×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



□TriggerPhase / OnStage

◇MasterScene / それぞれの部屋で
ScenePlayer/− : 場所/黒羽学園  : 登場/不可


様々な資料や教科書などが錯乱とする部屋の真ん中で、何かの機械を弄っている人影が一つ。
機械からは楽しげな音が漏れ、弄ってる本人も熱中している様子。

それでも耳だけは良いのか。 廊下から聞こえる足音に気付けば顔をあげ。
数秒を待って扉は開かれる。
そこにはやはり、想像通りの人物が立っていた。



「雪さんを見かけたって!? 本当か!?」
「おいおい、此処で嘘を言ったって意味ねーだろ?」

その人物が入ると同時に告げた一言。思わず声を上げてしまい。

「一応は俺だって心配してんだぜ? ってもお前のレベルまで行くと心配し過ぎな感じもするがなー。」
「まったくよー、これだから天然の女生徒キラーって奴ぁ……」
「…………それは君が流した噂だろうが、と言うか前後の繋がり何処だよ……!」
「まぁそれは横に置いてだな。」
「…………。」
「ちぃと説明がムズイ場所だしなぁ、行くなら案内すっぜ? どーするよ。」
「……行くしかないだろ。 早くしないと、また見失ってしまう。」

それだけ告げれば、車の鍵を握りしめて職員室から出ていく人影。
残された人影はただ口元に静かな笑みを浮かばせ。
その後を追った。
 
 

◇Trigger-1 / メッセンジャー
ScenePlayer/刃金明人 : 場所/路上  : 登場/可


GM: 登場を。
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(1)=1
明人: ワーイ

GM: 犯人を捕えかけた――ものの、それはあっさりと消えてしまい。
GM: それからまた、他の人たちとも連携しながら街中をただただ走りまわる。
GM: とは言え、闇雲に探すだけでは効果が薄いと言うのも事実。
GM: 何とか手は無いか……と思った矢先に。 君の持つ携帯に着信が掛かる。
明人: 「クソッ!どこいきやがった……ハイッ!?」 鳴ったケータイを取り出して出る。
GM/?: 「あー、あー。これ、刃金のケータイで良かったかー?」 どこかのんびりとした口調。
明人: 「…ッ!誰だ、テメエ!?」
GM/?: 「うおっ!? ちょ、いきなり何だ、ひっでぇなー…………って名乗っちゃ無かったか。」
GM/?: 「俺だよ、お前らのテストを絶賛丸つけ中の晃野だ。」  補習の先生の一人だとお思いねぇ。
明人: 「…ァ……せ、センセイ…すんません。え、えーと…なんですか?」 それは流石に焦るなあ(笑)弱い声で。
GM/星夜: 「いや、冴から何故か知らんがお前宛に伝言頼まれてなー。」
GM/星夜: 「こーして電話番号探りまくって見つけたんで試しにかけて見た訳だが。」
GM/星夜: 「市外近くに廃墟、あったろ?数年前にラブホが潰れただか何だかの。 そこに来い、だってよー?」
明人: 「???サエ……えーと、誰でしたっけ…?」 面識無いし(笑)
GM: おっと、更に御免。 今回の協力者で黒羽学園の教師(何
明人: 「…ッ!あ、はい…!?それって…あ、ありがとうございますッ!」
明人: 中身聞いたらすぐに納得する。その場で立ち止って頭まで下げて。
GM/星夜: 「神無月だ、かーんーなーづーきー。お前、一応名前はフルネームで覚えとこうぜ。」
GM/星夜: 「まーだからって俺が生徒の名前フルネームで覚えてるかと問われれば微妙と返すが。」
GM: まぁ、伝言は以上とか。 丸つけしてるってわりにゃ背後から電子音が聞こえてくるのは気のせいとしておいて。
明人: 「何で関係ない人間の名前覚えなきゃいけないッスか。…それじゃ、切りますッ!補習、今日さぼりますけどねッ!」
明人: 凄い勢いで電話切る(笑)
GM/星夜: 「ういうい、明日に何か追加なー。」 何か抜かして会話切れた(何
明人: 聞こえない振りする。
明人: 「……待ってろよ、すぐにいくからな…ッ!」
明人: といって、走り出す。




