×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



□MiddlePhase-B / OnStage


GM: そいじゃ、ミドル3に行きましょう。
GM: 忍せんせー、お願いします。
: はい。
: イベントチャート。#1d10
dice - 忍: 1d10=(8)=8
: 協力者暗躍…
悠里: 先生頑張りすぎ(ぁ
GM: ま、まぁ次のイベントも被るとは限りませんから(何
GM: 内容決定ダイスをお願いします。
: はい。#1d10
dice - 忍: 1d10=(6)=6
: 事件に並々ならない……(何)
GM: 流石に2連続は辛いな・・・(何
: じゃあ最初から振り直します(何)
: #1d10
dice - 忍: 1d10=(3)=3
GM: ヒロインの異変。
: ヒロインに起こる異変。
: #1d10
dice - 忍: 1d10=(3)=3
: 急に連絡が取れなくなる。
GM: 遂に来てしまったか・・・(何
: ついにヒロインの携帯が壊れましたか…(違)
悠里: 携帯が...(ぁ
礼文: 携帯www
: じゃあ、次の日ヒロインが姿を見せなくて、連絡を取ろうとしたけど携帯がつながらなかった感じで。
明人: 何事ヨ……(笑)
GM: そんな辺り、ですかの。 頑張って絡むんだ、明人君(何
: となると、明人君には強制的に登場してもらうことにします(何)
GM: 分かった、じゃあ強制にしときますね(何
悠里: このご時勢。携帯無かったら本当苦労しますな(ぁ



◇Middle-3 / 行方不明
ScenePlayer/御堂忍 : 場所/電話中  : 登場/刃金明人・他可


GM: 二人とも登場を。
: #1d10+61
dice - 忍: 1d10=(1)=1+61=62
: 「ほ、本当ですか!? 連絡が取れないなんて、そんな……」
: 携帯を握りしめ。周囲を憚りながら、うわずった声のトーンを下げる。
: ちなみに、電話の相手は明人君です(何)
明人: ちょwwww
GM: 了解(何
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(6)=6
明人: 62% 「あ、あァ。今日補習こなくてさ、電話かけてみたんだけど…ルスなんだよなあ」
明人: 何でこんなに焦ってるのか判らないって感じかな?こっちは。
: 「何処かに出かけるとか、誰かに会いに行くとか、そういう話も聞いていらっしゃらないんですよね?」
明人: 「聞いてないけど、別にそんなに親しいわけじゃ無いしな…夏休みの補習からだぜ?よく話すようになったのは」
: 「そ、そうですか……すみません」携帯を手にしながら、見えない相手に頭を下げつつ。
明人: 「俺もイリーガルだから、気にしないで……けど、聞いてくるって事は何かあったんだよな?」 声のトーンを落として。
: 「はい。ただの杞憂であればいいんですが…犯人達は、黒巣の生徒を重点的に狙っているという情報を得まして」
: 「そこには何か理由があるのか、あるいは特定の誰かを狙っているのか、と……」一旦言葉を切る。
: 「先日の件もありましたので、できれば刃金君には玉城雪さんをこっそり護衛していただきたいと思い、連絡を差し上げたのですが……」
明人: 「???うちの高校の?…って、ヤバいじゃねえかッ!?」 焦った声。ケータイの向こうで外出準備整え始める(笑)
: 「不確かな事しか申し上げられなくて済みません。念のため、彼女を捜していただけないでしょうか? 僕も今から向かいますので」
: 「此方でも行方が辿れないか調べてみます」
明人: 「りょ、了解ッ!すぐ探しに行って来る…まずは学校だな。それじゃ、そっちも宜しくッ」 慌しく電話を切る。
: 「はい、宜しくお願いします」既に切れてしまった電話に頭を下げて、通話を切った。
明人: 「うちの学校の生徒を狙うだぁ…?フザけやがって…俺のダチに手ェ出すたぁいい度胸だ…ッ!」
明人: 吐き捨てるように言い切って、家を出る…という事で。
: 「………ええと」鞄から手帳を取り出して、アドレスを探す。
: 「姫凪さんの番号と、沖島君の連絡先は……と」
: ぶつぶつと呟きながら、二人にも連絡を取り、玉城雪を捜してもらうように要請した。



