×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



■ExtraPhase / BackStage


  #今回はSCと言う事もあり、背景など情報がほぼ全くと言って良いほど表に出ませんでした。出さなかったとm(ry
  #と言う訳で、折角ですので此処にちょっとメモ断片の欠片を置いておきますね。
  #裏ログと説明内容被ってても気にしない。
  #白文字反転になってても気n(ry
  #自己満足の範囲なので読み難くとm(ry

 ◆開催前のメモ書き
BBS記載内容

【シナリオ名】Escape from......? - Re:miniscence ver.1996
【使用シナリオ】エスケープ・フロム……(SC)
【傾向】ダイス神の導きによって変動(何
【人数】3人程度
【開催場所】#air_dx
【開催予定】平日分割。シート提出期間などを含めると早くても4月後半からだと思います。
       全員のシートが提出完了次第、改めて日程調節を行います。
【Sロイス】一応CXまでならば宣言可能。指定先によっては不可。
【応募締め切り】4/5(日) 23時頃

-----------------------------------------------

これは。得る為に喪失する事を望まれた“子”の為の儀式。

そして。“僕”がまだ“僕”と呼ばれる前の御伽噺。

――さて。

“君”たちの目にはこの舞台。悲劇と喜劇のどちらに映る?

-----------------------------------------------


まぁ、うん。
何か思いついたので我ながら無謀だなと思いながらも募集してみます……(何
上記にも書いたとおり、10年前の話とか言いながら内容はシナリオクラフトの「エスケープ・フロム……」を使用します。
戦闘は基本おまk(ry) ぬるめ仕様になると多分思います。
まぁ何がやりたいんだって、現代よりも昔のキャラでわいきゃと騒いでみようぜと言う……(何

以下、HOと今回の背景及びレギュの説明(此方は2ページ目)となります。
レギュに関してはややこしい部分があると思いますが、その場合は尋ねて貰えれば。
PCシートの提示は【参加者決定後】でお願いします。
とは言え、新規PCの場合はその時点だとどの様なキャラで行くつもりか(後から変更も可ですが一応)、
既存PCの場合は今使用しているシートの提示をお願いします。
(設定やリビルド等は決定後で構いません)
PC選出の際の目安程度で知りたいので……(何

初期ハンドアウト

【PC1】推奨:特になし  ロイス:鈴(ヒロイン)
ひょんな事から、とある森の奥までやってきてしまった。
唐突の嵐も相まって、視界の先にあった洋館へと足を踏み入れて。
さて一息を、と思ったところで人の気配に気付き。
――其処には。 何処か儚げな雰囲気を持つ人影が佇んでいた。

【PC2】推奨:特になし  ロイス:朗誦者(協力者)
ひょんな事から、とある森の奥までやってきてしまった。
唐突の嵐も相まって、視界の先にあった洋館へと足を踏み入れて。
さて一息を、と思ったところで人の気配に気付き。
――其処には。 まるで道化のような仮面を被った人影が佇んでいた。

【PC3】推奨:特になし  ロイス:浬(ライバル)
ひょんな事から、とある森の奥までやってきてしまった。
唐突の嵐も相まって、視界の先にあった洋館へと足を踏み入れて。
さて一息を、と思ったところで人の気配に気付き。
――其処には。 狂気と殺気を纏う人影が佇んでいた。

レギュレーション内容

(ver.0331:変更等があり次第追記します。)

●バックグラウンド
現代ステージよりも10年前を想定しています。
UGNと言う組織はOV間でもまだそんなにメジャーじゃないっぽいのかな……<設立から3,4年目くらいっぽいし
今回の場所について細かく設定していません。黒巣市かもしれないし違う街かもしれません。
参加希望の方はレスの際に「此処に来た理由」を一言添えて貰えるとGMが助かります(何
(遠足で来てたけど一人逸れて辿り着いてしまった、傷心旅行でふらふらと歩いてたら見つけたのd(ry)、UGNから調査を依頼された等)

ちなみに。
SCを使用しますが、プライズチャートによる情報・事件の真相はあらかじめ固定となっている事をご了承願えれば。
とは言え、ミドル内容及びシナリオフラグによるポイント制はそのまま使用しますので、情報を甘く見ていると泣きを見る可能性がありますのでご注意を。