◇Trigger-2 / 集合場所
ScenePlayer/御堂忍 : 場所/路上  : 登場/可


GM: 登場を。
: #1d10+62
dice - 忍: 1d10=(9)=9+62=71

GM: 明人君と沖島さんが犯人と交戦した、との連絡を受けた。
GM: しかし捕まえる事は叶わず、逃げられてしまったとも。
GM: 情報はある程度集まりつつある……が、足りないところも多々あり。
GM: そもそもの依頼をしてきた人物の方の調査はどうなっているのだろう、と。 ふと思ったりもした。
: 「はぁ…本当に、何ていうか間が悪いなあ………」古びた鞄を手に、溜息をつく。
: もちろん、うっかり道になんて迷ったりしていませんとも(何)
GM: (ほろり(何
: そういえば、自分とちょっと似た雰囲気の教師の人の進捗はいかがなものなのだろうかと、ふと思い立ち。
: 公衆電話から電話をかけてみることにしてみた。
: テレカ投入。メモを見ながら、ぴぽぱぽぽ……。
GM: ぷるるるる、とコール音が続く。 もうすぐで10回目か、と思った矢先。
GM/?: 「冴かー? お前、また携帯忘れてったのかよ。これで何度目だってーの。」
: 都合が悪いのかな。かけ直した方がいいかな。そう思って受話器を下ろそうかとした、その時。
: 「……あのー…神無月冴さん、でしたっけ?」繋がった電話にあわあわしつつ。
GM/?: 「だいたい公衆電話からってお前、どっから掛けてんだー?」
GM/?: 「つーか自分から刃金呼び出しといて自分はその連絡の為のを忘れるとか……は?」
GM/?: 「………いや、あー。俺は冴じゃねぇが……あいつに用事かー?」
: 「え、あの…?」こ、困ったな。なんだか勘違いされているみたいです(何)
GM/?: 「あー……アイツが言ってた呼び出しがあるかもってコレの事か、モシカシテ。 あーっとなー……」
: 「刃金君を呼び出し? ……えっと、すみません。僕は御堂と言います」
: 「呼び出しというのは、どのような内容だったのでしょうか?」
GM/?: 「ミドーか。こっちは奴の同僚の晃野っつーが。 いや、呼び出しってーか、地味にその呼び出しと内容被るんだがなぁ……」
GM/星夜: 「“自分宛に誰かから呼び出しがかかれば、市外にある廃墟辺りに居るからそっちまで来てくれ”って。」
: 「廃墟……」
GM/星夜: 「ちなみに刃金にも同じことを伝えろって言われたからさっき伝えといたがよー。 それで話通じるのか?よー分からんが。」
GM: ピコピコと、電話越しに電子音が流れつつ。
: 「はい、大丈夫です。ええと……ありがとうございました、晃野さん」
: 「それでは失礼します」急く気持ちを抑えながら、受話器を下ろして電話を切る。
GM/星夜: 「あいつに会ったら、いい加減に携帯どっかに置き忘れる癖どーにかしろと伝えといてくれやー。」
GM: そんな事を最後に言いながら。通話は切れた。
: 「──困ったな。刃金君は一人で向かってしまったみたいですね」
: あとの二人に連絡して、急いで廃墟へ向かおう。
: 手遅れにはさせない。ぐっと、鞄を抱えて誓った。





通話が切れた向こう側。
青年は友人が忘れた携帯を再び目の前の机に置いた。

「腑に落ちんなぁ。」

一言呟く。

「嫌でも聴き慣れた声だ、違えるわきゃねー筈なんだがなぁ。」

頭の上で腕を組み。上半身を背凭れに預け。
――それ程までに似ていたんだ。 今の電話の相手と、この携帯の持ち主の声が。





←return □MD-B OnStage   menu   TR BackStage■   next □CX OnStage→