いから早く鈴羽にメイド服を着せる作業に戻るんだ(何
GM: ねーよ(何
満月: ぇー(何
GM: みさおんに着せるよ。その場合(何
満月: なら仕方ないな。
劉斗: 操「…………すみません、女性用の服しかないんですが…」消え入りそうな声で(何)
七波: あーあ(何

七波: 11年でどんな性格になってるんでしょうな(何>鈴羽さん
GM: せーらが介入してたら
GM: せーらイズムとかだろ。
: しずはイズムだけでは飽き足らず。(何)
七波: あの時のメンバーの良いところを集約したような…?(何
GM: あいつらにいいとこあるの?(何
七波: さあ?(何
: しのむーにはあるよきっと(何)
七波: 仕上げに忍せんせーイズムを(何
: へたれイズム
GM: はわわ、せーらさん。イケメンが来ちゃいます
: 伊達(スカーフェイス)にしてお返しなさい。(何)
劉斗: 忍「じゃあ、人生で重要な、人知れずすみっこポジションを獲得する秘訣を伝授しますね、冴先生が」
七波: 忍せんせーが教えるんじゃないんですか(何
満月: (Σ (し、忍先生だって充分伝授出来るだけの技量は持ってますよ(><。
劉斗: 忍「すみっこに関しては、僕にはとてもとても…(頭ふるふる)」
: しずはの度胸、せーらの白兵、しのむーの頭の良さと人柄
: これを受け継げば……!(え、なにそのカオス)(何)
劉斗: 完璧人間ができてしまう(何)



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: こちらは3Rのそれぞれの手番になると撤退します。
: 3R終了時じゃなくて
: それぞれの手順でwwwwwwwww
: わわわわ分かった!
七波: 火渡さん撤退最後か(何
GM: その場合(撤退時)は満月が生存時は塔札を継承します。
: なぬ。
: このターンでどうにかするしかないですな。
GM: さぁ。
GM: というか、な。
GM: 倒すのにどれを選ぶか、なんだが。その先も見越して。
満月: 本来は2R目終了時だったんだぜ・・・(何 <撤退
七波: なん、だと……(何
劉斗: そりゃ無理だな(何)
: みつきちが火渡たちと別エンゲージなら極大消滅波やーめよーとか思ってましたが
: 撃つか……(何)
満月: (うなーん・・・(何
七波: みつきちさんの顔面にゼロ距離で《極大消滅波》を…(何
劉斗: ブラックダイヤモンドが起動しているから、
劉斗: 今日くらいだよ、存分に燃やし尽くせるのは!(何)
: 鳥越△
: 荒神最優先で私がんばりますね(何)
: 満月さんを札にする訳にいかんでしょうからなぁ。
: 此方も色々腹決めたので。
GM: 荒神先生が残ったら
GM: 黒巣市に侵攻します。
七波: ぬおっ!?>侵攻
: それは止めるしかない!
: 頑張って潰そう。
七波: 結局誰を倒せばいいの…?(何
: 全員此処で倒せばいいことだ!
七波: いえっさ、分かりやすくて助かります。
劉斗: 共通して、最優先は荒神。次いでみつきち、火渡。かなあ…?
: そういえば戦闘中でのSロイスはダメだったよね。(確認)
: 残念ながらサイトルールで無理すな。
GM: 今回は別にいいが。
: おっけおっけ!
: いいそうですよ!
GM: 諸所の理由で。
劉斗: おめでとう!
七波: GM閣下の許可が降りました!
劉斗: トリガーが分かりづらかったですしの。
: あ、いや、ごめん、セッションの目的に貢献するかどうかは分からないのであれだが…(何)
GM: つーか。心臓いたいときにSロイスとかいいづらいだろ(何
GM: <トリガー
: いや。いいというならもらっておくべきです。
満月: やっておこうぜ!(何
: おっけ(何)
: 戦闘中に取るってことは、使うために取るということでもあるでしょうし。
劉斗: 流れ的に自然であるならば。GMも許可してるし。



*** / ClimaxPhase

(本文)

劉斗: あこがれのインフェルノ(きゅん)
: 本当は取る気はなかったのですがね。
劉斗: いや、これすごくありがたい。
GM: じゃあとらなくていいんじゃないかな…(何
: なりふり構っていられない。此処で荒神が動かれるのは厄介。
: 荒神はキュマエグですっけか。
: キュマイラというのは聞いたけれど
七波: 今《極大消滅波》撃ったからサラマンダーも?
劉斗: あるいはオートで覚えるウロボロスだろうか(何)
: あれは多分
: ウロボロスでしょう。
GM: エグは使ってないよ(何
七波: おや
劉斗: あるいは単にキュマ皿とか(何)
満月: ウロボロスは今回、データ的にゃ使ってない筈だよ(何
満月: <インフィニティコードの内容は使わない
GM: 連城か誰かが極大消滅破を打ってきたら使おうとしていた(何
: いやらしい(何)
GM: いやらしいいわれた(何
劉斗: 真似っこずるいです(><!(何
七波: 吸収して撃ち返す気だったんですな(何
GM: おかえしに白兵で殴ってやるよ(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

: ねぇ。
: 僕もう倒れていい?
劉斗: 侵蝕いくつになりましたかね?
: 157かな。
劉斗: で、ロイス2個消費で、残り4つかな。
: 鳥越さんが刀を使うターン
劉斗: 刀を拾って装備するのに1メジャー必要なんだ。しばし待て(何)
: ちなみにロイスは4つ……姫様のロイスがそのままでいいというならですが。
: タイタス化したというなら考える。
: 私としては寝てていいよ!
: 起きたらスイートルームのベッドの上とか
: そういうことでよければ!
: なら寝かせてもらうね……ごめんなさい。
: ちなみにGM、実際のところ姫様のロイスはどうなりますかね?
GM: んー。
GM: 自身ががもう無理かな、と思ったら消えるよ。
GM: 状況的に。
: 姫様への誓いを、忘れない。
: そういう気持ちで維持をしたらどうだろう。(何)
: 了解。



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: なんつーか。手番を使おうとしたら
GM: 何時もインフェルノで封じられる現実(何
: 怖くて攻撃させられません(何) <荒神
: インフェルノ地獄。(何)
七波: インフェルノで封殺状態(何
GM: キュマイラの打撃力の恐ろしさを見せつけようとしたのに(何
: ひぃぃ(汗)
GM: 変身すらできないから
GM: 爪も用意してないよ(何
七波: 素手殴りでしたもんな(何
GM: なんつーか。わたしに破壊の爪を使わせてください。
: GMさん(ほろり)



*** / ClimaxPhase

(本文)

満月: え、ちょ。
満月: 何してん鳥越さん!?
GM: 心眼すぎる。
劉斗: 演出だけだからな…(何)
満月: そう、か・・・(何
七波: データ上の意味は無い…よね(何
: 失明するほど切っちゃ駄目だよ……!?
満月: 隻眼になったらGMからEDで眼帯がプレゼントされます。
劉斗: それはいらん(何)
満月: だめかー(何
劉斗: Sロイスの代償だと思えば、支払う。
劉斗: みつきちが、暴走をくれたので、思い切ることができた。
劉斗: ありがとうみつきち!(何)
満月: え、あ、どどどどどういたしまして!?(何
七波: 覚悟を決めさせてしまったか…(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

: 誰か一人残りそうだなこの布陣(ううむ)
七波: 行動値・手数的に1人は残りますな…。
: この際一番残って問題ないのは火渡かな。
劉斗: みつきちが自己崩壊してしまいそうなので、倒してあげたい親心…(何)
劉斗: <このまま生き残って札になっても
: 私がここで倒れる訳にはいかないな。
劉斗: 聖こそが灼熱の砦!
: みつきちを倒して倒れたい所だが、みつきちに避けられる可能性があるのが怖(ry
満月: てぇか、真面目に私がFH入りなん(何
: 荒神が残るのは論外。満月さんは倒さないとFH入りしてしまうので。
: そうなれば火渡は此方の目的にはあんまり関与されない。
GM: ヒントを出すと
GM: 鳥越さんはある情報を見直した方がいい。
劉斗: んん?
劉斗: んー。
劉斗: しかし、これは………
劉斗: PL的には、分かっている事があるんだけど、それを裏で相談していいんでしょうか(何)
GM: いいよ(何
劉斗: というか、この状況でそういう展開になるのだろうかと。それが引っかかっていて。
劉斗: 『火渡』と『“BlankEasel”』が戦って、勝った方が荒神と戦う。
劉斗: それが今回の札継承試験の実体。
: ほう。
劉斗: ――なんだが
劉斗: 普通にPCふるぼっこしてて、同士討ちという気配が全くない(何)
: つまり、荒神を倒せば
: 試験はそもそもなくなる。
七波: ……ん、それって当の荒神がいなかったら成立しないように見えますね。
: (ちょっとシンキングタイム)
: となれば、二人とも試験は落第ってことになりませんか?
劉斗: 俺てっきり、みつきちと火渡が、互いに攻撃対象に含めながら戦うんだと思っていた(何
劉斗: そしたら割と普通に協力していたんで、あれー? と(何)
: 確かに二人とも協力しつつPCばっか狙ってましたな。
GM: PC同士で話し合いもするが。NPC同士でも話し合いするよ(何
: でもそれは此方を排除した上で
: 試験続きやろうぜと言うことで。
劉斗: 3Rで撤退、というし。
: その対象の荒神がいなくなれば、結局試験などなしと言うことになりませんかね。
: もしくは最悪3人とも見逃しで同仕打ちを待つとか……まぁこれは無いか。
: もし満月さんが火渡に勝って荒神を倒したらそこで確定しちゃいますしね。
: <満月さんFH入り
七波: その場合は荒神が勝ったら黒巣市が危ない気が。
: 荒神を倒すという方針は崩せない気はしますが……どうかな。
: 荒神を倒すのが最優先、でいいと思う。