●レギュレーション
・PC設定について
 ワークス・カヴァーについては特に制限はありません。
 過去物と言う事で既存PCでも「今回で覚醒した」と言う設定を付けて構いませんが、その場合は事前に言って貰えると。


・PC作成について
 基本的にはA.D.2026verと似たような感じです。 が、既存PCを使う場合には少々注意が必要となります。
 詳細は以下。

 ・新規PCについて
  20点分の下駄を履かせた上で作成をお願いします。
  この時、手持ちの経験点を追加で使用しても構いません。

 ・既存PCについて
  既存PCに関しては今のところ2つの作成方法を考えています。
  どちらの作成方法でも、ジャーム化及び死亡によるロストは現代に置いても適応されるので御注意ください。
  ・現在のPCに使用した経験点のまま参加
    :一番楽な方法です(何  とは言え、この場合でも当時の設定を埋めたシートの提示をお願いします。
     【「今回で覚醒した」と言う設定がつく場合、此方の作成方法は選択できません。】
     此方の作成方法ではリビルド不可となりますので、ワークスは現代のをそのまま使用してください。(相当にする等して)

     途中成長による変動は現代に置いてもそのまま適応されます。


  ・この時はまだOVになったばかりだから!と言って敢えて現在経験点を減らして参加(リビルド)
    :まぁ、10年前だったらこう言うロールもあるかなと……(何
     【「今回で覚醒した」と言う設定がつく場合、此方の作成方法を選択してください。】
     参加者が決定した時点でのPC使用経験点の半分(端数切り上げ)の経験点を使用してリビルドを行い、シートの提示をお願いします。
     もちろんこの時、全部経験点を使いきらなくとも大丈夫だよ!(何
     使用経験点を半分にした結果、20点未満となったPCは20点分になるまで下駄を履かせて下さい。
     (最低でも全員が20点分からのスタートとなります。この20点分の下駄は過去のみの適応なので御注意を)
     此方の作成方法に限り、ワークス変更を可とします。
     と言うか、シンドロームさえ同じであれば取得エフェクトが現代と違ってても問題無いよ!(何

     『現代では取得しているが過去ではまだ取得していないエフェクト』をセッション中に途中成長で取る場合、経験点消費無しで取得出来る事とします。
     現代でも取得していないエフェクトの場合は、通常通り経験点を使用しての成長となります。
     途中成長による変動は現代に置いて【経験点を消費して途中成長をし、何らかのエフェクトを取得した】と言う事のみを適応とします。
     セッション終了後、該当する現代PCは途中成長した際に支払った経験点分と同じだけ成長させて下さい。
     この時、必ずしもセッション中と同じエフェクトを取得する必要はありません。
     もし、現代に置いて成長を望まないと言う場合は【成長させただけの経験点分を現代PCに加算するのみ】とします。
     (少々ややこしいですが、過去で成長した事実のみは残ると言う感じで。ある意味消失扱い。)


繰り返しとなりますが、『該当シートの提出は参加者決定後』でお願い致します。

 ◆MasterScene−1のメモ書き
“自分”は一体“誰”を見た?

現代より過去の導入と言う名目のシーン。 ほら、こう昔話ですよー的な感じを出したくt(ry
他の理由もあるけども……最初のうちは移行の為と言う認識で。
『忘れた筈の声』は朗誦する子供の声。
『知らない筈の顔』は“誰か”が知っていた顔。付添が友人か妹かで変わる気がするがどっちでm(ry
『懐かしいような姿』は何時かに見た顔。その人を追いかけて深追いした結果、見事に不意打ちされて意識ふっ飛ばし。
ちなみに支えた人物(襲った人物)の顔を見る前に気絶。 この後はその人物の車に乗せられて何処かに運ばれた模様です。
教訓:怪しい人物を追いかける際には細心の注意を払いましょう(何

