×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



□Introduction


彼は、過去に囚われていた。
彼は、ほんの小さな奇跡の先にそこにいた。
故に、過去が追って来た時に、彼はもう一つの道を選んだ。

現在を捨て過去を取り、過去を捨て未来を掴む。
その道が、血に塗られていようとも。
その道が、間違えと呼ばれようとも。

そして、捨てられた現在に残された者達は。
それぞれの迷いの末に、戦う道を選ぶ。

ダブルクロス―――それは、裏切りを意味する言葉。



◇HandOut



【PC1】 “ルーク” 北条 亮
いつものように、UGNとしての任務をこなし、帰還する。
終わりの見えない戦い。希望の見えない戦い。
そんな現状に、考えてしまうことはある。
そんな最中、たまたま同じチルドレン仲間と二人きりになる。
君以上に疲れ、絶望すら感じる瞳の彼女は、誰彼とも無くつぶやくように聞いてきた。
「ねぇ…貴方は、何のため、誰のために戦ってるの…?」
シナリオロイス:玉野 椿


【PC2】 “謎めいた蒼” 神無月 冴
FHの走狗として使われる日々。
かろうじて生き延びても、すぐ次の“任務”を言い渡される。
しかし、今回の“任務”は、少し様子が違うように感じた。
異常なまでに周囲を警戒した今回の“依頼主”は、思わぬ相手だった。
辰巳 狛江。FHのみならず、世間的にその名が知れ渡っている、FHチルドレンの最高峰。
その彼女は、貴方の立場をよく理解した上で、“頼みがある”という。
シナリオロイス:辰巳 狛江



【PC3】 “月狂う鬼姫” 鬼部 鎖希
逃げて逃げて逃げ続けた先、君は血の臭いの満ちる場に来ていた。
倒れ伏す、数多の人間達。その中で、冷たい目でそれを見下ろすモノ。
それは、貴方を一瞥すると、足音も立てずに去っていく。
だが貴方は、そんなモノの目に、郷愁に近いものを感じる。
そして、かろうじて生き残った―――死にそこねた一人から、それの名を聞くことになる。
“ダインスレイフ”という、忌まわしき存在の名を。
シナリオロイス:“ダインスレイフ”






←return   menu   Set the Stage■   next □OP OnStage→