GM: 多少ネタばらしをしよう。
GM: みつきちは石動姫の力(RB)を持っている。これは荒神の再生能力を封じる力を持っている。
GM: 火渡はなんか持ってる。
劉斗: なんか(何)
: なんか持ってる(何)
満月: 何か(何
GM: 対抗馬としてそれぞれ活動して復活を基軸にしてどちらが先に復活させ、荒神の能力を奪うか、が試験の内容だった。
GM: 別に撃破する必要ないんだよ(何
GM: <「もう手遅れ」
: あれ、剣は再生封じではなかったので?
劉斗: 火渡の剣は別物だよ。
: いや、石動姫のですね。
劉斗: 荒神の再生能力を封じる力を持っているのは、宝刀と、みつきち…のレネビ。
満月: (みにゃーん
劉斗: 先に復活させたのは、どっちになるんだろう。この場合。
劉斗: みなみをころころしたみつきちかな?
GM: 札の試験の後継者はどっちなんですか、と鳥越さんは聞きました。
GM: みつきちです、と答えました(何
: だってこのまま放置したら荒神さん空木市は勿論黒巣まで破壊するんですよね……と、いや、待てよ?
: 荒神は放置して火渡と満月さん狙いでもいいかもしれない。
劉斗: 荒神の能力を奪ったみつきちを狙う、と?
: その上で二人の能力を奪って封印しなおせば
: 滅ぼすことは出来なくても、抑えることは出来るかと。
劉斗: 手数が足りないな。
七波: 2人脱落した時点で絶対的に手数が足らんのか…。
GM: そういう風にしたんだよ(何
劉斗: みつきちは、もう荒神の能力を奪ったのかな?
GM: 奪ったから撤退するんですよ。
: 解った。満月さん狙うべき。
満月: (狙われる(><。
: あと火渡。その上で荒神封印が一番良い筈。
GM: 攻略対象はみつきち。
: その方針でいくなら、私はとりあえずみつきちを狙うが。
劉斗: この怪獣荒神は、じゃあ抜け殻みたいなものなので?
GM: 実はね(何
: 奪った能力をさらに奪った上で、荒神を封じれば場としては収まる……って僕すっごい当て馬(何)
劉斗: でも、破壊神顕現の効果は持っているのかな?<怪獣荒神
: 火渡がしょっぱなから破壊神顕現ぶっぱして街をやったのは
: 奪ったからか。(何)
劉斗: それみつきちじゃないか?(何
GM: みつきちが試しに破壊しただけだよ(何
劉斗: みつきちレーザーで。
七波: みつきちさんが目からビームで…(何
: ああ、ほんとだ光条ってある!(何)
満月: (どかーん
GM: だからコンプリートするならしんどいよ、とはいった…(何
劉斗: まあ、ちょうどいいか。心眼状態だし。
: 満月さんめ──!
満月: ごごごごごめんよ!(何
劉斗: なんでレーザーなのかなとは思っていた。冗談が本当だったか(何)
七波: 本物に八つ当たりする皓さんか(何
: まぁうん。満月さん狙いでいいと思う。
: その次が火渡。此処まで来て方針転換も何ですが、荒神は後でどうにでもなりそうだと判断。
七波: 正直、みつきちさん=レーザーって繋がらなかった(何
七波: どうもエンジェルハィロゥなのにレーザーというイメージが無い(何
満月: まぁ、基本ハヌのつもりだしな・・・(何
: そしてメタ視点でいま思いついたんです。
: これってロシアンなんですよね。
満月: ロシアンです。
: メインボスはPCから来るものですわな……と。
: <あとは付き人扱いが多め
満月: 今回メインボスがPCになったのは、単純にジャームの目的が達成出来たからっすよ(何
劉斗: 倒してあげたいオーラはビシバシでていましたね(何)
: ゑー(何)
満月: ジャームの目的が達成できなかった場合、俺らPC全員倒すか倒されるかまでして残らんと駄目だったし・・・(何
劉斗: なあなあくりゅどん。怪獣荒神は、接近攻撃してくるのかい?(何)
劉斗: 今ほどラストアクションが欲しいと思ったことはない(何)
GM: こびとどの。皓と同じように復讐の刃で殴ってやる(何)
劉斗: うむ。残念ながらLAが無いので、思いついた作戦を実行できないようだ。すまぬ(何)
満月: だから鳥越さんは業師を(ry
劉斗: WDロイスだと、いっぱい斬れないじゃないか!(何)
GM: クロスに戻ったら出来るよ…(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

: ◆鳥越(30)
GM: 30歳に思える、とかいう連城
: なぜわかった
: あーぁ(何)
満月: 30歳(何
: と聞くと、鳥越さんが30歳になったらどんな感じなのかなってつい考える私は疲れているのだろうか。(何)<ってここまで打ったでしょ!
満月: ぎわさんの努力を無駄にした久流さん。
GM: 2秒もあれば思いつく。
GM: そんなおれもしんごろどんに思考が漏れているらしい(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

: もう俺正直、相当がんばったと思うんだけど、誰か褒めてくれ……(何)<Dロイス1個にタイタス2個切って侵蝕率167%
: 褒めるよ、超褒めるよ!(聖さん撫で)
GM: 一応言うが
GM: 荒神は1枚 火渡も1枚 復活は使用しています。
: ………(何)
: 満月さんはまだなんですよな。
: <復活系
満月: うん・・・(何
: あるかどうかは解りませんが。
GM: ダメージすらほとんど受けてないよ(何
満月: 私、最初の追加成長の案を久流さんに見せたら「脆い」と言われた事がありましてね・・・(何
満月: <修正したよ
七波: 僕が雨1発当てただけ…(何
: だって今際の際まで満月さんを狙うべきって思わなかったんですから仕方ないですよなぁ。 <ダメージ入って無い
: …
: 鳥越さんがインフェルノを使って
: みつきちの手順を潰して
: 次のラウンドでって言うのはどうかな(何)
: 残念ながら
: 劉斗さんはインフェルノ使えません。
満月: 鳥越さんトライだろ今(何
劉斗: 俺、
劉斗: トライなんだ…(何)
: ああ……(何)
GM: 今回裏目裏目に(RY
七波: 何このPCに都合の悪い展開ばっかりとか(何
満月: しかし逆に考えるんだ。
満月: トライだから、一番最初に行動出来てるんでしょ!(何
GM: うるさいうるさーい(釘宮声で)
GM: こうですね。
満月: そうなの・・・?(何
GM: まー。正直
GM: 鳥越さんの斬撃次第かな
GM: ダメージと結末。



*** / ClimaxPhase

(本文)

七波: 何かFH陣に勝った気にさせるのが悔しくて仕方ない。(何
GM: 失墜のせいだから
GM: しかたない。
満月: 失墜さんマジひどいひと。
七波: 鳥越さんマジか…
: 戦神の祝福wwwwwwwww
七波: みんな各々何かしら無茶してるよね・・・。
満月: ちゃ、ちゃんと帰ってきなさいよ!
七波: ボスになったみつきちさんが一番安泰(何
満月: いや。
満月: 私もバックトラック、あるべ・・・?(爽
七波: え、固定された侵蝕率から下げるの?(何>みつきちさん
満月: うん・・・(何 <固定から下げる
GM: そうだよ・・・?(何
GM: おれop前に言ったよな…(何
七波: てっきりボス決定時点から下げると思ってた
満月: そう言う意味で、ジャーム決定後も侵蝕上げたくなかった(何
: それでも
: ロイスが此方ほど減った訳でもないですし
: まだ戻りやすくないすかね?
七波: ロイス数的には安泰にも程が…(何
GM: 文句は言いなさんな(何
満月: 一応、私のロイス欄は7個フルには使えんよ(何
七波: でも3個とかじゃないですよね(何
満月: Sロイスはタイタス扱いですか、GM・・・(何
GM: 最後に聞く質問にyesと答えたら残ってていいよ(何
満月: てめぇぇぇぇぇ!(何 <其処で使うかあの質問!?
七波: 何か心情的にみつきちさんが「yes」と言えない質問の気がする。
GM: だってSロイスはそういう質問の代償だろ(何
満月: そう、か・・・(何



*** / ClimaxPhase

(本文)

: 185%……!?
七波: …鳥越さんマジで大丈夫…?>185%
満月: タイタスは1,2個くらいなら、E分があれば何とか……程度か? <そ、それでも無理はするなよ!
: Eがあっても3倍レベルすなこれ……
: ま
: 戦神が
: このあと……?(何)
: え(汗)
七波: 戦陣は20固定ですな。
: ほんとだ!そんな120%エフェクトあったのか!<20%固定
: ちょ……!?
満月: 此処でそう来るか・・・!?
: ぬぁぁぁ
七波: ぬぅ…Cr+2があってもどうだろう…?
劉斗: なんだこれは。いっそ盲目ペナを貰った方がいいのだろうか(何)
: 何で2段目が回らない……!
劉斗: 俺凄いな(何)
劉斗: <逆の意味で
: 某神社のお守り仕事しろ。(何)
劉斗: ……!
劉斗: それ忘れていた(何
: 傍に置いておかなかったから!(何)
劉斗: 某神社のお守りを置いてもう一度振りたい!駄目だよ!(何)
満月: (何かを審議中
:     ∧,,∧  ∧,,∧
:  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
: ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 審議中
: | U (  ´・) (・`  ) と ノ
:  u-u (l    ) (   ノu-u
:      `u-u'. `u-u'
: こうですかわかりません!
劉斗: 俺、30にも届いてないし(何)
七波: 審議しているの6人もいるの?(何
劉斗: ここで唐突に荒神の力に目覚めたみつきちがガード。
GM: 燃え尽きるからそれはない(何
: 言い切られました(何) <それは無い
: あたったぁぁぁぁっ!
: 良かった。ホントに良かった!(切実)
七波: 危ない……!
七波: ぬ?>《炎陣》
: む?
満月: 本当は攻撃を自分で受けようと思ったんすが。
満月: 荒神さん残したままだと、そう言えば黒巣市に突貫させるtt(ry
: うん……
: だから最優先で本当は倒したかったんですけども。
満月: それに関しての審議でした・・・(何 <今
七波: これで、継承試験は・・・?
: 話からしてどうもそういう風味でもなさげなおやぁ?



*** / ClimaxPhase

(本文)

: 荒神は倒れたけど……どうなるかな。
七波: 口を聞きたい…!(うがー
: 沈黙中
: 満月さんが本物かどうかが気になるとこだし。
: 起きてもこの状況はどうしようもないわなぁ、これは。
劉斗: 二回攻撃できないから、どのみちここまでだ…。
: ちょ(何) <表
七波: おや?
: 僕に化けて満月さんを唆す気かこらぁッ!?
: これ以上僕の知らないところで僕の所為にされてたまるか……っ!(がるる)
劉斗: ☆夜の妹だから大丈夫だよきっと(何)
七波: うん、悪運も兄貴譲りの気がする(何
劉斗: そういやラピュタ兵は(何)
: 崩れたみたいすよ。 <ラピュタ兵
: そこで燃えてるものがそうでしょ。
GM: ラピュタ兵の中に荒神入ってたよ(何
七波: 荒神=ラピュタ兵か(何
満月: いやー、エンハヌって何気にそっくりさんにイージーで化けられるから楽だわ(何
: どうでもいいけど
: 僕の姿で満月さん口調って
: すっごい違和感……
七波: うん・・・(何
満月: コピーしてるのが満月だからなぁ・・・(何
GM: ひらさかどんにかいてもらって
GM: 違和感を無くしてください
: そうか……(何)
満月: え、じゃあ元に戻るよ(何
: 何で僕に変身したのそもそも(何)
満月: 何か、後付け設定をすり合わせたらこうなった・・・(何
: あとで教えてくださいね! <設定色々
満月: (みにゃーん(何
: 火渡さんは落第ってことかな……迎えに行くってのが気になる。

簡単に言ってしまえば、この時の満月は皓君が敵の手に落ちている事をブランクさんによって知らされていたので、
皓君に変身する事によって完全に堕ちたと思わせる&情けなく監禁されている現状を責めて心を折ろうとしてた為だと思われます。
その方が唆しやすいs(げふんげふん)


: あと僕の目的のひとつはどうやら達成されなかったようだ。
劉斗: 荒神が生き残ってしまったね…
GM: 死んだよ(何
: 荒神は倒れたでいいんじゃないかなこれはもう。
劉斗: え?
劉斗: いいのwwwwww
: いいと思う。
満月: うん、荒神はあくまで今の倒れた奴だよ(何
劉斗: みつきちの中にあるのは、荒神との思い出。
劉斗: こういうことですね分かりました!(何)
劉斗: <力
満月: どんなん(何
七波: 何かろうこのスッキリしない感(何
: あと、僕は今回目的が二つありましてな。
劉斗: そういや
劉斗: 教えてもらってなかったな(何)
: 荒神の打倒の他にarcanum試験の阻止。ってぇのがあったんす。
満月: なるる。
: お日様まで食っちゃった。 <失墜さん
劉斗: 皓君が食われた
満月: 喰われちゃいました(´・ω・`
: って陽は初めから食ってましたね。
: 月も食べるようになったんだ……