GM: それじゃ、3回目のプライスを。
GM: あと4点でクリアだよ!(何
: <情報:UGN>コネ等込み。
: #8r10
dice - 忍: 8r10=(1,3,2,3,2,6,2,1)=6
礼文: 噂話でコネあり、と。 #3r10
dice - 礼文: 3r10=(10,5,7)=Cool!!
dice - 礼文: 1r10=(6)=6+10=16
礼文: (諦めた顔)
悠里: インデックス・サーチ@三度目の正直 《知識の泉2/天性のひらめき2》+6=65
GM: 絶好調ですね(何
悠里: #11r8+1
dice - 悠里: 11r10=(2,3,7,5,1,7,9,10,6,9,6)=Cool!!
dice - 悠里: 3r10=(1,4,6)=6+10=16+1=17
明人: #1r10
dice - 明人: 1r10=(3)=3
明人: HAHAHAHAHAHA!!!
GM: がんばった(何
明人: 半分になった(笑)
: 17が最高値ですね。
GM: まぁ、ともあれ今回も2点ですの。
GM: ですなー<17
GM: 悠里さん、プライズチャートを。
悠里: #1d10
dice - 悠里: 1d10=(9)=9
: 日常に迫る危機。
GM: 奇妙なレネゲイド反応・・・
: って、イベントチャート見てたw
礼文: イベントは俺が振るぜー(何)
GM: (仲間仲間(何<間違えてイベントチャート
: (握手)(何)
GM: (しっかり握手(何





: ラストよろしく!
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(2)=2
GM: NPCh(ry(何  もう一度お願いします・・・!
: NPCチャート(何)
礼文: おういえー
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(8)=8
礼文: ま 
礼文: ま た か
: 先生頑張りすぎですよ(何)
GM: 何をそんなに頑張ってるんだ、あの人は・・・(何
明人: 振りなおそうぜー・・・!
礼文: ふり直しますか?(何)
GM: まぁ、とりあえずどんな内容か振ってみてください(何
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(6)=6
礼文: wwwwww
: またかw
GM: (吹いた
明人: 振りなおし振りなおしw
礼文: もう最初からやりなおしましょうと(何)
GM: やべぇ、先生必死すぎる・・・!(笑
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(7)=7
GM: ですな(笑<最初から
礼文: ええい(何)
: 協力者は変わらないようです(何)
GM: ま、まぁとりあえずもう一度内容決定を(何
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(7)=7
礼文: サプライズきたよー
GM: あーあ(何
明人: キター
GM: 流石にこれは仕方ないですの。 サプライズチャートを振るべし。
礼文: #1d10 これ、プライズ振れないイベントになるんだったよね…?(何)
dice - 礼文: 1d10=(6)=6
礼文: 報道
: 事件が大きくなってますの。
GM: 困った事に(何<プライズ振れない
明人: 何でだろう?何かなりふり構わなくなってきた?
GM: 辺り、かなぁ。
礼文: まあこれでいけそうならこれで(何)
: 登場自由のGMのマスターシーンでいいんじゃないかな(何)
悠里: 明日までは平穏だろうとか嘯いた矢先ですよ(ぁ
礼文: MSww
GM: まぁ、とりあえず行きましょか(何




◇Middle-4 / 拡大する事件
ScenePlayer/沖島礼文 : 場所/?  : 登場/可


GM: 登場を。
礼文: #1d10
dice - 礼文: 1d10=(7)=7
礼文: っと、51%

GM: 雪さんと連絡が取れなくなって、また一日経過した。
GM: 未だ持って発見の連絡はなく、焦る気持ちは募る一方で。
GM: 今日もまた捜索を開始――しようとした矢先に。 どこからか、ニュースの音声が聞こえてきた。
礼文: 苛々とため息をついて携帯をポケットにねじ込む。
GM: 『――次のニュースです。 黒巣市において、昨夜、女子高校生が何者かに襲われると言った事件が発生し――』
礼文: 「たく、女の子探してるはずなのになんかどうもアイツを探してるみたいでしゃくに障る…」
礼文: 不機嫌そうに呟いて、ニュースの流れる画面を見やる。
GM: 淡々と流れる、ニュースの内容。 襲われた女子高生の名前は伏せられているものの、どうも黒羽学園の付近にて起こった事件だとか何だとか。
GM: 続いて流されるインタビュー画像。此方もモザイク処理は掛かっているが、やはり黒羽の制服の様子であり。
礼文: 「…例のあの子、じゃないといいけどね」零して。
GM: 彼女以外にも最近黒巣市内で、同学校の生徒が幾人か襲われているらしい、と言った内容で締めくくられていた。
礼文: 「クソ変態野郎が。やることが姑息なんだっつぅの」吐き捨てて、捜索を続けるべくその場を後に。