===============================================================

現代より遡る事10年前。本を読む子供と近づく人影。
読んでいたのは先ほどから朗誦しているものであり、人影は本の内容を見て何かを思いついたらしく。

何か歌っぽいのが出てるけど。

 ・歌では無く、旧約聖書の一部分抜粋。 これに続く章の内容が今回のネタの中心となっています。

 ◆OpeningPhaseのメモ書き
それぞれの理由

静羽さんが来た理由 → UGNから調査の命令が下ったから。
 ・命令を出した者は今回の事を知っていた模様でもあり。 まぁ、賢者の石(微妙に違うけど)繋がりだしねー……。

忍さんが来た理由 → 道に迷って偶然辿り着いたから。
 ・如何見ても今回一番の巻き込まれです本当n(ry
  『近しい存在』を無意識にキャッチした事が全ての始まり。 どうやら彼が山に来る日に合わせて今回の事を起こしたらしく。

青良さんが来た理由 → 上司よりデータ奪取を頼まれたから。
 ・『αトランス』関連。浬(ライバル)の副次的な実験データでもあったり。
  『先方の了承を得ずに』との話だが、その割に白(協力者)は青良さんがデータを取りにきたと言う事を知っていたり。

それぞれの行動方針

鈴(ヒロイン) → PC協力型。 研究所から見た事もない外の世界に出る為に行動する。
 ・一番素直に、裏理由も持たずにPC達の後についた子。 優しくしてくれると懐きます。餌を与えてm(ry

白(“朗誦者”・協力者) → 中立〜PC協力寄り。 “主”の代行として結果を見届ける為に行動する。
 ・トラブルの種を作りまくった人。 PCに協力的と言うよりかは忍さんの事を妙に気にかけていると言う方が正しいです。

浬(ライバル) → PC敵対型。 研究所内に居る全員を殺害し、自身をナニカから解放する為に行動する。
 ・自身の持つ賢者の石を完全にする為に動いてました。

 ◆MiddlePhaseのメモ書き
協力者のお手伝い

社会が得意な人が少なそうな為に入れてみた措置。 実際には必要無かtt(ry
本来なら鈴にも手伝わせる予定でした。 社会2だけど(何
 ・#8r7は白の社会値+DB+マインドエンハンス効果によるもの。
  代償が忍さんの侵食増加なのは余り使わせない為の他、ちょっとしたフラグの為。
  ダイス自体を忍PLさんに振って貰ったり、その後のミドル戦闘で1度だけr7で振れると告げたのも同様の理由。
  同じように鈴が手伝った場合は侵食増加は無し、ダイスもGMが振るつもりでした。


白って化け物倒してるのに殺してないとか。

まぁ理由があtt(ry   一応OPからこの姿勢は貫いているつもりです。
対象が昏倒にした直後に凍結保存し、完全に死ぬのを防いでいます。

青良さんのこっそりゲット物

気付けば賢者の石欠片もぽっけないないされてました。 あれー?
とは言え大半の力は浬に流れ、残ったのは僅かなもの(少なくとも悪足掻き出来る程度には)ですが。
賢者の石と言うよりかはレネゲイドの結晶と言う方が正しいかもしれないです。 再び力を入れ直せば何らかにはなるかも。
厄介な物が各務に(ry)認識は変わりないとは思いますが、現代の様子を思い出してみれば言うのは野暮な気がしてきた(何

プライズポイントが足りなかった場合は如何するつもりだった?

今回はシナリオクラフトを使用していたので、フラグポイントを規定量(8p)まで溜める必要がありました。
もしも規定シーン(ミドル6)までに集まらなかった場合はSCルール通りデウス・エキス・マキナが発生します。
……とは言えこのチャート、中には結構洒落にならないものも多いのでGMからのチョイスになりますが。
適用予定だったのは「突然のボス襲撃、CXへ」。 勿論これだけでは通常CXと同じなので、データは敵を強化したverになりますが。
具体的には鈴から石の力奪って賢者の石解放モードとか。

 ◆ClimaxPhaseのメモ書き
賢者の石が使えない?

戦闘前に描写を入れた通り、浬も賢者の石を所持しています。
が、今回のセッション内では鈴も含め賢者の石を使う事が出来ませんでした。
 ・単純に全部の石の力をを集めきっていない為。
  PC側で鈴が生き残ってると言う事は=石をまだ所持していると言う事でもありますし。


シンドローム以外のエフェクト大量に持ってね……?