より正確に言うと、2ndシートにそのような(陽と月を切り裂いて(ry)みたいな)科白の記載があった模様です。




*** / ClimaxPhase

(本文)

満月: 多数決で来たか、そうか・・・。
劉斗: ふむ
劉斗: ところで、ちと不安になったんですけど
: み?
劉斗: 芦屋道満が失墜だった、って事はないよね?(何)
: ……いやまさかそれは(何)
満月: それは無いよ(何
劉斗: あ、ひらめいた。
劉斗: みなみを貰っていいかな?(何)
七波: ナヌ?(何
: 何するんですか?
満月: どう言う意味での貰う(何
劉斗: まあ、残滓だな。
劉斗: あと、此方のSロイス的な理由かな。まあ、ただのわがままと言えばそこまでなんですが。
: みなみのことはほぼ知らないので好きにしていいよ!
満月: 今の現状で言うなら、満月はみなみさんが死んだと言う事を知らないんだよな・・・。
: 身柄を引き取るってことですか?
劉斗: 結果的には、そうなるかな。
: 後継人として今後の面倒を、一般レベルのそれで少なくとも成人までは面倒みると。そういうことでしたら。
劉斗: 各務に出入りはしてもらうことになるが。ひぐらしの古手みたいに(何)
: それくらいは仕方ないかな……とは。
: 何か何だかんだでまた劉斗さん一人勝ちっぽい気はしますけども!
劉斗: 皓じゃないから、酷い目に遭わせるような治験はしない(何)
: え、僕はひどい目遭わされるのやっぱり(何)
劉斗: こう言うと不吉だと思うかもしれないけど、
劉斗: 「悪いようにはしない」(何)
満月: 不吉だな(何
劉斗: だからおまえら俺を信用しろと(ry
満月: 黒服さんこわいもん(><。(何
劉斗: みつきちは富士の樹海で迷ってろ(何)
七波: 連城さんと一緒に各務体験入社か…(何
満月: 皓君はどんだけ酷い目にあったら気が済むの(何
劉斗: 皓君カワイソス(ほろり)
: 誰の所為だと(何)
劉斗: 勝手に騙されて酷い目に遭って倒れる皓君のせいだな(何)
: (う、うわあぁぁぁぁんっ!)



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: まー。そんなわけで
GM: 帰還はしたんですが。
GM: ED希望とかありますかね。
劉斗: 道満との会話だな。
劉斗: あ。連城には刀を「天城に」渡してもらいますんで。
: さすがにUGNに報告に上がらない訳には行くまい。天城さんの所に刀持参で行くよ。
: ちゃんと刀は渡したよor渡したの確認アッピルしておく
七波: 僕はどうするか、借りを作ったあの酔っ払いとの会話くらいしか…また鳥越さんとすれ違い?(何
: 満月さん(本物)はどうなってるんですか!?
満月: (みにゃーん(><。
: 僕の偽物とかがあの後迎えに行ったら洒落になりませんマジで!
満月: まぁ、そろそろ言って良いよな。  私、今回空木市にすら行ってないよ(何
GM: 3日後黒巣市郊外で発見されました。
GM: 現在療養中です。
満月: 御堂先生のいる病院に担がれるよ・・・(何
劉斗: 自転車壊れたんだな(何)
満月: 正確には行く途中で襲われて監禁されてましたが・・・(何
: あらら……
劉斗: みつきちは、どうしてそんなに監禁されるのが好きなんだ…?(何)
満月: 知らないよ!?(何
: まぁ無事ならいいす、うん。
GM: チャリンコのところを襲撃して姿と能力奪いました
: チャリになんて乗ってるから!(何)
劉斗: バイクに乗れよ!
劉斗: 皓のバイクの後ろに乗せてやるから。これからは皓を足として使え(何)
満月: (後ろお邪魔するね皓君(><(何
: 何で僕の意志無視でそんな約束(何)
劉斗: ほんと、みつきちは拉致監禁される天才だな…(何)
満月: 満月ってそんなに拉致監禁されてたっけ(何
劉斗: 覚醒時。
劉斗: 鳥越の車に(ry)、そして今回(何)
満月: ・・・・・・(何
満月: 鳥越さんの車のあれも拉致監禁なのか、そうか・・・(何
劉斗: 見方次第ですがね(何)
満月: あと微妙にずれるかもしれんが、優雅さんセッションの時もそうだな・・・(何 <連れ攫われてダンジョンに
満月: だから、私の中ではまだ皓君は普通に行方不明で、しかも何か札試験に参加してるとかどーのこーの言われた上で気を失ったから・・・(何
: 僕に来て欲しいってのは、満月さんの言葉じゃない辺りが嫌だ。 <偽満月さんの勧誘
GM: んーと。荒神も生存でみなみ死亡だったら。普通に勧誘してたよ。みつきち。
劉斗: みなみ死亡だったら
劉斗: 死んでなくて良かった(何)
GM: 死んだけれど復活しました。
: んじゃ満月さんと顔合わせした方がいいかな僕、EDで。
: 僕も病院送りな気はするんですが。

劉斗: あと、思うんだが。
劉斗: これ、失明してるよな、きっと(何)
: しないでくださいよ! >劉斗さん
: 白髪も戻るんですか?(何)
満月: そ、そこはレネゲイドの神秘で!(何
GM: レネゲイドの力で戻せよ(何
: それはあれだよ
: インフィニティコード解禁で
: フェニックスの翼!!!っていっておいてください(何)
劉斗: まあ、各務性の義眼でも付ければいいかと。バロールは分は眼と共に消えたってことで。
: 何でそんな無茶するんですかっ!(ゆする)
劉斗: 義眼のテストができて丁度いいだろ?
GM: サイバーアイとかなんでノリ。
: そういう問題じゃないのに……!
劉斗: 追加のユニークアイテムに、何かあったし。
劉斗: アドバンスドゴーグル相当の眼を入れるよ。
劉斗: 皓には分からないようにするから気にするな!
: また傍で知らないところで酷い事があったよぅ(めそ)
劉斗: 刀が手に入るなら(ry)<眼くらい人工で
: 刀と生身とじゃ生身の方が大事でしょうが! >劉斗さん
劉斗: 自分の物差しで鳥越を見てはいけない。
劉斗: 生身の体以外にも、鳥越にとって大事なモノがあったんですよ。
劉斗: 出目は凄かったけどな……(何)
満月: あーあ・・・(何
GM: でも結局バロール捨てがたいとかいうと
GM: 目をつぶし損だろ・・・(何
劉斗: いや、ノイマンダーに成ります。
: 結局クロスに戻るのですか。
七波: 鳥越さんの《インフェルノ》が火を吹く日も近いか…(何
劉斗: ノイマンダーに成る決意ができたから、バロ分を無理矢理にでも排除したんです(何)

GM: 【皓:みつきちと会話】【鳥越:芦屋と会話】【聖:天城と会話】【七波:芦屋と会話】でいいのかな。
: 私はいいよー
劉斗: 此方はOK。
: いいすよ。
: 芦屋大人気
七波: おけー、また鳥越さんと入れ替わりか(何
GM: リムジンで送ってやるよ。
GM: 帝国ホテルな。
七波: ええー(何
: 僕も病院送りかなぁ?
満月: 案を出してないの私だけだった(何
満月: まぁうん、それならば真面目にみなみさんと話がしたい・・・!
満月: あと星夜は大丈夫か怪我的な意味で(何
GM: 肘をすりむきました。
満月: 悪運強すぎて困る(何
劉斗: これだからラックフルの☆夜は。
七波: 地味…(何>肘
七波: あと僕、今回の事件きっかけでRB化したんでよろしく(何
満月: あーあ・・・(何
劉斗: おめでとう……?(何)
: あーぁ…… <RB化
GM: もう少し七波を痛めつけておけばよかったか(何
七波: ちょま(何>痛めつけ
七波: 戦闘前にフラグも立てた、『踏み越えちゃうよ?』と(何
劉斗: あの変な生き物と同化したんですか?(何)
七波: 力が馴染みすぎました(何
満月: ともあれ、皓君との話が終わった後で可能ならみなみさん(と星夜)との会話辺りで・・・(何
GM: じゃあ【満月:みなみ】で。
: 此方EDはどう考えてもどん底なんで
: 一人だとやばい。マジでやばい。
満月: (傷舐めあおうぜ・・・(何 <ED
GM: 失墜の一人がちな気がしてならない(何
満月: 本当だよ(何 <失墜さん一人勝ち
劉斗: 自分は高みの見物だしな(何)
GM: まーEDは集まり次第で。皓君がへこむのでフォローするように。
GM: ツイッター禁止。
: (めそり)
満月: ツイッター噴いた(何
: ついったーwwwwwwww
: 禁止された(何)
劉斗: ツイッターでフォローwwww
: @kou_dx 元気出せ、な……?
: こうですか、わかりません!><
: 作るべきかな(何) <アカウント



*** / ClimaxPhase

(本文)

GM: 他希望あれば聞いておこう
GM: みなみの社会的後見人は鳥越が見る、でいいのか。
劉斗: それでいいですよ。
満月: 黒服さんの元でお世話になるとか、事情知らない此方として見ればちょっと考え直せ、な?とか言いかねんくて困る、な・・・(何
劉斗: 会わせても大丈夫なら、
劉斗: 満月とみなみを会わせるけど。俺からは事情を言わないと思うよ(何)<みつきちには
満月: まぁ、事情も言い難いよな・・・(何
: 言わない方がいいと思う。
: 僕も本当は謝りたいけど
: 多分会ってくれないだろうなと思う。
: だから黙って自分の内に秘めておく。
劉斗: いや、覚えてないからいいんじゃないかな。
満月: 多分記憶操作が入るんじゃないかな・・・。
劉斗: 石動姫が出ている時は、記憶が無いっていうし。
: 覚えてないならますます会う理由ないですよ!
満月: そうじゃないと、間接的に私が何かに気付く可能性も出るし。 <私空木市に行ってないのに会ってるとかどう言う事
: 姫様消滅ですしな。
劉斗: その辺の事はUGNが何とかしてくれるだろう(何)
劉斗: 協力している組織ですからね、一応!(何)
満月: ・・・いや、まぁ偽物が居るって事は知ってて、加えてみなみさん目当てに向かったって事自体は満月知ってるから、
満月: その上で皓君たちが守ってくれたと思いこむだけか。
: ……
: それ
: 僕凄く痛い(何)
: <守ってくれた
満月: うん・・・(何
満月: とりあえず、此方としては少なくとも自分の姿でみなみさん狙うぜー・街も壊すよー・皓君札試験受けてるよーとか辺りは知ってる(何
: 誰にも言いたくないけど弱音吐きたくなるよ僕……(がくり)
満月: (Σ (え、えーっと (よちよち(なでころ
劉斗: いっそ、三人まとめて記憶操作してもらったらどうだ?(何)<ペンライト持ちつつ
: それは嫌だ! <記憶除去
: そうされて過去にそれ以上痛い目を見た記憶が僕にはある!(何)
劉斗: 実感がこもってますな(何)
: うん(何)
劉斗: じゃあ、皓には「俺の都合で彼女を生き返らせたから、今後二度と彼女に近づくな」とでも言っておけばいいかな?(何)
: 都合なんですか(何)
満月: まぁ、本来皓君とみなみさんは接点無いすからな・・・(何
: まぁそうしてください。それは普通に納得できますから。 <近付くな
: 擦れあわない他人のままでいます。僕は忘れませんが。
劉斗: 実利的なことを言えば、荒神と石動姫の極近しい関係者だったことから、データを取れるかもしれないという点。
劉斗: これは、目的達成の予備でもある。
劉斗: もう一つ、まったく実利と関係無い点でいえば、
劉斗: 石動姫にSロイスを持ったままだということ。
劉斗: 彼女の子孫だからね。
満月: なるる。
: 実は僕もそうなんですよね。
: だから忘れたくない。と言うのはあります。
劉斗: その2点があるので、多少のリスクは負うことになるけど、芦屋の誘いに載ることにした。
劉斗: 前者しか口外しないけどね(何)
劉斗: <理由
: だからみなみさんの記憶操作はともかく、僕の記憶が消されるのは論外。辛いままでも絶対忘れる訳に行かない。
満月: 皓君はもう本当に・・・(ほろり (なでころころ
: そもそも忘れてるからこうなったんだもん……!
劉斗: その決意があるんだから、
劉斗: もう少し、誰かと共有するとか分け合うとかいう気も起こしてくれないものかね(何)
: だから今回は頼ったでしょ!
劉斗: お陰で皓のロイスを捨てずにすみました(何)
満月: おめでとう(何
: 剣を投げたのだって最大の信頼うですよ白兵モノにとって……!
劉斗: そうですね。そう想いました。
: あああああありがとうございます!?
劉斗: だから許しました。(何)
満月: 許したとか(何
: 得物を手放して託すのってすごく勇気が要ることだって解っていただけると思います、同じ剣使いな人なら。
劉斗: 俺の武具はユニークアイテムばかりでごめんね!(信頼してないわけじゃないが貸せない)
劉斗: 石動姫の意識がことで隣人ロイスは無くなったけど、むしろ鳥越がレネビになりかねない勢いだなとか思いつつ…(何)
満月: あーあ・・・(何
: やめてぇぇぇぇ!?
: 人を捨てるのは駆穂君だけで充分です!
: 七波さんのそれだって「やっちゃったな」と思ったのに。
: <人間からRBへ
劉斗: そこ、
劉斗: 私も違わせておきたいなと。人間にこだわりたいんです。
劉斗: 今の現状に満足しているわけじゃないし、どこかで普通の人間への望郷の念があるから。