GM: さて。プライズは発生しないので・・・
GM: 一回りして、明人君かな。
礼文: うむす。
GM: イベントチャート頼みまさー
明人: はーい。
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(5)=5
GM: ライバル。
: ついに。
GM: ライバルか・・・(何
GM: まぁ、内容決定を(何
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(4)=4
: 名前すら出ていないライバルが明らかにされる(何)
明人: ァー
明人: 何かロクでもなかった気がするw
礼文: また敵がw
GM: ・・・・・・・・・・・
GM: 戦いたいですか、戦いたくないですか(何
礼文: ないでーす(何)
: 振り直しましょうよ(何)
明人: 正直闘いたくない(笑)
: あるいは11で(何)
礼文: エンジョイwwwww
GM: さぁ、振り直すんだ(何
明人: じゃあ、振りなおしますか…。
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(3)=3
GM: エンジョイとか(何
: ふっりなっおしっ(何)<3
明人: #1d10
dice - 明人: 1d10=(1)=1
礼文: 警告してきたよ(何)
: PCに警告。おお、ようやくそれっぽいのが…(何)
明人: いや、でも打倒ですねw
GM: そいじゃ、最後になるかどうか。
: じゃあしのむーの連絡を受けて出て行った先で、
: 食パンくわえてぶつかったんですね(何)
礼文: 青春いいじゃないか
GM: 何という朝の風景(何
明人: きゃー、運命の人なのねー!といいながら切りかかるよ(笑
: ライバルを奪われた(何)
GM: あーあ(何




◇Middle-5 / 少女発見?
ScenePlayer/刃金明人 : 場所/路上  : 登場/可


GM: 登場を。
: 現在62%ですな。<明人君
明人: #1d10+62
dice - 明人: 1d10=(2)=2+62=64
明人: ワーイ、上がらなかった。
GM: おめでとう(何

