×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



□MasterPhase / OnStage

◇MasterScene
ScenePlayer/− : 登場/不可


雨の中。
倒れた男に刃が突きつけられる。

「た、たすけてくれ。勘弁、してくれ!」

立ったままの長身の人影は二度蹴りつけ。腕を踏み砕く。
男の悲鳴が途切れ途切れになり。呻き声に変わる。
何かを払うように。人影はもう一度顔を蹴りつけ。
吹き飛ばす。
人影は冷え切った氷のような刃を振り上げる。
雨露に塗れ。血の赤の刃は流れる。

「助けてくれ!」
「『ちなみ』!」


ごしゃ。

 
「うまくいきましたよ。レイスさん。やってみると簡単なモノですね」
「こんなに簡単に行くなんて。思いもしませんでした。馬鹿だなぁ。こんなに単純で手っ取り早い事だったのに」
「はい。はい。わかりました。では時計館に」
「ではまた後で」

携帯を畳む。
涙交じりのその目で父親だったものを見て。

「……寒い」
「……寒い寒い」

身体の何かが抜け落ちていく感覚。
携帯のポケットミラーに映った獣が雨に紛れて掻き消える。
ゆらゆらと雨に打たれたまま。何処かに消える。





「先輩」
「今行きますよぅ、あははははははははははははは」

とある病室。
女が一人。狂った声を上げて。
真っ直ぐに何処かに向かった。





「さてここまでもプラン通り」
「不安はあるかしら。“Cryaway”」

暗闇の中。一人の女がかしずく。

「いえ。問題ありません」
「”レイスの具合はどうかしら。もちそう?”」
「問題ありません。──”バックデータ”をお願いします」
「では行ってまいります。我が主」
 





銀風一陣。






←return □MD-B OnStage   menu   MS BackStage■   next □CX OnStage→