*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: ところで、みつきちのニセモノって、性別はどっちなんだい?(何)
満月: 満月に変身してるときは女じゃないかな(何
劉斗: 満月に変身してるときに男だったら怖いんだが(何)
Jibさん: 名前は三日月さんあたり?(マテ <偽者
GM: 厳密に言うと性別の概念ないよ(何)
満月: RBだもんな、あれ・・・(何 <ブランクさん
: RBか…… <偽満月さん
劉斗: あと、衝動は変身した相手によって変わるんですか?
満月: 恐らくそんな感じかと。 <衝動は変化相手によって変化
劉斗: なあ、偽みつきち。
満月: なんだい黒服さん。
劉斗: 各務に来ないか? 俺に変身して、戦おうぜ(何)
満月: と、鳥越さんに誘われたんですけど如何すれば良いですか桜井先生!(何
劉斗: 望むなら毎日戦えるぞ(何)
満月: それは鳥越さんが戦いたいだけでしょ!(何 <毎日とか
劉斗: 素晴らしい戦力だな。この人材は是非とも欲しい(何)
GM: バトルジャンキーでもなんでもないだろ!(何
劉斗: え、でも鳥越に変身したら、衝動が闘争になるから無問題だよ?(何)
満月: 作成人である失墜さんともう一度交渉でもして下さい(何
劉斗: え?
劉斗: 作ったのは失墜じゃないでしょ?
劉斗: あの人にそんな能力は無いはずだ。
劉斗: ただ上司なだけで。
GM: 失墜が手をかけただけで
GM: 失墜は作ってねぇよ(何
劉斗: Hこにゃんではないことは確かだ(何)
満月: そうだったか(何
劉斗: 幸せにね、にせきち!(何)
満月: しあ、わせ・・・?(何
満月: 某キメラんデータで作成されたって辺りまでは覚えてたんだけどなぁ(きりっ(何
劉斗: 某キメラんデータ?
満月: 某キメラんデータ。
劉斗: 名称は思い出したけど、中身を忘れてしまったな…(何)<某キメラんデータ
満月: あーあ(何
劉斗: 2026だっけ…(うろ)
満月: FHセッションじゃないかな、こびとさんならぱぱぱぱさんで出てた記憶。
劉斗: FHセッション→2026で技術流用
劉斗: だったとは思うんだ。
満月: でしたな。
GM: あいあい。
劉斗: となるとこれはとても面白い事になりそうだ。
劉斗: (鳥越視点的に)
満月: ちょっとまた黒服さんが悪だくみしてるー(何
劉斗: 悪巧みするのは失墜だろ(何)
劉斗: 俺は、それに巻き込まれて損したり得したりするだけです(何)
満月: そう、か・・・(何



*** / EndingPhase

(本文)

満月: なー久流さん、みなみさんの友達補正的な意味でロイス情報に記載されてたのは満月も知ってたって事で良いのん(何
GM: いいよ。
満月: ならそれに関連して、RBが何かいなくなってるんじゃね?的な事にも気付くだけ気付いても良いんすかね。
GM: いいよ。
GM: 責任追及したかったら
GM: 皓君を抉ってくれ
満月: (涙目
劉斗: 鳥越はドサマギでみなみの後見人になればいいのかな(何)
GM: まー。そうかな。
GM: UGNを介して、なんだが。
劉斗: 宝刀がおまけか、宝刀のおまけか。(何
GM: 紳士的に鳥越が決めればいいじゃない(何
満月: 鳥越さんが光源氏になる、だと・・・(ごくり
劉斗: 鳥越「被検体として活用させてもらう(というのは名目だが)」



*** / EndingPhase

(本文)

七波: こっちも言い訳無用の針の筵です皓さん…(何>表
: でもこれもある意味僕の所為だよな……(沈痛)
Hovさん: 高人「何があったんだ。お前ら(翌日へこんでいる連中を見やり)」(何>針のむしろとか
: ある意味130人ちょっとを見殺しにしました。 >ほばさん
Hovさん: あー……それはきつい。茶化せるレベルじゃないな。
満月: 本当にある意味130人ちょっとを殺しました・・・(何
劉斗: 130人……
劉斗: 桁増えてませんか(何)
Yunさん: 130人・・従者でなくですか?
満月: 23:03 (KURUGM): 芦屋「空木市はほぼ全壊。死者は居住者も含め132名。重軽傷はそれを上回る、と」
満月: だからなぁ。
: うん…… <130人
劉斗: って、ああ
劉斗: みつきちがやった分ですね(何)
満月: (うわぁぁぁぁん!! (違うんだ、あれは偽物なんだー!
Hovさん: 市自体が!?
: (沈痛)
劉斗: 皓君はその1/10だから。
満月: まぁ待て。 皓君一週間の間で殺してはいないでしょ・・・?(何
Jibさん: これってセッション失敗? <市が全壊
: その辺どうなんですかね……(むぅ)
Hozさん: ロシアンってパラレル扱いになるのですか?
Hovさん: いや。
: 今回は偽物がなり変わった結果になりました。 <ロシアン
Hovさん: 基本的に偽物扱いですな。当たったPCは。
Hovさん: で、当たったPCは倍振り帰還確定になるって感じ。
: 満月さん(ジャーム)だけ通常帰還扱いですよ。結果論ですが。
劉斗: いい数値で収まりましたよね。
満月: うん・・・(何 <私だけ
: まぁ全員帰って来たのでそこは良しと言うことで。
Hovさん: ああ、偽者(ジャーム)だけど普通に適用はしてたのか。
劉斗: 中の人はいろいろとチェックしたり、サブマスとして頑張ったから、丁度良いご褒美だったと思いますよ。
満月: ご褒美か、そうか・・・(何 (カフェオレご褒美ブレイクうまー
劉斗: PLよりもしっかりPC管理してたし(何)
満月: いやぁ、実は皓君の火渡さんロイスは別事情の為に再開前に確認してましてな・・・(何
: どっちかしか昇華する気はなかったので、先に荒神だったかなと勘違いをですね(ありがとうございます) >風翼さん
満月: あれが後で火渡さんだったら死亡フラグだった(きりっ (火渡さんのEロイスを隠しつつ
GM: (きらっ)
満月: 再開前の確認時点で既に皓君が火渡さんロイスをタイタスにしてたから、ああもうこれ多分条件当てはまる人居ないんじゃね、と言う会話もしてた・・・(何
: ……
: 取ったままだったらまた結末違ったのかっ!?
満月: いや、違わないよ。
満月: ただ戦闘中の流れは酷くなってた(何
満月: <だからあれで良かったんだよ(きりっ
: ……そすか。



*** / EndingPhase

(本文)

GM: 七波は
GM: 軽くえぐっておいた。(終了)
劉斗: 精神えぐりだー(何)
GM: おれ芦屋先生としては
GM: 凄く善意に満ちた宣言したような気が(何
: 善意……?
劉斗: 自由をくれましたね。
劉斗: 古い慣習からの脱却。
GM: だって責任追及なんてのもしないよ、といったよ(何



*** / EndingPhase

(本文)

GM: 鳥越さん剣欲しいんだったよな(何)
劉斗: 剣欲しいです(何)
満月: と言うか、本当に鳥越さんの白髪も治らんの・・・?(何
劉斗: 元から色が薄かったから、戻らなくてもしょうがないとは思うけど。<髪の色
七波: 白髪染めしないんですか…?(何
満月: ますます白餅さんに似ちゃうんじゃね・・・?(何 <白髪とか
満月: ・・・白餅さんって別に髪の毛白くは無いか(何
Jibさん: つーか白モチさんの髪と毛の境目ってどこだ。
劉斗: いや、Hこにゃんは白髪だよ。銀髪に白髪交じり。
満月: つまり皓君がNew鳥越さんを見たら、某病院理事長と間違えちゃうフラグですね。分かります。
: 間違えはしませんが。
満月: (ちぇー(何
: 前から似てるなと思ってて言わなかっただけですし。
: あいつ忍と冴せんせーが似てるのすら頓着しなかった奴ですよ?(何)
満月: ・・・そう、か・・・(何 <頓着しなかった