GM: 忍先生から連絡を受けて、街中をひたすらに駆け巡り。
GM: その先で、一瞬見覚えのある影が見えた……ような気がした。
明人: 「あれは…なんだッ!?」 そっちの方に向かってダッシュッ!
GM: それじゃ、ダッシュで向かった先は袋小路となっていて。 そしてその目の前には――人影どころか、何もないように見える。
GM: で、そんな君の後ろの方から確かな足音が一つ。
明人: 「ど、ワワワワワワッ!…あ、アレ?」 激突しそうになるのを、ギリギリで回避…っていうか壁を蹴りつけて止まって(笑)
明人: 袋小路を良く調べるようにきょろきょろしてみるけど?
GM/???: 「ドタバタと勢いよく街中を走っている奴がいるかと思えば、この間の坊主じゃないか。」
GM: 背後……と言うか君が先ほど来た道から。にやにやと笑いながらも近づいてくる。
明人: …てめぇ…あの時のッ
明人: 振り返って、竹刀袋から刀を取り出そうとするね。 「お前、あの時俺と一緒にいた女をどこにやった!?」
GM/???: 「そんなに慌てて如何したんだ? 悩みがあるならおにーさんが聞いてやろうか。」 くつくつ、と。面白そうに。
GM/???: 「女ぁ? ……あぁ。そいつは――」
GM: その顔を片手で隠し。 そして、二、三度その前で振り、降ろせば。
GM/???: 「この私のことかな?」
GM: にこり、と。 見覚えのある少女の顔が其処に。
明人: 「………ッ!!!」 反射的に刀を振るけど、切っ先が首筋でピタりと止まる。
GM/???: 「あれあれ、どうしたの? 動き、止まっちゃってるよ?」
GM: その笑みは、何時もの少女と同じく。 それでいて、何処かおかしくもあり。
明人: 「その顔で…」
GM/???: 「そっか、そっかー。“私”を探してたんだー。 ……けどさぁ、やめといた方が良いよ? だって……」
GM: その顔で?と。尋ね直す。
明人: 「その、顔で…俺のダチの顔で…ッ!笑うなッ!喋るなッ!息をするなッ!」
明人: 今度は本気で切り捨てる勢いで刀を振る。
GM/???: 「はっはー。 やだやだ、オトコノコの激昂は怖くて仕方ない……って、ね!」
GM: 笑みを未だ崩さぬまま。その刃の追撃から身を引き、あっさりと逃れ。
礼文: #1d10+51
dice - 礼文: 1d10=(7)=7+51=58
GM/???: 「け、どー。 そのお陰で軌道が見やすくなったから。逆に避けやすくなった、かな?」 くすりくすり。
礼文: 「その喋りきめぇからやめろ死ね阿呆」その背後から脚を払う(何)
GM/???: 「……っとぉ、と!?」 不意打ちすぎるな(何
明人: 「……ヤカマシイッ!雪を何処にやりやがった…ッ!」 後ろから足を払われたのを幸いと切りかかるッ!
明人: #6r10+3 エフェクト無しだから、白兵だけ。肉体6のCT10。
dice - 明人: 6r10=(1,6,3,8,10,6)=Cool!!
dice - 明人: 1r10=(1)=1+10=11+3=14
礼文: 回るし(何)
明人: がんばった(笑) 達成値14!
GM: ダイスを振ったな!? ならば挑戦せざるをえない・・・!(何
礼文: 風翼GMに本気を出させた(何)
GM: #7r10 けどこいつ、別に白兵系zy(ry(何
dice - GM: 7r10=(6,3,8,5,10,7,1)=Cool!!
dice - GM: 1r10=(10)=Cool!!
dice - GM: 1r10=(8)=8+20=28
GM: ・・・・・・・・・・・・・
GM: あっはっは(何
礼文: あーあ(何)
: 空気を読まない子(何)
GM: 御免ね、回避放棄すれば良かったね御免ね・・・!
礼文: まあCXでリベンジすればよろしい(何)
明人: いや、ここはこれでいい!(笑)
: つい、拳が躊躇ったんですよw
GM/???: 「……あ、あっぶなぁい!? もう、人が困ってるところに更に不幸を叩き込むなんて……本当に酷い人です。」
GM: 体制が崩れた……ところで、何とか刃を転がる事で回避。 立ち上がれば、少しむくれたような表情で。
礼文: 「…青春だな、あんた」攻撃の躊躇いにボソッと呟き。
明人: 「く…ッ!テメエ、一体ナニをしてやがる!?雪だけじゃない、他の生徒達にも何をしやがったッ!」
明人: 悔しげな表情のまま刀を向ける。
GM/???: 「ふふふ、さてなんでしょうねー? 本当は、もっとはやーくに絞り込む事が出来れば余計な被害も出さずにすんだのだけども。」
: 具体的にはプライズポイントとか(何)<もっとはやーくに絞り込み
GM: あーあ(何
礼文: 「てめぇの女好きは相変わらずらしいけどな。どうせしょーもないこと企んでんだろ。クネクネしてねぇで吐けや」
GM/???: 「くねくねってひっどいなぁ。 せっかくスコール君もいるんだから、椀飯振舞でこの格好にしてあげたのに。」(何
GM: まぁ、戻っとこうって感じで元(?)の礼文さんの顔に(何
礼文: 「なあ、俺吐き気してきたんだけど帰って良いかな」(何)
GM/???: 「帰りたかったら帰っても良いぜ?つーか寧ろ、この件から完全にひいて貰った方が楽だしなぁ?」
礼文: 「人の顔使っておいて良く言うわ。いいから女の居場所吐け、知らないんなら今すぐ消えろ」いらいら(何)
明人: 「フザけんな、テメェこそここから生きて帰れると思うなよ…ッ!」 刀を握り締めてギリィっと歯を食いしばる。
GM/???: 「まぁ、ともかくだ。 俺が言いたかったのは一つ。 “ここいらでさっさとこの件から身を引け”。」
GM/???: 「少なくとも、これ以上俺らもこの街で暴れるつもりはねぇから……なぁ?」
GM: そう言いながらも退散しようとします。エフェクトで(何
明人: 「まちやがれ…ッ!」 その前に殴る(笑)
明人: #9r8 <電光石火>+<吼え猛る爪>+<貪欲なる拳>で、CT8のダイス9。侵食は、71%に。
dice - 明人: 9r10=(5,3,6,5,2,6,8,10,2)=Cool!!
dice - 明人: 2r10=(9,3)=Cool!!
dice - 明人: 1r10=(4)=4+20=24
明人: 白兵足して、27!
GM: 振るか(何
明人: 振れ(笑)
GM: #17r7+5  絶対の空間/幸運の守護
dice - GM: 17r10=(7,10,2,5,1,4,9,7,2,3,10,10,7,4,8,8,5)=Cool!!
dice - GM: 9r10=(4,5,1,10,8,9,8,5,9)=Cool!!
dice - GM: 5r10=(1,3,5,10,6)=Cool!!
dice - GM: 1r10=(4)=4+30=34+5=39
GM/???: 「はっは、悪ぃな。 ……さっきも言ったろ、そう言う動きは見切りやすいってなぁ!」
GM: その声だけを残し。 拳が届く寸前、姿は霧散として消えていった。
礼文: 後ろの方であちゃー、という顔をして立っている。
明人: 「く……ッソォォォォッ!」 悔しそうに叫んでから、刀を地面に叩きつけて「あちゃー」って顔に気づく。
明人: 「あ…アンタは…」 物凄くバツが悪そうに視線彷徨わせて。 「その、ごめんッ!」 がばーっと頭下げましょう。
礼文: 「…?」一瞬なんのことだという顔をして
礼文: 「あー、あー…。別に気にしてねぇからいいよ」
礼文: 気のない返事を返す。
明人: 「でもよ、俺の勘違いだったわけだしちゃんと言わないと駄目だろ、こういうのは」
明人: 後ろ頭ガシガシ引っ掻かいて、深呼吸。
礼文: 「悪者やんのは慣れてるからさ、立場上?」肩をすくめ
明人: 「で、アイツ…と、アンタ知り合い…なんだよな?」
明人: 「頼む、アイツの行方がわかるなら教えてくれッ!俺のダチが捕まってるかもしれないんだッ」
明人: 土下座せんばかりの勢いで頭下げる。
礼文: 「まあ、なんだよ。顔使われるとイヤな感じなのが分かってくれりゃいいわ」多少居心地悪そうに言って、踵を返し。
礼文: 「…これでも女の子の味方なんでね。言われなくても探すってばさ」苦笑しつつ。
明人: 「…判ったら、教えてくれ」 心底安心したっぽい表情で頷く。
礼文: 「他の2人が何か見つけてるかもしんないから、まずはそっちに連絡取るわ。闇雲に当たってもしょーがねえし」
礼文: おっけー、と答えて。
礼文: そっちもほどほどにな、と残してその場を去る。
明人: 見送って、拳を握りしめて見下ろす。
明人: 「……っくしょ……ッ!絶対、助けるからな…ッ!」 壁に拳をそのまま叩きつけて、さっきまで男の居た方を睨みつける。