異世界の因子をがっつり使っているので……。 ミドル中にコピーしていた模様です。
 ・それ以外にも複製体を2つ積んでいます。

 ◆MasterScene−2のメモ書き
他PC達が急に居なくなった件について。

様々な事情によりPC達に見られるのは不味いと判断した結果、退場して貰う事になりました。
 ・ファスト・フォワード的な何かを使われたと思って貰えれば。
  使った本人はMS2終わり間際に登場しているとか。
  見られると不味かったのは奴が未だ生きていると言う事、仮面の下の素顔、石を回収した事、主の姿。
  奴が生きていたのは不死不滅をコピーして所持していた為。 所持している事実を隠すため、CXでは使いませんでした。


此処でも何かラテン語(ry

 ・MS1と同じように旧約聖書の抜粋。 微妙に一部改変したけども、文法的に正しいかどうかは自信ありません(何
  今回は旧約聖書第4章を演劇と見立てて再現していました。 MS2シーン名は“アベル”(浬)と“カイン”(白)と置き換え可。
  途中の「役通りに動け」と言うのは「兄の手によって殺されろ」(意訳)な感じ。
  血の供物は『弟が神に捧げた供物』。此処では賢者の石がそれになります。
  これまで出会ってきた化け物を殺さずに氷漬けのみに留めていた事もこれに由来してます。本来は命を奪う立場に立っていなかったので。

 ◆MasterScene−3のメモ書き
本当はED後に入れる予定だったとか。

某方から某人にED登場要請出されたので繰り上げちゃいました。
MS1の現代から繋がっています。
何やら酷い貧血とでも診断されたのか、輸血を受けている模様。
 ・造血剤とかではなく、普通の血を輸血中。
  恐らく『似た誰か』のもの。お陰で色々と混ざっちゃってます。

ちなみにやはり今回も、この時に現れた人物の顔を見ていません。誰か来た、とは覚えている模様ですが。
 ・MS1より1日以上経過していると想定。 その間は通常の検査が行われていたのか、それとも……。

最後の二行?

 ・旧約聖書の解釈的なネタより。“弟”を殺した“兄”は追放されて、最後に月に至っただとか。
  また、その際に報復を恐れた兄は神から『刻印』を刻んでもらっています。 彼を傷つける者には7倍の復讐があるだとか。

 ◆EndingPhaseのメモ書き
回想中の昔話

どうやら各務が裏事業の方でも拡大した理由に、今回のも一つとして含まれるみたいです。 まぁ良いよね!
 ・10年前の回想科白の後、各務社長に“とある人物”に向けて電話を掛けさせようと考えていました。
  今回の各務側行動を知っていたらしい人物とコネを持っておくのも悪くない、と言う感じで。

何でお前は入院しているのかt(ry

 ・MS3からの続きです、諦めて下さい。 序でにやっぱお前かと言うツッコミも勘弁な!
  MS3より数十分後くらいを想定しています。


 ◆各NPCについて
ヒロインな鈴のお話。

この研究所で一番最後に生み出された少女。 外見年齢4歳程度。
左腕にレネゲイドの結晶(不完全な賢者の石)を付ける。 金の両目に真っ白な髪を持つ。
同じく賢者の石を持つ静羽さんに惹かれた。
 ・主の想定した役柄は『羊の初子、神に捧げられる供物』。
  ちなみに化け物たちも初子とまではいかなくとも『羊』扱い。
  持つレネゲイドの結晶は一番弱いもの。 力も強くなく、ほぼ全てを集めきった賢者の石の力や付随する衝動を抑えきれない。
  衝動は「自傷」。 戦闘終了後の炎に包まれた描写は賢者の石に耐えきれなかったと言うよりかは衝動に負けたため。
CX後から5年間は静羽さんと共に行動していたが、名前を“受け継いだ”後どうなったかは不明。
 ・『“賢者の石を得る”為に“自らの身体を失う”』事を当初予定。
  → 『“命を繋ぎとめる”為に“賢者の石を失う”』に変化。