: せめて連城さんがUGNに返すまでは待ってあげてやって欲しかった……! <表
劉斗: いや、多分UGN経由で来ているんじゃないかな?<剣
満月: ともあれ、これで鳥越さんの刀も新しくなって良かったですね(>< (壊した妖刀を (後ろに隠しつつ
七波: 誰が壊したのかな(みつきちさん見つつ(何
満月: (わたしじゃないよ (わたしじゃないよ(何
七波: (偽)が抜けたか(何
Hovさん: ついにT氏滅びの刃取るんですか(何
: 取るらしいです。
満月: その代わり、使うごとに+2%だからなぁ。 息切れは早くなりそう。
七波: ……今までは数回斬るごとに使い物にならなくなってたのか(何>表T氏
: 耐えられないからと剣を押し付けられたことは過去にあります。建前かなと思ってましたが。 <使い物にならない
劉斗: 今からみなみの復活を頼めばいいのかな。
劉斗: おっと、もう戻してもらったか。
: もう戻ってるようですね。
満月: PCのあずかり知らぬところでの戻りって話の筈でしたからな。
GM: これで連城が「なんでみなみさん生きてるんですかwww」とかいうと
GM: 台無し(何
: だいなしぶりに定評のある連城
: あーぁ(何) <何で生きてる
満月: (みなみさん死んじゃったの? (死んじゃったの・・・?(涙目
七波: 今回みつきちさんは何も知らんですしな…(何
GM: 偽連城「えっと津嶋先輩が…その…みつきち先輩がやりました!」<台無しっぷり
満月: (うあーん!!(何 <やったとか
: 連城さんはもう(何) <満月さんがやった
七波: 鳥越さんは欲しいもの手に入れてホクホクか今回………(何
: 手に入れたという点では今回劉斗さん一人勝ちですからなぁ。
満月: 誰かが未来予測したらしいな(何 <ピンポイントの需要
劉斗: 開発コンセプトは、黒犬以外でも使えるサイバネティックアイウェア、だったらしい。
劉斗: <ノイマン専用ユニークアイテム、の極端型
GM: 開発者は
GM: せーらだろ。
: 狐さんじゃないので?
: <開発者
: 各務は実力のある馬鹿ばかりだな。(何)
GM: 狐かもしれんが
GM: せーらの所業を見ててだと思う(何
GM: <イケメンを見ると顔を切り刻みたくなる
満月: 青良さんなら仕方ないな。
: それは
: 1996のことかー!(何)
: <片目を抉った
Hovさん: 高人「関わりたくねえなあ。もう」(何>せーらさん
満月: そうだよな、そう言えばあの時も片目抉った設定にしてたな・・・(何
GM: 鈴の音とかみたら
GM: イケメン支部長の面抉ってたわ(何
: あれ、二人くらい俺失明やら顔に傷やらいれてね?(何)
: <せーらのスカーフェイス萌えぶり
劉斗: 「アラアラウフフ。鳥越さんが目を抉るんだったら、私に言ってくださればよかったのに。」と言うせーらさんの幻聴が聞こえた(何)
劉斗: しかも、よりにもよって、一般的日本人の黒目ではなく、某Hこにゃんと同じ目の色とか嫌がらせがすぎるだろ(何)
七波: あーあ……(何
満月: (きゅん(何
: 碧眼なんですか。 <義眼
劉斗: 緑がかった碧眼。
劉斗: とても厨二なので、今まで隠しておきたかった。そんな鳥越青年の苦悩。
劉斗: 皓君だけは、一度見たことがある。
: 病院(と言うか各務施設)でですっけ?
: ……いや違った。劉斗さんの自宅か。
劉斗: あのときは、自宅謹慎してた時ですな。
: 2回目見たかもしれない時は覚えてませんからな。 <意識怪しげ
劉斗: DNA相似生物(父=Hこにゃん)と似ないようにしていた数々の努力が水泡と還した。今回はそんな出来事(何)
満月: おめでとう(何
: 髪もそのままのつもりなので?
劉斗: 社長に営業の仕事を言いつけられない限りは、このままにしておくかなと。色が戻ることを期待しながら。
: 流石にそれは訊きそうだよな…… <その髪どうしたのです?
劉斗: 「色が落ちた」と返答します(何)
劉斗: 1Pカラーと2Pカラーで二度美味しい、ってことにしておいてください(何)
満月: 二度おいしいんだ、そうか・・・(何



*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: そういえば途中で判らなくなったんですけども、
劉斗: “Autopain”が火渡で、“剣の11”が“BlankEasel”でいいんですかね?
: いや、 “Autopain”が火渡はともかく、“BlankEasel”はあくまでも満月さんでしょうな。
: 剣の11は試験監督で。
満月: “BlankEasel”は満月(偽)っすよ。
劉斗: 先のクライマックスのラストで、火渡が“Autopain”であり、“剣の11”なのかと思わされたのですが、
劉斗: “BlankEasel”は“BlankEasel”で、CNが1つだけだったのかなと。
七波: みつきちさん襲撃シーンで火渡と剣の11が同時に出てましたな。
劉斗: “剣の11”は、結局姿を見せていない?
: 和名が出てなかっただけかと。 <“BlankEasel”
満月: 和名は私も知らんな(何
劉斗: ああ、うん。“Autopain”が火渡で、“BlankEasel”がみつきちだと思っていたんですよ。それがCXのラストで、混乱してしまって。
: それで正しいかと。
劉斗: まるで火渡が監督(剣11)みたいに見えたのです。
GM: だって
GM: みつきち(偽)が継承権得たから出る必要もなくなった(何
満月: (きりっ(何
七波: “剣の11”は結局宿での襲撃シーンだけ…?
劉斗: 失墜放置宣言。(何)
: むしろ火渡は結局今回札を継承しなかったのですよね。もしくは他の札を継いだか。
劉斗: 俺の太陽札ではなかったようで、安心した(何)
: 俺のとか言わない(何)
: 大体太陽札放棄(破棄)したでしょうに。



*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: 聖「( ゜д゜)ポカーン.」
: 今その顔文字を探して
: 自重したのに!(何)
満月: あーあ・・・(何
劉斗: 裏だから(何)
七波: …おや、全員が知ってるわけじゃなかったのですな。>蘇生したのダレー?
満月: 知る事が出来るのは鳥越さんだけかと。
劉斗: 七波が、芦屋にロイスを取得して、どれだけの情報を得たのかが此方には判らないのですが、
劉斗: 鳥越はとりあえず知っています。
: てぇか
: 芦屋のこと知ってるの七波さんと劉斗さんだけすよな。
: 僕も名前だけでどんな人物か知りませんし。 <芦屋
満月: それもありますな。 <芦屋さんと直接面識ある人少ない



*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: とりあえず、支部まで送ってくれた連城には、お礼の意味を兼ねて「車内で居眠りをする鳥越」を見せてあげますよ(何)
: レアwwwwwwwwwwww
満月: ちょっと聖さん携帯で写真取っときなさいよ!(何
: ごちそうさまです(キリッ)
: 何と言うレアショット(何)
劉斗: 後部座席に乗り込んだ連城と鳥越が、二人して居眠りをして、
劉斗: 終電車内で、互いの肩に頭を乗せるような客みたいな図になったら、運転手が代わりに撮ってくれる(何)
: それは超和む!
GM: 連城には壊れかけたRadioを熱唱してもらう
七波: 誰ですかその気の利いた運転手(何
: 写真ください是非!
劉斗: タイトル「放火魔達の休息」(何)
: かっこいい女子(聖さん)と無表情青年(劉斗さん)のそんなレアショットなんて滅多に拝めません!
満月: これだから炎サラマンは・・・(何
: なんという貴重なレアショットだろう…(何)<いねむり
劉斗: 皓はみつきちを見つけて一緒に帰る際に、同じことをすればいいんだよ!(何)
GM: みつきちの自転車は
GM: 市内に置き去りなんでよろしく…(何
: 僕あの後どうやって帰ったんだろう……
GM: 七波のリムジンで帰ったよ(何
七波: なんと(何>3人リムジンで
: 僕のバイクも置き去りなん(何)
GM: 皓のバイクはUGNが引き取ってくれました
: おう。
GM: おもに和美さんが…(何
: ……
劉斗: そして買い取り王に持って行って、高く換金してくれました。<皓バイク
: 和美△
: それ返ってきますので……? <バイク
GM: みつきちの自転車とかわからねぇよ(何
: わかったわかった
: みつきちはお兄ちゃんに新しいの買い直して貰え!
満月: (ちょっとにーさん自転車借りる!
満月: てぇか私は空木市自体に行ってないと言っとろうが(何
劉斗: みつきちは、ココニカレー黒巣極東支店とかじゃないのか。
GM: でも
GM: これはちゃんといっておくが
GM: 「ブランクさんはみつきちの自転車奪ってわざわざ漕いできたんだぞ」わかれよ(何
GM: <FHエージェント乙
満月: うん・・・(何
劉斗: ブランク△!
: ……
: そこまで演じきるとか
: さすがだな!
劉斗: それは見抜けないな(何)
: お疲れ様でした(何)
満月: 其処の辺り、電車とかで移動しても良かったのに本当乙だよ!(何
劉斗: あっぱれとしか言いようがない(何)
GM: だってリアルリアリティとか違ってくるだろ(何
: ちゃんと本物のやりそうなことをきっちりコピー!
七波: 滲み出る苦労が…(何
: まさに職人技でござる
満月: 自転車で移動しようとした満月を恨めとしか言いようが無いよな・・・(何 <ブランクさん
劉斗: ブランクさんが次に出てきた時には、必ず言われるんだろうな…(何)<みつきちの自転車で全力疾走
: でも
: 自転車だったらか攫い易かったんじゃ?
: (結果論とはいえ)
: (みつきちが爆走する道に落とし穴を掘っておく)
満月: (うあーん(何
劉斗: 「おい、こいつもしかして本気で自転車で空木に行くつもりか? そろそろ止めてやろうぜ……」
劉斗: 哀れみのまなざしを向けながらみつきち捕獲。
劉斗: いい人じゃないか!(何)
: つまり、みつきちを捕まえたのは優しさ……(何)
: <後は俺に任せて!
満月: そう、か・・・(何
GM: 「でもまー。演じるからにはやるならないといけないよな」自転車走駆
劉斗: 素晴らしいプロ意識。
満月: 泣けるな・・・(何
七波: ホントにお疲れ様…(何
劉斗: だから、皓君が気づかなかったのはしょうがない。
: そすか……
: ブランクの中の人もきっと、舞台裏で「こいつ俺より役者向けだよ!」っていってるよ(何)
劉斗: 鳥越「自転車で黒巣から走ってくるだと? そんな事をするFHエージェントは馬鹿だろう」(何)



*** / EndingPhase

(本文)

七波: ふと思ったけど、みつきちさん自転車とか奪われたとかまさか着てた服まで(ry)と12時すぎたのでいらん妄想をしてみる(何
満月: (・・・・・・ (*。ノノ (何
七波: ……(何
満月: てぇか、OPの直後に襲われて、移動で日中夜掛かって、其処からCXまでに2日掛かって、其処から3日後に発見されたんすよね。
満月: 約1週間近くとか放置プレイ過ぎる(何
GM: だから回想な。
七波: みつきちさんご飯は?(何
満月: 食べてないと思うよ・・・(何 <衰弱してたみたいだし
: よく無事だったな……(何)
: ホントすな……
満月: 多分OVだった事と悪運が多少あったのが幸いしたんじゃないかな・・・。
劉斗: よしよし。ここから出たらココニカレーをたらふく食べさせてあげるよ(何)
: 胃が受け付けないから待ってやって(汗) <カレー
: 学校に戻ったら食堂で定食奢るよ!(何)
劉斗: カツサンド…分けてあげる!(何)
満月: 何で一瞬どもるんだよ(何 <カツサンド
: あーぁ(何)
劉斗: バトルロイヤルの末に手に入れたレアアイテムだし…(何)
: あげると言おうとしたけれど勿体なくて分けてあげるに(ry
: マジで災難だったな満月さん……
満月: (うあーん

: そういえば
: 迎えに行くってのは確かに誰にかかるか不明と言えば不明すな。
GM: それは
GM: 皓自身が答えいったろうに。
: 事が終わったら満月さんを迎えに行く。すか?
満月: 何か火渡さんが皓君部下として使ってるのを見て、ああこの手ありだなーとブランクさんが(ry
: くぉら(何)
GM: 皓の姿で満月を落として 今度は満月の姿で皓を…というはなし。
劉斗: 皓は渡さないぞ。奴は俺の部下になる予定だからな(何)
: ちょっと劉斗さん(何)
: つまり今回勧誘があったのは割と偽物さんの本気だったんだあれ。 <一緒に来て欲しい
劉斗: エンハヌのみつきちに洗脳は無理じゃん(何)
七波: この面子で洗脳できるの誰(何
満月: 洗脳と言うよりか、心を折らした後にって感じかな。
: 心はめたくそ折れたよ!
劉斗: 何を言ってるんですか。皓の心を折るのは俺だけです、他は認めません!(何)
: (何)
: (何)
劉斗: どうやらブランクとは本気で死合う必要があるようだ。
: 劉斗さんちょっと落ち着いて(何)
劉斗: 目的が、皓の勧誘じゃなくて良かったな(何)<荒神の力を手に入れることは成功
: 勧誘はついででしょうなぁ。
劉斗: あわよくば、感。
劉斗: 命拾いしたな(何)
: この街を復活させてあげるけどお前FH来いなって失墜が言いに来るかと
: チラッと考えたけどそんな事はなかったぜ!(そもそも復活できない)