GM: さてさてさて。
GM: 楽しいプライズのお時間です(何
礼文: わーい(何)
: ダイス数、技能は変わらず。de,
GM: さぁ、頑張って振りたまえ!(何
: で、振ります。#8r10
dice - 忍: 8r10=(2,8,5,9,7,7,5,4)=9
悠里: 面目躍如できたらいいなぁ(ぁ
礼文: 噂話で振るぜ振るぜ #3r10
dice - 礼文: 3r10=(9,4,2)=9
明人: ダイス増えてます。何と二倍触れる!
: ひ、姫凪さーん(何)
明人: (元が一個:笑)
GM: おめでとう、おめでとう(何<2倍
: <最高値9
明人: #2r10
dice - 明人: 2r10=(9,4)=9
礼文: 並んだw
明人: 9ー(笑)
: 全員頑張った。あとは本職に任せよう…(何)
悠里: 情報:噂話 ほか諸々 +6=71%
GM: さぁ、本職さん出番です(何
悠里: #11r8+1
dice - 悠里: 11r10=(7,1,8,10,5,3,3,1,6,4,5)=Cool!!
dice - 悠里: 2r10=(4,6)=6+10=16+1=17
: やった!
礼文: よーし(何)
悠里: とりあえず、達成(苦笑
GM: おめでとう、本当におめでとう!
: じゃあ姫凪さんからいろいろと情報を流してもらた感じでw
GM: プライズを振るんだ!
悠里: #1d10
dice - 悠里: 1d10=(4)=4
: 大量の人間がOV化されている
礼文: また違うのでましたね(何)
: バラバラですかw
礼文: 結末はGMが決めてくれます(何)
: トリガーで、何故か本当にライバルがワイハーでバカンスを楽しんでいる
: とか言うのでなければいいかなと(何)
: <エンジョイ
礼文: いきなりwwwww
GM: それやったらもうGMをタイタスアタックにしておけば良いと思うよ!(何





←return □MD-A OnStage   menu   MD-B BackStage■   next □TR OnStage→