 ・主も多少(外見とかその程度)関わってはいるが、中心となって作ったのは“教授”を始めとした直属部下グループ。

能力値

SR:サラマンダー / ソラリス
ワークス:(UGNチルドレン扱い)
Dロイス:賢者の石(不完全。Dと言うよりロイスの方が近い?)
HP14:IV9:固定2:侵食32→100%
2/2/6/2(回避2・隠密2・RC4・意志1・情報UGN1)

アクセル1・癒しの水1・熱狂1・狂戦士1・さらなる力1・タブレット1・蒸散の香気1
ブレインコントロール2・焦熱の弾丸1・炎の加護1・エネルギーマイスター1・プラズマカノン1

協力者な白のお話。

主から派遣されてやってきた。 推定年齢不明。
主に対して忠誠心はかなり高い。 役割は見届ける事と“朗誦”する事。
顔に真っ白で無機物な仮面を付けている為、一時的に「白」と名乗る。 本来の名は事情により使う事が出来なかった。
PC達、特に忍さん相手には妙にフランクに接する。 彼の名前や彼の弟の事を知っている等、どうやら関わりがある様子。
 ・主の想定した役柄は『“兄”(カイン)』。“弟”を殺す事で神の供物として必要な『獣の血』を手に入れた。
  主との繋がりは最も深く、今回の役柄など殆ど全ての事を知っていた。 だからこそ彼と主にとって浬始め結晶持ちの行動は『茶番劇』。
  “弟”の事は快く思っていない。 頑なに“父”を拒む事、事情があったとは言え自分は顔も名前も告げれないのに向こうh(ry)等。
CX後、浬の血が付着した賢者の石を回収し主に渡す。 その後どうなったかは不明。
 ・今回の事を経る事で『“新たに成長する”為に“それまでの記憶を全て失った”』。
  これより数日後。 旧約聖書に従い追放と言う名の放牧(聖書の内容に沿うように)の後、街を流離いやがて保護される。
  その際に新たな姓を授かり、改めて主に付けられた名を貰う。
   →個体名:“Delphinidin”冴。 10年後(現代)の神無月冴と同一人物。
    現代では記憶にプロテクト掛けられているので今回の事も勿論覚えていない。
    ……が、直前にとある“夢”を見ていた。告げられたのと同じ内容でびっくり。
  最初から記憶を消され、父のもとより離される事は決まっていて、本人も了承していたので実質的には『追放』と言う意味は不適切だったりする。
  ……けど、記憶ないないした後の現代だと自分からの認識tt(ry

 ・御堂忍の複製体であり、彼のドナー提供者。 “父”の手によって純粋培養された。実年齢は5〜8歳。
  小学時代程度までの記憶を共有しているので弟さんの事も知っている。
  今回忍さんが巻き込まれた理由について、父に「彼に会ってみたい」と漏らした事があったからと言うのが濃厚。
  彼の裡にある“誰か”の事も知っている様子。 其方には会えなかったのがちょっと残念。
  忍さんとはより深い処から繋がっており同調しやすい。 仮面は顔を隠す他、同調して意識が全部持って行かれるのを防ぐためでも。
  (白さん分マインドエンハンスを忍さんに適用させたのも同じ理由 = 同一人物ならお互いのエフェクトを使えても良いんじゃね?的な。)
 ・保護後以降は現代シート参照。以前の事は全て忘れて生活している筈、だけども。

能力値

SR:サラマンダー / ブラムストーカー?
ワークス:不明
Dロイス:不明
HP 不明:IV10:固定28:侵食80→120%
?/?/?/?(RC1)

ブレインコントロール2・氷の加護2・ブリザードブレス2・血の呪縛2 etc

 ・SR:サラマンダー / オルクス
  Dロイス:複製体(ブラムストーカー:血の呪縛)
  他能力値、エフェクトも全て現代シート準拠。

ライバルな浬のお話。

色々と不穏な行動をする少年。 外見年齢15〜17歳程度。
左目の辺りに包帯を巻いている。
戦闘では基本は二刀流で、刃に炎を纏わせて叩き斬る。
何かからの解放を目指している様子。
 ・主の想定した役柄は『“弟”(アベル)』。 神に血の供物を捧げ、最期は兄の手によって殺される。
  研究所の中では特に強い力の石を所持していた。 その為か、衝動(「解放」)には恐らく負けている。
CXでPC達に敗れ死亡。
 ・浬の持っていた石は行方不明(実際には回収された)。
  『“新たな力(賢者の石)”を得る為に“身体の一部を失った”』。