*** / EndingPhase

(本文)

七波: あの状態からの蘇生ってあんま光景を想像したくない…
満月: まぁ、な・・・(何
GM: 芦屋先生馬鹿にするなよ。
劉斗: 芦屋先生の特技は立体ジグソーパズルなんだからな。
GM: 式神で超改造しました。
七波: ええー(何
満月: 超改造とか言った(何
劉斗: 魔改造よりはマシだろ(何)
: 起きたらボインになっているみなみさん、か……(何)
: <魔改造
劉斗: 芦屋先生の次回作にご期待ください(何)
七波: じゃあ明良さんも(ry(何
: それは2026でやるから(きりっ)<切り刻まれて残念な死体から全身義体蘇生でボイン
: マジでやるの(何)
七波: 切り刻まれるの確定なんすか……?(何
: 首ちょんぱくらいされてる気がするな!
七波: どうにも繋げようがなかったから仕方なく全身義体に…?(何
: 嬉々として全身義体に…(何)
劉斗: 整形手術後の予想写真を見せるとか、きちんとムンテラしてから、おっぱいリロードのできるボディに改造してもらったんですね(何)
: Hこにゃんさんありがとうございます(何)
七波: 切り刻まれた状態でどうやって?(何>予想写真見せとか
劉斗: アラレちゃん状態の姿で(何)<頭だけ状態で記憶と思考有り



*** / EndingPhase

(本文)

満月: そうか、まだ誰も見舞いに来てくれてないんだな・・・(何
満月: (一人ぼっちー (´・ω・`
満月: ところで、私って空木市壊滅って事とか知ってるのかな・・・(何 <今回の起点は知ってても、結末とか知ってるのかどうかあれだが・・・(何
: そのうちニュースがガンガン入ってくる気がする(何)
七波: 情報操作後のですがな(何>ニュース
: ……痛いな、痛すぎる。 <表
劉斗: 鳥越「今日からお前の身元を引き受ける。俺の事は兄様とでも呼べ」(何)
満月: 鳥越さんの妹萌えはもー(何
GM: みなみ「はい。兄様」しゅたっ(何)
劉斗: !
劉斗: なんというできの良い妹だ。
劉斗: 成人するまで面倒をみてやろう。たまに検査を受けてもらってデータを取ることになるが(何)
GM: まだなんていうか
GM: 鳥越ならいいんだが。
GM: 狐とかおそろしくて…(何
: あーぁ(何)
劉斗: 狐さんよりは鳥さんの方が信頼できますよ、多分!(何)
GM: せーらとかどうなんだよ!(何
: せーらは女子供相手には優しいよ。(何)
劉斗: なんで各務所属の女性って怖い人が多いの?(何)
: ほ、ほら!八雲さんとか!(何)
: <優しい女性
劉斗: 鳥越に正面切って禁煙です、と言ってのける優しい女性。
: 優しいじゃないですか!
: 鳥越さんの身体を心配してですよ><
劉斗: いや。あれは心配じゃなく、憂さ晴らしでしょ…(何)<この上司ときたら仕事を放り出して戦場に行くとか(ry
: (しっ)



*** / EndingPhase

(本文)

満月: 私が聞いた時、確か無自覚のオーヴァードだって話じゃなかったか・・・?(何 <何か認識してるやんRBの事!(何
GM: 幻聴と思ってる(何
劉斗: 頭の中の妖精さん。
満月: そう、か・・・(何 <幻聴
GM: 昔話の話だから
GM: 「こーじゃね?」というのはある(何
満月: そうか・・・(何



*** / EndingPhase

(本文)

GM: 皓君準備しておくといい。
: あーい。
GM: 皓君の進行度が
GM: 後悔の為に何か発症して喉を掻きむしるぐらいなら状況考える。
: L5
七波: 雛見沢、だと…(何
: 満月さんを見舞った後は多分ひとりになりたがると思う(うん)
: その時に誰か出るなら受けて立つ(ぇー)
七波: 撮った写真届けに行くか(何
GM: KY
GM: 「こんな写真で来たんですよ!」(連城と鳥越のツーショット』
七波: そっちだったか(何
: それはあとでは欲しいがこの時はいい(何)
GM: 自転車で全力で疾走するFHエージェントの写真とか。
: それも欲しいな(何)
七波: みつきちさんにもお見舞いの品として持っていくか…(何>写真
GM: 鳥越さんが剣で目を切ったので
GM: 暫くの間中の人にサングラス強制になりました。
七波: ダイレクトに目を斬った写真を送りつける(何
GM: 監督曰く
GM: 「アドリブにも程がある」
GM: こうだろ(何<CG効果
劉斗: 鳥越中の人「罰として屋内でもサングラス付けさせられているんですが、薄暗い所だと前が見えなくて怖いんです」(何)
: サングラス乙
七波: そーいや鳥越さんが目を斬ったことは連城さんしか知らんのか…?(何
: 報告には全部あげてるだろうけど、言って回ったりはしてないな…(何)
: でもほら、鳥越さんが普通の顔して皓君に会いにいくよ!
: ちょっとみつきち
: 皓が凹んで立ち直って決意る前に抱き締めてこいよ
満月: え、ちょ、私歩くの辛いんだけど!(何
GM: つーか。シーンの続きだから。
GM: 起きておけ(何
満月: 寝転がっただけだよ、大丈夫!(何
満月: <起きてる起きてる(何
七波: 寝た瞬間皓さんの肘打ちで起こされます(何
: しないわ(何)



*** / EndingPhase

(本文)

: ん、誰だろ。 <表
劉斗: 蒼太だろうか。
GM: 君だよ(何)
七波: 皓さんじゃ?>知人
GM: 出ずらいだろうからさっさと演出した(何
: ああ。満月さん視点。
劉斗: ああ、まえのシーンの続きか(何)
GM: メロンおいて帰るなら
GM: それでもいいが(何
満月: (めろーん
: んじゃメロン持って行くことにする(何)
劉斗: メロンの味がしないメロンパンが手みやげ。
七波: いちごの次はメロンか……(何
GM: メロンを手向きする皓
七波: すげー(何>手剥き
GM: 七波は丸かじりな。
七波: そこはバロールを捨てた鳥越さんにこそ(何>丸かじり
劉斗: 関係ねえええ(何)
劉斗: 皓のことだから、きっとメロンは持ってきたけど包丁は無いだろうと思う。
七波: ドSブレイドで華麗に剥くんじゃ、鞘だけど(何
: 文化祭のケバブのように(何)<華麗に向く
Marさん: 結局焼くのか
: やだなにそれおいしそう
劉斗: メロンパンの歌の歌詞に「メロンパンはメロンの味がしない♪」というのがあるのです。
: メロンっていうのはどういう食べ物なんだろう、きっと甘くておいしいんだろうなあっていうパン職人さんの気持ちがこめられているのです(何)
: <めろんぱん
Marさん: メロンパンは普通、メロン使わないしね
GM: 連城の技名をメロンパンに変える
: メロメロパーンチ
劉斗: 聖「──溢れ出でよ、我が永遠のメロンパン。焼き払え」
劉斗: こうか(何)
GM: うん(何
七波: そうですね(何
GM: エターナルメロンパンを使用します。
七波: 毎日連城さんが焼いたメロンパンが学食に(何
: コードネームは“地獄のメロンパン(ヘルメロンパン)”な!



*** / EndingPhase

(本文)

GM: 外殻で言うと
GM: 全部失墜が悪いんじゃね、になるんだが(何
GM: というかだな
GM: そういう疑惑疑念を植え付ける事が
GM: 目的の一つだったわけで。失墜の。
GM: 戦闘能力じゃないんで。問題は…(何
七波: あー…(何
GM: そういう意味で人の繋がり―ロイスを封殺するという悪質な能力を持ってる(何)
GM: まぁ
GM: 失墜先生の計画は大成功だな
GM: リア充爆発しろ
七波: (うがー)
満月: 失墜さんマジひどいひと。
: つーか
: 失墜の出てきたセッション、ほとんど成功ないんじゃないか……?(何)
GM: ……
満月: (沈痛
GM: なんて優秀な奴だ!(最初の失敗を置いておく
GM: <ぽちぱぱぱ他皆に滅多打ち



*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: ……………(むずむず)
七波: どうしましたか鳥越先生
劉斗: 背筋がむず痒くて仕方がない(何)
: なんでや(何)
劉斗: どこかの家の玄関前の光景を再び見せつけられているような気が(何)
七波: あー……(何
: 全く状況は違いますがな(何)
劉斗: いや、このむず痒さが(何)
満月: (孫の手どーぞ(何
劉斗: (ぽりぽり)
七波: 孫の手を齧っている音に見えた(何
劉斗: 孫の手スナック(何)
七波: 各務から新発売ですか(何
劉斗: とか思わせておきながら、実際にはただの孫の手を囓っているゆきこだった。
七波: ゆきこさん何してん……(何
劉斗: 「くえないぢゃないかー!」むきゃーと皓に逆ギレしている図を夢想した(何)
七波: 皓さんに当たっても皓さんが困るんじゃ(何
: 困るどころか
: 「どうしたの?」とか聞きますよ。ふつーに。
劉斗: 「『ぽりぽりできる』ってゆーから、ぽりぽりちたのにくえないぢゃないかー!」
七波: …………(何



*** / EndingPhase

(本文)

七波: 5点は僕と皓さんだけか・・・(何
GM: まーな。
劉斗: 凄いな。字面が(何)<みなみを殺害し、石動姫(RB)を取り込んで勝利しました。よって10点を。
劉斗: しかもみつきち用だし(何)
満月: ジャームですから(きりっ(何
: 凄すぎますね。
七波: とてもPCの目的とは思えん(何
: 別に今回完全失敗と看做されても仕方ないと思っていたくらいですし。
: 半分でも認められたならむしろ恩の自。 <此方の目的
劉斗: いや、荒神倒した分は成功でしょ(何)<こーくん
七波: 僕も正直1点かなと思ってました
GM: 完全失敗というなら七波に言うわい(何
七波: いや、うん…僕正直5点貰うのが申し訳ない…(何

満月: ブランクさんに襲われた挙句に姿を取られた事を覚えていれば、皓君にその時の偽物の私はどんな感じだったのかと聞けたのに――!(何
七波: 多分七波も見舞いには行くでしょうが言葉濁しまくりだと思うよ…(何
劉斗: 俺も見舞いに行っていい?(何)
満月: 黒服さんがお見舞いにきてくれる、だと・・・(何
七波: それはみつきちさんの病状が悪化しそう(何
満月: いや、だけどみなみさんの事を多少聞きたいから・・・!(何
七波: 鳥越さんしか話してくれそうな人いないよね…(何
満月: まぁ、それでもかなり誤魔化されるだろうけどもね・・・(何
劉斗: 事情知ってるのが『後見人』だけだしな(何)
満月: (私だけ真実教えて貰えない(><。(何
劉斗: 誰が、とは言えないけど、「データが欲しいので生き返らせた」とは言うね(何)
: その後連城がこっそりきて「ああ、後見人になってくれたらしいですね」とか言うよ…(何)
GM: なぜか皆にやさしくされるみつきち
七波: みんな生暖かい視線でですね…(何
劉斗: しぶーい顔しているみつきちに「…何だ。喜ばないのか」と少し不機嫌になる(何)
満月: (な、なんか (視線が優しくて (逆にこわいよ・・・(何
満月: 鳥越さんはもー(何
: 自転車大丈夫?チラシ持ってきたから今度買いに行く?とか優しく…(何)
七波: まぁみつきちさんに真実が伝わることは誰かが口を滑らさん限りないと思う(何
GM: そしていまUGNがやらないといけないのは
GM: 星夜の記憶操作なんだよな…(何
GM: <「あれー?満月。おまえ空木でカレー食ってたよな!」
満月: そうか、星夜は空木市で満月とみなみさんに会ってるもんな・・・(何
: ちょっと冴先生ーヒモ付き5円玉あげるから星夜の記憶操作してきてー
七波: 冴先生催眠術の心得あるん?(何
劉斗: 冴てんてーは
劉斗: 自分がひっかかりそうだ…(何)
七波: あー…(何
満月: (えーっと、これを目の前に垂らして (左右にゆっくりと揺らして (………… (すやぴー
満月: こうですね・・・(何
GM: 星夜を自転車で轢いてぼっこぼこにして記憶を無くさせる冴先生
満月: そう言うのは矢島てんてーに任せます(><
: 矢島は転勤しました(何)
: まぁいてもいいですが(何)
満月: まじでー(何
七波: 何処に行っちゃったんですか(何
: 少なくともPCとして復活させる気ないよ僕(何)
満月: 御堂先生が向こうの方で寂しそうにしてたじゃない!(何
: まぁ背景でのんべんだらりと教師してるんじゃないかな。
七波: 教師Aとして活動していると(何>矢島さん
: そんなとこかと。
: 大体チャリアタックがメイン攻撃PCとか
: 一発ネタで充分でしょ!
満月: 新しくて良いじゃない!(何
劉斗: 「矢島君、僕と入れ替わりで転勤ですか…寂しいですね…(ちょぼん)」
: 学校にはまだいるよきっと。
七波: エキゾチックカー掃討のチャリとか(何
七波: 相当(何
: エキゾッチックカーを掃討するチャリとか何事(何)
七波: すげえ(何>車を掃討するチャリ

*** / EndingPhase

(本文)

GM: (赤いじゅうたんどうぞ)
満月: (これはごていねいに
GM: 昨晩はGMお疲れ様でした
GM: (さらっ
満月: お疲れさm・・・あ、あれ?
満月: 落ちつけ。しれっと責任転換するなし(何
劉斗: そうですよ。風翼さんはサブマスだったんですから(何
満月: そうで・・・・・・あ、あれ?(何
GM: ブランクさんの憎悪は一身にえあろさんが浴びてくれるだろ(何
七波: 次もみつきちさん続投か(何
劉斗: ブランクが単にみつきちのまねをしていただけなら構わないんだけど、
劉斗: みつきちの真似をしつつ、皓君にアタックかけていたのが許せないな(何)
満月: 鳥越さんは本当落ちついてくれ(何
劉斗: 違います。PL的にですよ!(何)
劉斗: どうして本物ではなく偽物に言わせてしまうんですか、風翼さん! 見損ないました!(何)
満月: そ、そんな事言われても!?(何
満月: てか、みなみさんのロイス固定化する為に状況を再確認したんだが、
満月: 偽物出現から暴れまくり後の身隠れするまでの期間の記憶が自分の中に無いって、これ別の意味でやばくないか(何
満月: 満月の姿形をした奴が街を潰したと言う事が満月自身にばれたら、流石にアレ泣くよ!(何 <え、ちょマジで私街潰したの!?
GM: 鳥越に切られるブランクさん乙
七波: そう言えば(何>鳥越さんに斬られるブランクさん
七波: チャリで誰も見てないのに律儀に独り言とかリアル過ぎるよね…(何
劉斗: 黒巣からチャリこいで来て、挙げ句、鳥越に斬られたんだから、許してあげるよ。その演技への情熱に免じて(何)>ブランク
満月: (うあーん(何 <マジでチャリはないわー(何
: オスカー賞を誰かブランクさんに!(何)
Shinさん: ラジー賞をくれてやるわ!(何)
GM: ニュースで該当火災現場見たら
GM: 画面端にみつきちの自転車うつってるだろうしな・・・(何
満月: ちょっとUGN画像処理で自転車消しといてー(何
劉斗: これがQスタステージだったら、結局はみつきち役の人が自転車で全力疾走することになる(何)
七波: 中の人は同じ、か…(何
満月: ちょっと脚本家読んで来い(何 <自転車とか無いわーって言ってんだろ!
劉斗: だって、外側がみつきちなんだから…(何)
Jibさん: バイクなら免許なければ特撮もあるが、自転車なら本当に走らせるよね。
劉斗: みつきち役者「自転車とか無いわーって言ってんだろ!」 ブランク役者「ですよねー(頑張って)」
満月: (うわぁぁぁぁん!(しゃかしゃかしゃか(何
劉斗: ちょっとだれか、オスカー賞受賞者のブランクさんの項目を辞書に書いてきて(何)
七波: 最も大変な人と入れ替わったよねブランクさん…(何
劉斗: CX前の投票の時に、「この人だけはジャームじゃない」という項目があったら、
劉斗: 私は間違いなく「チャリで黒巣から空木に来るFHエージェントは無いね!」と、みつきちの名を挙げたところです(キリッ)
満月: ちょっとGM、鳥越さんがいぢめるー(何
七波: 連城さんとかと入れ替わってたら好待遇だったのに(何
七波: <高級ほてーるとか
満月: 全くだな、そう言う意味では入れ替わる人を間違えている(何
満月: しかし物事をイージーモードで運ぶと言う意味では間違えてはいない(何
劉斗: ブランクさんカワイソス(何
Jibさん: ブランクさんの苦労一覧:
Jibさん: ・他の人が電車や車で来る距離を自転車で疾走
Jibさん: ・付いた先の宿も取らず、皓くんが言わなければ野宿だった
Jibさん: ・そしてミドルで鳥越さんに切られた
満月: これだから塔を継いだ人は可哀想と言われるんだよ!(何
劉斗: 火渡「あれ? 俺って勝ち組?」(何)<塔を継いだ人が可愛そう
七波: そういや自爆さん見学してて、ジャームがみつきちさんって推測付きました?(何
Jibさん: さすがに途中飛び飛びだったし、最後の数日は見学してないからさっぱりですな。
Jibさん: つーかロシアンもどきと聞いてたんで、トリガーになるまで誰が偽者か決まってないものと思ってた。
七波: ミドル終了時点での「誰がジャームだと思いますか?」で唯一みつきちさんが0票でしたからな…(何
七波: あれで1人でも疑ってたら何か変わってたんだろうか(何

秘匿会話でも話題にあげていましたが、1票でも満月に入った場合は最初の不意打ちが無くなっていたなど色々と変更点があった模様です。


*** / EndingPhase

(本文)

七波: 今回みつきちさんは皓さんをちゃんと慰めてあげてくださいね(何
満月: (皆が優しい (*ノノ(何
Jibさん: 手作りのイチゴパイでも持っていってやれよ(何
Jibさん: <慰めに
Shinさん: 「虐める」に見えた。(何)<慰める
七波: 虐めちゃうの……?(何
満月: 慰めてあげたいのは山々なんだけど、私結局一部の事実すっぽ抜けてるし、普通に慰めようとしたら逆に皓君を追い詰める事にならんか(何
GM: 慰めてあげたいというか
GM: 事実知ったらダメージ喰らうのみつきちだろ(何
満月: ですよねー(何 <大ダメージ
劉斗: 黒服の人から、いくらでも望むだけ真相を教えてあげてもいいんですが。どうしますか?(何)>みつきち
満月: らめぇぇぇぇぇ(何 <そっとして下さいよ黒服の人!(何
Jibさん: どっちに転んでもへこみまくりだな・・・
GM: 「お前の姿を奪い取ったエージェントが先導して空木みなみを攫って殺害して一都市を半壊させた。皓と水守は重症。そして空木みなみは俺の妹になった」
GM: こうだろ(何
満月: 最後は落ちつけ(何
七波: 事実すぎる(何
: 最後が言いたいだけだろ(何)
劉斗: 鳥越の説明(何)
満月: そうか、つまりこれからは鳥越みなみ・・・(ごくり(何
劉斗: まあ、今回、みつきちとか七波んとか皓を慰めるのに適任なのは、連城かなと。
七波: (うなー
: 肩をぽんって叩いて、缶コーヒー渡すくらいで去るけれど、それでもよければ…。(何)<皓
劉斗: (七波をツイッターでフォローする)(何)
七波: そっち……?(何>ツイッター
: みつきちとななみんには、ホラあれだよ!ココニカレー行こうぜ!(何)
満月: (ココニカレーうまー
七波: 良し分かった、全員にトッピング納豆おごるよ!(何>ココニ

満月: つーか、結局戦闘終了後から満月が発見されるまでに3日間近く掛かったのなんでだろう。普通に捜索が難航してたのか(何
: 山奥に捨てられてたとか……(何)
劉斗: 富士の樹海で迷子になったみつきち。しかも、GPSの携帯もブランクに取られたから、発見が遅れたんじゃないかな(何)
満月: 富士の樹海まで行ってねぇぇぇぇ(何
: そこはほら、みつきちの特性の悪運で…(何)<鹿熊
七波: 熊に担がれて巣穴に保護されるみつきちさんとか(何
満月: 熊さんすげー(何
: FOEじゃなくてよかったな。(何)
GM: ブランクさんも塔だからあんな自転車で移動とかさせられたんだ…(何
満月: どう見ても罰ゲームだろだって・・・(何 <一日掛けて自転車移動とか
GM: しかも宿すら取ってない無計画だから
GM: 内心「馬鹿じゃないの?馬鹿じゃないの!?」と思ってたに違いない(何
満月: 多分本来はネカフェで過ごそうとしたんじゃないかな・・・(何
満月: <流石にこいつ馬鹿だろとか思いつつ・・・(何
: これも試験の一つです(キリッ)
満月: 全くだな(何
満月: これで試験すらも失敗に終わってたら泣きっ面に蜂でした(きりりっ
: ブランクさんマジプロ
劉斗: 報われて良かったね…(ほろり)
七波: これからみつきちさんの姿で大暴れを…(何>塔
満月: いや、流石に暫くしたら満月の姿保てなくなってくるんじゃないかな・・・(何
七波: 保っている間にみつきさんの評判を貶める数々の奇行を(何
満月: おのれブランクさん許すまじ。
劉斗: みつきちの姿を保っていると、ロクな事にならないってのを身に染みて知っただろうし(何)
GM: 皓に迫っておけばいいんじゃね。ストロベリ的に。
満月: (*ノノ