 ・佐伯薫(忍さんの弟さん:当時未覚醒だったがキャリアと可能性を見定められてたとかで)・鳥越劉斗の複製体。
  鈴と同じように部下グループが中心となって作成。 恐らく部下グループにとって最初の方の作品。
  コンセプトは『誰にでもなる事が出来、あらゆるエフェクト能力を使いこなす』。
  だが、実験を兼ねた稼働任務中による戦闘でたまたま青良さんと交戦。
  その際に左目を失い、以降どれだけエフェクトを使おうともその部分だけ回復する事はなくなる。
  コンセプトが成り立たなくなり使い物にならなくなったと判断され、研究所に送られたのち賢者の石を植えつけられる。
  主からの解放を求め、その為の力を手に入れる事を強く望んでいた。
  浬が研究所に送られてから二次的研究として『あらゆるエフェクトを他の者でも使えるようにする』研究が始められていた。

能力値

SR:エグザイル / ノイマン
ワークス:(FHチルドレン相当)
Dロイス:複製体(サラマンダー:炎の剣 / ソラリス:アドレナリン)・破壊の子・起源種・賢者の石(鈴と同じく不完全)・器物使い
HP20:IV9:固定18:侵食160%
5/2/5/3(白兵5・射撃5・RC5・意志5・調達5・交渉5)

マルチウェポン1・天性のひらめき2・アナライズ1・デュアル・デュエル1
シューティングシステム1・コントロールソート1・ピンホールショット1・写真記憶1
オールレンジ2・貪欲なる拳1・透過2・ジャイアントグロウス1
異世界の因子2+1(不死不滅・フラッシュゲイズ・時間凍結・かまいたち・吹き飛ばし・アクア・ウィターエ)
擬態の仮面2・物質変化2・騒がしき行列2・異能の指先2
炎の剣2・アドレナリン1
ヴァイタル・ショックアブソーブ3・パーフェクトサクセス3


なりたい人物の記憶などを事前に読み取っておく(異能の指先)→使いその人になりきる(擬態の仮面)
→その姿のまま戦闘を行う場合、その人の癖、戦法、型などを全て真似る(異世界の因子・コントロールソート・ピンホールショット)
→後からでもまたなりきれる様に記憶に留めておく(写真記憶)

石とか研究所とかって(ry
結局なんの研究してたところ?

基本的には賢者の石、もしくはレネゲイドの結晶に関する研究。
浬が送られてきたことにより、最近はαトランスの原型に近い物の研究も開始されていた模様ですが。
今回の最終実験でそれぞれの実験体に散りばめられた石の力を一つに纏めあげる事が出来るかどうかを見ていたとか。

賢者石とレネゲイド結晶の違い

前者:ちゃんと力を持った物(Dロイスとして働く物)
後者:力を込めれるだけの容量はあるが、現在は込められていない(Dロイスとして働かない物)
GM的にはこんな感じでイメージしてました。
今回の場合、前者が静羽さんの石、後者が鈴や浬を始めとした、研究所で出会った石(結晶)持ちと言う感じで。
力を込めれるだけの容量はあるので、結晶は結晶なりに使い道があるとは思いますが。 データバンクに使うとか。

黒っぽいとか黒だとか連呼されてるような。

特定人物の事ではありません、念のため。
館に居た石持ちの石は全員何処か黒ずんだ〜真っ黒な石です。
力が集まるにつれ、石は黒に近付き衝動に呑まれ易くなるとかそんな感じで。
何か遠い未来の世界で似たような物を見掛けた気がするのはきっと気のせいです(何

“主”って結局誰の事……?

察して下さい(何   “父”も同一人物を指しています。
 ・白さんは元々預け入れる事になっていた→聖書拝見→何か丁度内容に沿わせられるんじゃね?→退屈だしちょっとやるか。
  まぁこんな感じです。 多分(何






menu


テーブル素材拝借元。