GM: んー。でもまぁ
GM: 今回で考えると。みつきちが最適だったんだよな。
満月: そうか・・・(何
GM: だから状況判断能力はかなりあるんだろうと。
GM: 痛々しいところまで突っ込まないといけないのは駄目だが(何<自転車とか無いわ
満月: (うわぁぁぁぁぁん!!(何
劉斗: 状況判断能力はかなりあると同時に、きわめて生真面目なんだな…(何)
劉斗: 空木の娘に取り入って荒神の情報をゲットするには適任。
満月: お陰で任務がイージー仕様になりました(*ノノ
劉斗: イージーですね…(何)
満月: 「実は鍵(みなみ+RB)が手元にあるので。プライズ【18】で自動的に半覚醒はします。 神社に連れて行き。みなみ(+RB)を殺害する事で現状ある対抗手段を失います。 その時に形成される剣をゲットして君の任務は完了です。お疲れ様でした(何このイージーミッション(何」
満月: だってさ・・・(何
劉斗: 楽勝ですね…(何)
劉斗: んで、剣が花になったと?
満月: 剣が花(真理の花扱い)になったと(みぅ
劉斗: プライズ【18】で自動的に半覚醒はします、というのはみつきちが?
満月: いや、荒神かな。 <半覚醒
劉斗: なるほどー。
満月: 形は好きにしても良いと言われたので、折角だからと風鈴草にしてみました(照 <みなみさんの剣
満月: みなみさんの誕生日が分かれば、そっちの花にしてもと思ったけど流石に其処まで設定無いよなーと思い直して素直に満月の誕生花にしてみた・・・(何 <風鈴草
劉斗: ロマンチスト★ブランク(何)
満月: だって満月変身中だしー(何
劉斗: じゃあみつきちがロマンチスト(*ノノ
満月: 実は満月とみなみさんは同じ誕生日とかでも良いですが(きりりっ(何
GM: いいよ(何
満月: (*ノノ
劉斗: ブランクが生まれた日でもいんじゃね(何)
満月: え、マジで(何
満月: 3人は同じ誕生日か、胸熱だな・・・(何 <そうか、だから選ばれ(ry
GM: NPCの誕生日までおれ設定してねぇよ(何
満月: ですよねー(何 <NPCまでは知らん

*** / EndingPhase

(本文)

満月: なぁ、固定ロイスにするにあたってセッション内と違う感情で取得しても問題無いよな・・・(何 <NPC
Jibさん: いいんじゃないかな。ロイスへの感情変更もアフターでやっていいんだし。
GM: いいよ(何
満月: よーし(何
満月: みなみさんにロイス取るかと思ったけど、ネガ感情を変えたいなーと思って・・・(何 <俺今回の騒動知らないし(何
満月: (ブランクさんと失墜さんマジひどいひと(><。(何
劉斗: 編入先は黒高でいいんですね? お隣の学校ではなく。
満月: 皓君がみなみさん見るのが(ry)と言うのなら隣の方が良いかもしれんとは思った・・・(何 <学校
満月: 満月だけで言うのであれば、その辺りの事情も知らないので、寧ろ一緒の高校が良いとの希望は出すと思う。
: 黒学だと色んな事件に多々巻き込まれる可能性は(ry
満月: ・・・・・・(何
劉斗: ふーむ。じゃあ隣の学校にしておくかい?
劉斗: 間違いなく、皓が動揺するのが目に見えていてな…(何)
満月: そうか・・・(何
: 毎日は針のむしろ(何)
満月: じゃあ大人しく隣の学校にしておくか(何 (目ぇ離すの何か怖いですけど!(><。(何
劉斗: 隣の学校に編入するよう手続きを取ることにするよ。同じ学校にするとかいうドSは、少し趣味から外れる(何)
満月: 趣味とか言った(何
: 大丈夫、駄目な時は同じ学校でも駄目だよ!(キリッ)
満月: (きりっ
劉斗: 真実を(何)
: それにホラ、その辺含めて鳥越さんが保護者なんだろうし…(何)
満月: そ、そっか!(何 <その辺含めて
GM: 国際環境大学付属高校でいいんじゃね(ルールブック確認してた(何
: 放課後きゃっきゃしながら待ち合わせしてデートすればいいと思います*ノノ
満月: (きゃっきゃ
劉斗: 学年は同じだっけ?
満月: 同じですな。

*** / EndingPhase

(本文)

GM: で。
GM: 結局。視力はダメージ受けたん…?(何
劉斗: うん。
劉斗: 代償としてバロぢからごと、両目を支払いました。
満月: バロぢからが刀に吸い込まれちゃった、か・・・(何 <代償
GM: あとこれはGMからききたかったのだが
GM: なんで目を傷つけたん…?(何
劉斗: 髪は女の命といいます。平安時代なら尚のこと。
劉斗: 石動姫は、その命を込めて刀を打ったのだから、次の持ち主となろうとする自分も、それに見合うものを賭けるべきかと。
劉斗: まあ、意地ですな。(何)
劉斗: で、バロぢから発動部位が眼だったので、バロぢからも無くなったと。
GM: まぁ。彼女の意とすれば
GM: 「好きにすればいいんじゃね」と…は言わないな(何<皓にはいうが
満月: あーあ・・・(何
劉斗: 言われても、好きにしますよ!(何)
: 鳥越さんそんな……「お前を好きにさせて貰う」だなんて……*ノノ
劉斗: そっちじゃないwwwww
満月: (だいたーん
劉斗: ある意味、惚れた女に対する誠意っちゅーか何というか。「惚れている」とまで本人が気づいているかどうかはともかくとして(何)
GM: なんつーか
GM: 普通に考えて錆びないの…(何)<超ハイテク義眼
劉斗: 錆びないんじゃないかな。レネゲイドパワーで(何)
劉斗: まあ、鳥越の事だから、任務の前に狐様と話していた別件が、この浪漫義眼開発の事だったんじゃないかな…内容忘れたけど(何)
劉斗: 「誰がテストをするんだ」
劉斗: と思っていたら、自分がテストできるじゃないかこれ、と(何)
劉斗: でも、狐様とかせーらさんとか、むろんてっどんには、手術させません(キリッ)(何)
GM: 狐とか裏切らないよ(何)
劉斗: 裏切らないけど、オペさせるとか怖いじゃないか(何)
劉斗: まあうん、なんか思いついたんで厨二に走ってみたかったんですよ……あと、みつきちの「暴走」付与がトリガーをひいた感(何)
満月: (てへへ(何
GM: いやほら。
GM: かるぼーも眼帯になったし、すかーふぇいすブームなのかな、と(何)
満月: 何と言う青良さんの時代到来。
GM: 元々ぎーやんにやられてたんだし別にいいだろ(何)<眼帯封印中二アタック
: (やったー)
劉斗: みつきちのあれが無ければ、鳥越は生身のままでした(キリッ)
GM: じゃあみつきちわるいやつ。
満月: ごめんね!(何
GM: 許さない。
満月: ち、ちがうもん私じゃないもんブランクさんのせいだもん(><。
劉斗: ああいうことは、戦闘開始直後にやってくださいね!(何)>みつきち
満月: 戦闘開始直後じゃ使ったところで皆リザレクトするだけじゃない!(何
劉斗: 先日、くりゅどんが眼帯萌えだという話を聞いたので、例にならってみました(キリッ)
劉斗: 暴走は残るよ(何
満月: 直ぐに解除するでしょどうせ(何 <暴走
劉斗: いや
劉斗: みつきちが封鎖しなかったら、そのままだったんじゃないかな(何)
満月: そうか・・・(何
劉斗: あと、義眼になったといっても、外見は本来に戻るだけだし…(何)<元々の目の色をカラコンで黒く見せていたら、おにゅーの義眼が元々の目の色だったとかこれなんて(ry
GM: 用意したのは
GM: 狐だとは思うが(何
劉斗: 狐様の嫌がらせだと思っています(キリッ)
GM: 嫌がらせなんてそんな
GM: 120%の善意に決まってるじゃないですか。
劉斗: さすがに浪漫義眼にカラコン装着は誤作動の元らしいので、素直に碧緑眼で生きていくことにします…(ここ後悔ポイント)
劉斗: 20%分は要らない(何)
GM: カラーコンタクトは目に悪いから
GM: 「右と左で瞳の色が違うの」か「碧瞳」か好きな方を選んでください、と選択されたんだろ(何
満月: オッドアイか・・・(何
GM: <義眼
GM: 「虹色の瞳」とかでもいいが(何
劉斗: 国内で使うんだから黒目でいいだろうが! と言いつつ、前者の厨二ぶりにいたたまれなくて後者を選ばせていただきましたありがとうございます(何)

*** / EndingPhase

(本文)

劉斗: 妖刀、またどっかから調達しなくちゃいけなくなったな…ネタないな…(何)
満月: (てへ★
七波: みつきちさんがへし折るから…(何
劉斗: 弐式、とかにすればいいかな。
劉斗: ちょっとアイディア出しなさいよみつきち(何)
満月: (Σ (え、えっと (えーっと
満月: と言うか、滅びの刃もゲットしたんだし妖刀1本でも良いじゃない(何
劉斗: 駄目なんだ。
劉斗: 刀3本ないと、ヴァリアブル使う意味が薄いんだ(何)
満月: 把握・・・(何
劉斗: もう1本は氷剣作るとして。
劉斗: 枸橘(ヴェイパーウォール)は今回見送ることにしよう。
七波: ガード値が馬鹿高いアレですか(何
劉斗: しまったな。そっち壊せば良かった(何)
劉斗: でもあれ、ガード値が高すぎて、1撃では壊れない使用なんだな。
満月: 壊したかったの・・・?(何
劉斗: いや。
劉斗: 手持ちの妖刀が1本無くなったら、皓が持っている宝刀を使う理由になるかな……って、その時は思ってた(何)
満月: ああ・・・(何
劉斗: でもリビルドを考えて、盾を持たないんだったら…と(何)
劉斗: これもみつきちのせいですね。
満月: (私かんけいないー(><。
劉斗: まあ、無難に予備の「凍桜・弐式」ってことにしとこ…(何)
七波: 飲まず食わずの放置でしたからな(何
七波: <本物
満月: (げっそり (虚ろ
劉斗: カレーだと胃にもたれるだろうから、おかゆライスでも食いねえ(何)
満月: (うまうま・・・(何
満月: 飲まず食わずの上、リザレクトすら出来ない程に痛めつけられて身動き一切取れなかったとか本気で私とばっちり(何
七波: 鳥越さんとかだったら車を襲撃してたのか?(何
劉斗: 鳥越を諦めて、みつきちを狙ったとか(何)
満月: 多分それは無いな(何 <最初から此方狙いだと思うよ(何
劉斗: なんか、
劉斗: 道路の両サイドからロープを張って待ち伏せしていたような気がしてたまらない……(何)
満月: ひでぇ(何
七波: あー…(何
七波: 絡んで転んだところを集団で押し倒すと(何
劉斗: そーらかかれー(わーっ)(何)
満月: (やーん (数の暴力はんたーい(><。
七波: とりあえずリザレクトできなくなるまでぼっこぼこに(何
七波: その後徐に《破砕の音》で(ry(何
劉斗: 出られないようになったな(何)
満月: (さめすん(何
劉斗: みつきちサービスショット(何)
七波: そうか、ここでサービスショットしてたから本編では何も無かったんですな(何
劉斗: ノルマは果たしたと。なるほど(何)
劉斗: あるいは本編で何もなかったから(ry
満月: そう、か・・・(何
七波: みつきちさんは監禁されるわ、皓さんはひどい罠にはめられるわ、鳥越さんは心眼に覚醒するわ、七波はRBに覚醒するわ……連城さん思いつかん(何
劉斗: 連城ウハウハ(何)
満月: ウハウハは鳥越さんでしょ!(何
劉斗: いや
劉斗: サービスショット的にな(何)<連城ウハウハ
満月: 把握(何




PrePhase  | OpeningPhase | MiddlePhase  | ClimaxPhase | EndingPhase | After the last…  | BackStage